J.B.プリーストリー代表作の傑作戯曲「夜の来訪者」を、2015年に、英国放送BBCがテレビ映画化した作品をご存知ですよね?

2020年1月より、日本ではHuluで、オンデマンド配信が開始されています。

「ハリー・ポッター」のルービン教授を演じた、英国ベテラン俳優デヴィッド・シュ―リスが、主役の警部役を務めているこの作品を、ご紹介します!

原作者:J.B.プリーストリー

多彩な芸術家であり、活動家であったJ・B・プリーストリー氏は、英国のヨークシャー州で育ちます。第一世界大戦が勃発し、軍隊に入団、戦地で負傷して除隊後、名門ケンブリッジ大学に進学します。

その後、小説家、劇作家、批評家としての活動が認められていき、その後は、政治活動や、核兵器廃絶運動に力を注いて行きます。

第二次世界大戦中には、英国放送BBCでトークショーの司会者としても活動しています!彼の番組は、人気がありましたが、彼の反政府への発言が原因で、降板させられています。

「夜の来訪者」舞台作品からテレビ映画へ

「夜の来訪者」( “An Inspector Calls” 原題)は、1945年に発表され、ロシアでの初演の後、(50−60代の低迷期を経て)ロンドンを始め、英国全土で、何度も再演をされている人気の劇場作品です。

1986年の再演では、ヒル・グラントがエリック役を演じています。

現在では、英国の学校で英文学の課題として使用されているため、英国内で常に上演されている作品です。

映像化も何回もされており、映画やテレビ番組、現在では、ユーチューブでも作品が配信されています。これらは、学生向きに解説が付けられているものもあります。

「夜の来訪者」あらすじ 【ネタバレ注意】

英国中部の町、ヴィクトリア朝時代の英国上流階級ベアリング家の屋敷が舞台です。

娘シーラと恋人のジェラルドの婚約を祝う家族の夕食会の最中に、グール警部が突然、訪ねてきます。

グール警部は、エヴァと言う若い女性の自殺について、事情を聞きたいと言います。エヴァは、日記を残しており、 その内容から、ベアリング家の全員が彼女と接点を持っていると言います。

グール警部が、まず写真を見せて事情を聞くのは、亭主であるアーサーです。

工場のオーナーであるアーサーは、昇級を求めてストライキが起きた際、労働者側のリーダーであったエヴァを、ストの責任を取らせて解雇した過去を語ります。

その後、彼女は、身を寄せる家族もいないため、売春が出来ると噂されているバーに出入りするよりになります。そこで、嫌らしい男性に絡まれていると、そこに居合わせたジェラルド助けられます。美しく、しかし壊れそうな(デイジーと名乗る?)エヴァに一目ぼれしたジェラルドは、一文無しのエヴァに友人のアパートを提供して、不倫の関係を始めます。

これを聞いたシーラは、激怒をしますが、グール警部は、シーラにもエヴァ/デイジーの死に責任があると言います。

シーラは、母のシビルとデパートに買い物に行った際、自分を見下す母に耐えられず、イライラしたはらいせに、そこの従業員として働いていたエヴァにあたりつけ、彼女を解雇に追いやっていたのでした。

同時期に、身分の違いから関係を解消していたジェラルドは、ショックを受けます。

シーラは、自分の身勝手な行動が、彼女の自殺の原因の一部だとわかると、責任を感じ始めます。過去女は、ジェラルドに婚約指輪を返します。

この話を聞いて、終始落ち着かないのは、アルコール中毒のエリックです。彼は、何かに怯えその場から、出て行きます。

シビルは、自分には関係がないと言い出しますが、グール警部は、彼女が理事を務めるチャリティ団体に、妊娠した女性が助けを求めて訪ねてきた事を思い出させます。ベアリングと自分の家族の名前を使って助けを求めてきた彼女に、遺憾を感じたシビルは、彼女の金銭的補助の願いを却下していたのでした。

子供の父親は、アルコール中毒で、盗んできたお金を(子供の為と)渡されたが、それを受け取る事が出来なかったと言ったエヴァの訴えを思い出したシビルは、エリックだと気がつきます。

そこに、耐えられなくなったエリックが戻ってくるとグール警部に、エヴァの写真を見せるように訴えます。

エリックは、バーで酔っ払い、勢いでエヴァを犯してしまった事を自白します。

自分の孫を、死に追いやってしまったシビルは、真っ青になります。

グール警部は、この女性の死は、ここにいる全ての人間に関係していて、この出来事から学ぶことが出来ない人間には、(焼かれる程の)苦しみが待っていると言い残して、屋敷を去って行きます。

【ネタバレ】

なんとも言えない空気が漂う中、グール警部の信憑性が疑問に上がります。

アーサーが警察署長に、電話で確認すると、グール警部は、存在しない事がわかります。

安堵する男性軍とシビルですが、シーラは、自分達がとった醜い行動は、事実であり、恥じるべきたと言います。

気まずい空気が流れる中、電話がかかってきます。

電話にでたアーサーは、若い女性が自殺した為、ベアリング家に刑事が事情聴取に伺う連絡だったと言います。

「夜の来訪者」感想

歴史的ドラマの制作には定評がある英国放送BBCの安定した作品作りが見て取れる作品です。豪華なセットと衣装、演者の素晴らしい演技で、作品のメッセージが伝えられます。

ミステリー、サスペンスドラマとしての、エンターテイメント性もありますが、劇場作品としての人間ドラマや、社会的メッセージもしっかりと伝わってくるクオリティの高い作品です。

英国では常に問題視される階級制度に対する痛烈な批判と、資本主義(アーサー)と社会主義(グール警部+プリーストリー氏)の対決とも見て取ることができます。

「夜の来訪者」見どころ

「ダウントン・アビー」のファンには、オススメの作品です!バイオレット・クローリーの様な、面白いお婆ちゃんや、紳士なキャラクター達は、登場しませんが、見応えがある作品です。

「夜の来訪者」配信最新情報

「夜の来訪者」は、Huluで、オンデマンド配信中です!

1時間20分と見やすい作品です!

配信終了前に、是非!見てくださいね!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください