ゲームデザイナーのオーレン・ペリが脚本、監督を務めた自主制作映画。 監督の自宅を撮影現場にするなどの工夫を重ね、 1万5千ドルという超低予算で制作されたが、口コミにより評判となり大ヒット。 “オープニング週末の1館あたり・・・