キャビン』(原題:The Cabin in the Woods)は、
「クローバーフィールド/HAKAISHA」ドリュー・ゴダード監督により制作された、
2012年公開のホラー映画。
主演は海外ドラマ「暴走地区ーZOOー」でヒロインを演じたクリステン・コノリー

hulu配信状況

「CABIN」
■公開:2012年
■時間:1時間34分
■音声:字幕版・吹替版あり
■指定:R15

クリス・ヘムズワース関連作品

「スタートレック」2009年/ジョージ・カーク役
「白鯨との闘い」2015年/オーウェン・チェイス役
どちらとも字幕版・吹替版ともに配信中!

アベンジャーズ「マイティー・ソー」の主演に抜擢されて一躍有名になったクリス。
彼はhulu配信中の「白鯨との闘い」でも主演を務めていますが、
役作りのために徹底的に減量して挑む様はとても恰好良いですよ!

「CABIN」「スタトレ」「白鯨との闘い」…どのタイトルでも、
まったく違うカラーのキャラクターを見事に演じきっていて、
まさにカメレオン役者といえると思います!

あらすじ

教授との許されない恋が終わったばかりのデイナは、
親友のジュールズに誘われ、
気心のしれた仲間たちとともに森の別荘へとバカンスにやってきた。
しかし、傷心を癒すための週末旅行は、
身の毛もよだつ内容が書かれた一冊のノートを見つけたことにより一変する。

謎の呪文。解き放たれる死人。
訳も分からないままに命を狙われる恐怖。

「お!今回は、ゾンビの一家を選んだか!」

やがて見えてくる「物語」の全貌。
巧妙に仕組まれたその「罠」の存在に気がついたとき、
あなたは必ず驚愕する。

映画「CABIN」を見て

映画好きなら誰もが避けて通れないのが、
二番煎じゆえのエンディングバレ。

「大どんでん返しがありますよ」なんて謳い文句があると尚更、
見ながら最後の結末を想像してしまうもの。

ああ。これは「シックスセンス的なやつかな」とか、
もはや偉大すぎる先輩がいると、
なかなかどんでん返すのも難しくなってきますよね。

ただ、そこを予想だにしない切り口で裏切ってくれる作品に出会えると、
「うわ!!してやられた!!」と思うと同時に、
良作に出会えた喜びをクーーーッと噛みしめることができる。

本作「キャビン」がまさにそれなんです!

「あなたの想像力なんてたかが知れている」なんて、
煽りまくりのキャッチコピーで最初から惹きつけてくれます。
その自らハードル上げてくる感じ、好きよ。

上記で述べたとおり、
映画好きであればあるほど、
過去の名作を知っていればいるほど、
元祖を超えてくれる1本を追い求めてしまう。

そしてその知識が邪魔をして、
純粋に楽しめなくなったりして。

ただこの「キャビン」。

その何もかもを逆手にとってくれます。
ホラー映画好きであればあるほど面白いです。
むしろ知らないとポカンとしてしまうシーンもあるかもしれないですけどね(笑)

小気味良いテンポと新しい視点が◎

傷心の可愛いヒロイン、金髪ビッチちゃん、脳禁彼氏、ジャンキー、真面目な優等生ー…
こんな分かりやすすぎるメンバーが、
週末にバカンスをしようとキャンピングカーに乗り込む流れ。

道すがら寄ったガソリンスタンドではいかにも怪しい店主が、
「無事に帰ってこられると良いな…」なんて、
分かりやすく不吉な言葉を言ってくれる!うん。ありがち!

そうしてたどり着いた山小屋で、エッチなことをしたカップルから不幸な出来事に…

いや。分かってます。
こんなやりつくされた王道展開が面白いとは思えないって言うんでしょう?
ごもっともです!よーく分かります!

でも騙されたと思って見てみてください。

めちゃくちゃ面白いですから!

しっかりと作りこまれたシチュエーションと脚本。
美しい俳優陣。
そして何よりそのテンポの良さを支えるのは、
世界観にそぐわない形で入り込んでくるイレギュラーな監視者の存在があるから。

どこかで見たことがあるのに、その切り口をぶっこんでくれたことで、
「逆に新しい」んですよね!!

想像力の限界が試されるラスト

とはいえ「トゥルーマン・ショー」「CUBE」など、
監視者側の目線にもスポットをあてた作品は他にもありますよね?

ただ、この作品は「それだけじゃ終わらない」んですよ。

一癖も二癖もあるのがこの作品の凄い所で、
キャッチコピーでもあった想像力のさらに先…なんだろうなぁ。と思ったり。

かく言う私もすっかり惹きこまれたし、
後半の、仕組まれたシナリオを覆そうと抗う流れには熱くなり、
最新技術で魅せてくれる怒涛の展開で高まり、
そして、もはやファンサービスでしょ!と突っ込みたくなるほどの大物ゲストが現れたときは、
思わず笑ってしまうほどでしたよ。

魅せ方、うまいなあ…と。

映画館で見たあと、すぐにDVD買いましたもん。
huluで配信開始されてからもすぐに見ちゃいましたもん。

なにもかもが最高すぎるエンターテインメント作品「CABIN」。
ホラー映画好きのあなたには勿論、
怖いものが苦手というあなたにもぜひ見て欲しい作品です。

話題になるだけのことはありますよ!

声優「桜塚やっくん」のキャスティングについて

最期に一つ言いたいこと。
私は吹替声優さんを本業の役者さん以外がやることをあまり快く思っていません。

役柄にあっていてお芝居ができていれば全く問題ないのだけど、
どうしても話題性で起用されることが多いですからね。

そんな中、本作でプロ声優さんに囲まれてマーティ役を演じたのが、
芸人の桜塚やっくん

序盤は若干の違和感を感じたものの、
やはり器用な方なんですね。
ラスト見終わる頃にはしっかりと「マーティ」でした。

実はマーティはチャラチャラしたジャンキーだけど実は…!なキーマンでもあるから、
そこでも私たちをうまく騙してくれたのかもしれないですね!

登場人物/キャスト


役:デイナ・ポーク

演:クリステン・コノリー/Kristen Nora Connolly
声::本名陽子/honna youko
成績優秀で可愛い、イマドキのヒロイン。役割は「処女」
大学教授に恋をして、振り回されたあげく捨てられ傷心中。
自らに課せられた役割から逃れることが出来るか?


役:カート・ヴォーン

演:クリス・ヘムズワース/Christopher Hemsworth
声:三宅健太/miake kenta
体力自慢の脳禁アメフト部。役割は「戦士」
男らしく周りを引っ張るジュールズの彼氏。
お酒と女の子遊びが大好き。


役:ジュールズ・ローデン

演:アンナ・ハッチソン/Anna Hutchison
声:志田有彩/shida arisa
彼氏と盛り上がるためにブロンドに染めてきたお色気担当。役割は「淫乱」
軽いノリで剥製のオオカミとディープキスできちゃうビッチちゃん。
デイナの失恋を慰めようと画策中。


役:マーティ・ミカルスキ

演:フラン・クランツ/Francis Elliott “Fran” Kranz
声:桜塚やっくん/sakuradsuka yakkun
仲間の中で一番のムードメーカー。役割は「愚者」
分かりやすすぎるほどのお調子者なジャンキー。
実は観察眼が鋭い一面も。


役:ホールデン・マクレア

演:ジェシー・ウィリアムズ/Jesse Wesley Williams
声:小田柿悠太/odagaki yuuta
真面目で賢いイケメン。役割は「学者」
ジュールズカップルから、デイナとくっつけようと画策されているが、
ほいほいと乗っかったりしない、慎重で奥手なタイプ。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください