ネタバレ有り『スーパーナチュラル』シーズン15第7話のあらすじと感想

前回のスーパーナチュラルでは、アイリーンが生き返るというハッピーな出来事が起こりました。チャックの呪縛から逃れられないと気づいたディーンはがっくり落ち込み、ロウィーナの死から立ち直れないサム。キャスとは連絡が取れないしと、重苦しい空気が漂っていただけに、その嬉しさもひとしおでしたね。

さて、今回の『スーパーナチュラル』シーズン15第7話はどのような新展開があるのか、あらすじと感想をネタばれ込みでお届けします。

『スーパーナチュラル』シーズン15第7話のあらすじ

事件の始まり

テキサスのとあるバーで飲んでいた若い女性二人。一人が泥酔状態で、もう家へと帰ることに。しかし、車に乗り込む直前に飲みすぎたサリーの気分が悪くなってしまい、彼女は近くの物陰まで走って行ってしまいます。

アンジェラはそんな彼女に呆れながら、車に乗り込んでスマホをいじりながら彼女を待つことにします。ひとしきりサリーが胃の内容物を吐き出し、後ろを振り返ると、そこにあったはずの車は姿を消していました。

一方目の覚めたアンジェラは、自分がどこかの地下室にさらわれ、椅子に縛り付けられていることに気がつきます。腕には点滴の時に使うチューブのようなものがつけられ、それは目の前にある鉄の扉の向こうに自分の血を運んでいました。そしてその扉から姿を見せたのは、おぞましい姿のモンスターだったのです。

サムの銃痕

ウェブニュースで事件のことを知ったディーンは、サムとアイリーンを置いて一人で調査に行くことにします。地元の保安官に話を聞くと、彼らは今回のことを事件とは捉えておらず、アンジェラは自分から街を去ったと思っているようでした。

サリーから直接情報を聞き出すため向かったバーで、旧知のリー・ウェブと再会したディーン。彼はハンターをやめ、バーの経営をしていました。自分がハンターをやめたことに後悔は一つもないというリーに、ディーンは何か思うところがあるような表情をします。

バンカーで、チャックとリリスの手がかりを探していたサムとアイリーン。二人がいい雰囲気になったところに、キャスが帰ってきました。彼は、サムがチャックを銃で撃った時に、サムの魂の一部も弾に一緒に込められていたと言います。

カスティエルは、サムに残る銃痕からチャックの意識を読み取ることができるかもしれないと言い、二人はそれを試すことに。しかし力の反発が起こり、サムは壁に吹き飛ばされ意識を失ってしまいました。ディーンと連絡の取れないキャスは、セルゲイに助けを求めます。

カスティエルの要求に応えて、セルゲイがバンカーにやってきました。ベッドで横になるサムにセルゲイがクリスタルをかざすと、彼は言いにくそうに「サムは死にかけている」とキャスとアイリーンに告げたのです。

サムの魂はどこかの誰かと繋がっており、彼の魂が自身の体から遠くへ行けば行くほど、魂と身体をつなぐ線がゴムのように細く伸びてしまう。いつかはそれが切れ、それが切れた時にサムは死ぬ、とセルゲイは言います。

アンジェラの居場所

リーに被害者であるアンジェラの写真を見せると、彼は彼女を見たことがないと言いますが、すぐ後にやってきたウェイトレスが、「アンジェラよ、いつも来てたじゃない」というと、「ああ、そうだった」と答えました。

バーへとやってきたサリーに事情を聴き、ディーンは事件当夜アンジェラと一緒に消えた車を探すために、廃車置場へと足を運びます。すぐに目的の車を見つけたディーンは、車のトランクに冷たくなったアンジェラを見つけました。その直後、彼の背後からやってきたリーに頭を殴られたディーンは、気を失ってしまいます。

セルゲイの思惑

サムを治療できるというセルゲイの言葉を信じ、サムを治療させたキャスたちでしたが、急に苦しみ出したサムを見て、何かがおかしいことに気がつきます。「治療をしろと言ったじゃないか!」と声を荒げるキャスに、「状況を余計に悪くした。彼はもうすぐ死ぬ」とセルゲイ。

彼はバンカーの中に眠る「黒い鍵」を手にするために、ここまでやってきたのでした。彼はその鍵で、死神の書庫を開けることができるのだと言い、キャスとアイリーンにその鍵を見つければサムを助けようと、交換条件を出します。

しかしキャスはそれを拒否し、コートのポケットからスマートフォンを取り出して、そこに映し出された写真をセルゲイに見せます。そこには彼の娘が写っていました。「一声仲間に声をかければ、その後はどうなるかわかっているな」と逆にセルゲイを脅し、彼にサムを治療させます。

ハンターの成れの果て

地下室で拘束された状態で目覚めたディーン。目の前の鉄の扉は嫌な音を立てています。地下室へと降りてきたリーは、モンスターを飼っていることをディーンに告白します。彼は食料である血さえ与えていれば、こいつは金、健康、幸せ、なんでも欲しいものをくれるんだと言います。

説得しようと話し合うも二人は平行線をたどり、リーはディーンの腕に挿してある管を開き、ディーンの血液を扉の向こうのモンスターへと送り始めました。ディーンは椅子を壊して管を腕から外すと、モンスターが扉の向こうで暴れ出し、それは扉の蝶番を壊してしまいます。

モンスターを殺しバーへと姿を見せたディーンは、リーと銃撃戦を繰り広げることになります。弾切れを正直に言うと、二人は自然と話し合うことに。このまま何もなかったことにしてここを立ち去ってくれと言うリーに、ディーンは首を横に振ります。激しい殴り合いの末に、ディーンは折れたビリアードのキューでリーを刺します。

第7話を見た感想

今回は、ディーンがバーでリーと一緒に歌うシーンがありました。ディーンが歌うところは、多分以前にも見たことがあるような気がするのですが、どちらにしろ久しぶりに楽しそうにしている彼の姿を見てほっこりできました。

悲しい終わり方になってしまったものの、元ハンターに焦点を当てたエピソードは、ディーンが改めて、ハンターとして生きる自分というものを見つめ直す機会にもなったかと思うので、あってよかったのではないでしょうか。小休憩的な感じでしょうかね。

Huluでの配信状況

シーズン1〜シーズン12まで、字幕版・吹き替え版ともに配信中(2020/1/18調べ)

スーパーナチュラルのネタバレ記事はこちら

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください