ネタバレ有り『スーパーナチュラル』シーズン15第8話のあらすじと感想

前回は、旧知のハンターとの悲しい再会がありました。解決の糸口の見えないチャックの事もあり、余計に気落ちしてしまったディーンでしたが、サムからの報告で一筋の光を見ます。

そろそろ本格的に、チャックとの対決に向けて物語が動きがしそうな予感がする『スーパーナチュラル』シーズン15第8話のあらすじと感想をネタばれ込みでご紹介します。

『スーパーナチュラル』シーズン15第8話のあらすじ

悪魔のタブレットの解読

サムの肩に残る銃痕を通して、チャックの状態がわかったディーンたち。チャックが弱っていることを確信した彼らは、神を倒すための対策を練ります。ディーンは悪魔のタブレットにそのヒントが隠されているのではないかと、その解読ができるドナテロを連れてきます。

全く乗り気ではないドナテロでしたが、神を閉じ込めるためにどうしても必要だと説得され、「次に私がおかしくなった時は、とにかく撃ってくれ」と言ってしぶしぶ納得するのでした。ドナテロの解読で、チャックを封じ込めるための鍵はマイケルであることがわかります。

しかし、アダムに憑依していたマイケルは、現在地獄の檻の中にいるのです。話の途中で、突然大声をあげたドナテロ。またおかしくなったのかと心配する皆をよそに、彼の様子はいつもと少し違っていました。ドナテロの体を使って、なんとチャックが話をし始めたのです。

今回のことは、捨て置かないと手当たり次第に彼らの大切な人たちに危害を与えると、サムたちを脅すチャック。チャックの登場と、彼の警告に言葉をなくすサムたち。しかし、警告を受けたことでどんなことをしてでもチャックを封印するしかないという意識を新たにします。

地獄の支配者

キッチンで地獄へと移転するためのスペルを唱えるサム、ディーンそしてカスティエル。ロウィーナなしでスペルを成功させることができるか不安げな様子の彼らでしたが、無事地獄へ。ところが3人は早々にそれぞれマンツーマンで女性の悪魔たちに手荒い歓迎を受けます。

悪魔たちがあまりに手練れなために、絶体絶命に陥ってしまった3人。そこに「やめなさい」と言う声がします。声のした方を向いた3人の目に映ったのは、大勢の配下を引き連れたロウィーナだったのです。

彼女は自らの命を犠牲にしてゲートを閉じた後、地獄へとたどり着き、自力で地獄の支配者まで登りつめていたのでした。マイケルと会わなければいけないというサムたちの話を聞き、彼女はマイケルはすでに牢屋の中にはいないと告げます。本当は昨日すでに会わなければならなかったというディーンの言葉に、ロウィーナは配下にマイケルを探すよう指示を出します。

マイケルの居場所

ロウィーナとともに配下の報告を待っていたサムたちは、マイケルが地獄のどこにもいないことを知ります。誰もが彼の行方を追っている中、当のマイケルは地上のダイナーで食事を取っていました。

テーブルに運ばれてきたハンバーガーを貪るように食べるアダム。彼の目の前には同じ顔をしたマイケルが座っています。マイケルの姿はアダムにしか見えないようで、彼は人目を気にしながらマイケルと会話します。

マイケルに憑依されているアダムは食事をとる必要がないのですが、彼はハンバーガーやピザなどのジャンクフードがたまらなく好きだとマイケルに言いながら、新たに運ばれてきたピザに手を伸ばしました。

何か新しい仕事を探すべきかも、とマイケルと話していると、彼の肩をたたく人物が。アダムが振り返ると、そこにはリリスが立っていました。彼女は彼に、神がマイケルと話したいと言っていると伝えます。リリスと同行することを拒否するマイケルでしたが、無理やり連れて行こうとする彼女を、マイケルは灰にしてしまいます。

アダムとマイケル

カスティエルは懺悔のような語り口調で、どこにいるとも知れぬマイケルに、自分たちは味方だと真摯に話しかけます。そのおかげか、マイケルは彼の前に姿を現しました。しかし、そこには罠が仕掛けられていて、マイケルはサムたちに捉えられます。

マイケルの助けが必要だというサムたちに、彼は冷静によくもそんなことが言えたものだと返します。神が戻ってきて自分たちをおもちゃにしていると言うディーンの言葉を、マイケルは信じようとしません

話を聞いていたアダムは、ディーンたちが嘘を言っているとは思えないと、マイケルに言います。しかし、それでも彼は自分の父親がそのようなことをする人物だということを信じることができないでいます。

カスティエルは、マイケルに自分の素直な気持ちを言います。マイケルのことがずっと好きではなかったこと、マイケルは神のお気に入りではなかったこと。ラファエルの方がずっと神とうまくやっていたこと。それらを聞いて激昂したマイケルは、カスティエルに飛びかかります。

カスティエルはそれを逆手にとって、マイケルに彼自身が今まで見てきた神とのやりとりを強制的に見せたのでした。

スペル

ディーンがキッチンに入ると、そこにはカスティエルが一人で座っていました。地獄でロウィーナに二人の関係を修復するべきだと面と向かって言われたこともあり、ディーンはカスティエルに話しかけます。

「やりすぎたんじゃないか」そう言うディーンに、「そうかもしれない」と返すカスティエル。マイケルに「出て行け。死ね」と言われたというカスティエルに、自分が以前カスティエルに言ったことか重なるのか黙り込むディーン。

カスティエルは「サムはどこに行ったのか」と、話題を変えます。アイリーンと事件の解決に出かけたとディーンが答えると、突然バンカー全体が揺れだしました。原因であるマイケルの様子を見に行くと、事実を知ったマイケルが失意の中にありました。

「協力する」というマイケルは、ダークネスに対してできたことが、弱っている神にできないことはないと言い、その方法もわかっているとズボンのポケットから紙切れを出します。スペルを完成させるために、ある花を入手する必要があり、マイケルはそれが煉獄にしか咲かないものだと言います。

マイケルが指を鳴らすと、煉獄への扉が開きました。扉が開いている時間は12時間。ディーンとカスティエルはそれまでに花を見つけ、戻ってこなくてはなりません。

一方、ハンター仲間から助けを求められ、事件現場に向かったサムとアイリーンでしたが、何かがおかしなことに気がつきます。バンパイアに襲われていたというハンターの姿はなく、不審に思っていると、柱の陰から襲われていたはずのハンターが無傷で現れます。

無事だった彼女を見て、「よかった」とアイリーンが彼女の方へ足を進めようとした時、ハンターの姿は黒い霧に包まれて、かわりにチャックが姿を現したのでした。

第8話を見た感想

今回のエピソードは、アダム救済回と言っていいのではないでしょうか。兄弟なのに、出番が少なかった上に火をつけられて地獄へ落とさせるというひどい終わり方でしたからね。ただどうせだったらもう少し、兄弟の絡みがあっても良かったのでは?と思わざるをえません。せっかく久々の出番なのに、なんだが完全に脇役扱いは見ていてかわいそうでした。

Huluでの配信状況

シーズン1〜シーズン12まで、字幕版・吹き替え版ともに配信中(2020/1/27調べ)

スーパーナチュラルのネタバレ記事はこちら

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください