【Hulu】『Lの世界 ジェネレーションQ』2・3・4話のあらすじと感想【独占配信】

前作から10年が経った『Lの世界 ジェネレーションQ』の第1話では、続々と新しい人物たちが登場しました。

新旧の個性あふれるキャラクターたちは、これから一体どのような物語を紡いでいくのでしょうか。

今回は『Lの世界 ジェネレーションQ』第2・3・4話のあらすじと感想をご紹介します。

『Lの世界 ジェネレーションQ』2・3・4話のあらすじ

第2話

ついにソフィにプロポーズをしたダニ。サラとマイカも加わって、二人の婚約を祝っていた彼らでした。しかし、ダニが全く新しい仕事として、ベットのPRマネージャーに着任したと云うことを聞き、全く相談を受けていなかったソフィは腹を立ててしまいます。

一方アリスの放送局では、ベットがトークショーに出演した際におこなった、真剣な論議のことで頭を悩ませていました。彼女たちは番組のイメージを保たせるために、新しく男性スタッフを雇い入れます。

しぶしぶシェーンと一緒に引っ越すことにしたサラでしたが、彼女はシェーンがずっと無視し続けていた離婚届けにサインをさせる手助けをしようとします。シェーンがロサンゼルスを離れている間に、カフェ『プラネット』はスポーツバーになってしまっていました。

ナットの子供達にどのように接すればいいのかわからないアリスは、シェーンの助けを借りて何とか良い継母であろうと試みます。そんな時にナットの息子が病気になってしまいました。

看病をするアリスですが、その方法に口を出され、まるでベビーシッターにでもなったような気持ちに。さらにナットは元妻のジジに助けを求める電話をしていました。ナットとの関係とは逆に、なぜかアリスはジジと心を通じ合わせるようになっていきます。

第3話

ダニがソフィと結婚することに反対しているダニの父親ルドルフォ。そんな父親に、必ず結婚式に出席して欲しいダニ。意見を違えていた二人でしたが、なんとか仲直りをすることができました。

マイカとデートの約束をしていた隣に住むホセは、マイカになんの説明もなしにデートをキャンセルしてしまいます。

スポーツバーになってしまっていた元カフェ『プラネット』を買い取ったシェーン。彼女はそこをレズビアンバーにすることに。彼女はバーの管理をさせるために、レナとテスというレズビアンのカップルを雇います。

アンジーの同級生の中に、人種差別主義者の上に同性愛嫌悪をする人物がいて、彼女はアンジーの母親であるベットを侮辱しました。それに腹を立てたアンジーは、彼女を殴ってしまいます。

保守的な私立学校であるアンジーの通う高校は、彼女の母親を侮辱した同級生は罰さずに、アンジーのみを停学にします。この件で人種差別について話しをする、ベットとアンジー。

二人で話し合った結果、ベットはアンジーを公立学校に転入させることにします。ベットはこの出来事を市長討論の場で発表し、教師組合からの支持を得ることに成功します。

サラは、ロマンチックな夜を過ごした彼女の新しいガールフレンドであるレベッカが、実は司祭であることを発見します。

アリスは、ナットと彼女の元妻のジジが別れた時に、二人の共通の友人がジジの味方をして、彼女には友達と呼べる人がいないことを知りました。そんなナットをかわいそうに思ったアリスは、二人が友情を取り戻せるように一緒に出かけることにします。

第4話

先日、ベットの宿泊するホテルの部屋に入っていったフェリシティの姿を見たダニ。ダニはベットとフェリシティが二人の関係を再開したことに気がつきます。

ダニはフェリシティに、キャンペーン中にはベットに近づかないように警告をしますが、フェリシティはベットを愛しているのだとダニに告白します。

ベットが市長に立候補した理由の一つには、彼女の腹違いの姉妹であるキットがヘロインの過剰摂取で死んでしまったことがあります。フェリシティはその時、ベットをサポートしていました。

「壊れたシステムを変えるため」に市長になろうとしているベット。ダニは、キャンペーンを続けたいのならば、フェリシティと共にいるべきではないと強くベットに進言します。

ソフィをお風呂へと招待して彼女を驚かせたダニでしたが、彼女はいつかソフィが何の心残りもなくダニの元を去ってしまうのではないかという思いを、拭い去ることができません。

バスタブから出たダニは、ドレッサーから指輪を手に戻ってきます。彼女はそれをソフィに捧げ「この指輪は曽祖母のもので、私は絶対にあなたから離れないという誓いの指輪なの」とソフィに告げました。

シェーンの40歳の誕生日を祝うために、彼女の新しいバー「Dana’s」でサプライズパーティが開かれます。彼女は妻であるキアラのことが本当に好きであることを再認識しましたが、子どもは欲しくないし、育てたくもありません。シェーンはそれをベットに話してから、離婚届にサインをしました。「誕生日に離婚しちゃった」というシェーン。

一方で真剣な関係になりそうなサラとレベッカでしたが、サラは酔っ払ってレベッカの家へと向かい、彼女に愛を告白します。しかし、その時にサラはひどい言葉を選んでしまいます。そのことに傷ついたレベッカは、サラにその場を立ち去るように言います。

『Lの世界 ジェネレーションQ』を見た感想

前半ということで、まだそれといった大きな事件などは起きていませんが、前作から引き続き出演している三人の現在の生活。そして新しくキャスティグされた人たちの人となりや生活環境などが、よくわかるようなエピソードが多かったのではないかと思います。

これから後半に向けて、今まで語られてきたことがどのように変化を遂げていくのか、とても楽しみですね。

Huluでの配信情報

Huluプレミアにて『Lの世界 ジェネレーションQ』シーズン1 吹き替え版、字幕版ともに8月28日(金)より独占配信中

全8話を毎週金曜、1話ずつ追加配信(2020/09/09現在)

『Lの世界』シーズン1〜6 字幕版を8月1日土曜より全話配信中(2020/09/09現在)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください