ヨアン・グリフィズ主演「Liar」イギリス発の海外ドラマを紹介

「法医学医 ダニエル・ハロウ」の日本放送も始まって、また、人気上昇中のヨアン・グリフィズの最新作の海外ドラマ「Liar (原題)」を知っていますか?

2020年に、撮影が終了しているシーズ2の放送が予定されています。

今回は、日本での放送が期待されるこの海外ドラマの情報を先取りでお伝えします!

ヨアン・グリフィズ主演「Liar(原題)」とは?

 イギリスの民放局であるITV(「ダウントン・アビー」等)と、米サンダンス局が、合同で制作放送しているドラマ「Liar (原題)」は、現地での評価が高く、シーズン2の続行が決定しました。

女性教師が男性医師との初デートから、事件に巻き込まれていくスリリングなミステリー・ドラマシリーズです。クリエーターである、ハリーとジャック・ウイリアム兄弟は、ゴールデングローブ賞にノミネートされた、ドラマ「ミッシング消えた少年~」シリーズ等のヒット作を手掛ける注目のクリエーター兄弟です。

「Liar(原題)」シーズン1 あらすじ 【ネタバレ注意】

警察官のトムと別れたばかりのローラは、公立高校の英語教師をしています。彼女の学校の生徒の親でもある未亡人のアンドリューは、ローラの姉ケイティと一緒の病院で働いています。彼は、ローラをデートに誘います。

ローラは、デートの翌日、記憶が定かではないまま、アンドリューに強姦されたと感じで病院に行きます。

アンドリューは、性行為は合意の上だと警察に説明して、記憶が定かではないローラは、自分が信じられなくなります。

一方、トムは、ケイティと不倫関係にあります。

ローラには、精神が不安定だった過去と、職場で男性を性的暴行で訴え、彼女が逆に職を失った過去が明らかになって行きます。

ローラの学校でも、生徒間で問題が発生して行きます。

ローラは、イギリス中を飛び回り、無茶をしながらアンドリューの正体を暴く為、奮闘して行きます。いく先々で、過去の、彼の奇怪な行動や、元妻の不審な死因、ついには、彼の被害者に会う事に、成功していきます。

アンドリューも、だんだんと変貌していき、真の姿を表わさずにはいられない様になります。

【ネタバレ】

ローラは、アンドリューが犯人である徹底的証拠であるテープを手に入れる事に成功します。それをもとに、警察が彼を逮捕に向かいますが、彼は、行方不明になります。

数週間後、アンドリューは、広大な沢の真ん中で首から血を流して死んでいます。

「Liar(原題)」見どころ

「ダウントン・アビー」のアンナ役で有名なジョアン・フロガットと実力派ヨアン・グリフィズの演技は、好評を得ているのが納得出来ます。

痛い演技をさせたら世界一の英国俳優が勢ぞろいをして、人間の痛い部分を描いて行きます。

フラッシュ・バックと、ローラとアンドリューを取り囲む人々の様々な人間ドラマが交差をしながら、事件の真相が、徐々に明らかになって行きます。

エンターテイメント性を追求する作品より、英国特有の人間の葛藤?を語るスタイルの作品です。

ヨアン・グリフィズが、(本当の)悪役を演じているのも、ファンにとっては楽しみではないでしょうか?個人的には、映画「タイタニック」の若くて誠実な船員役の印象がいまだにあります。

「Liar(原題)」感想

ヨアン・グリフィズが、英国のドラマに出演するのは、ごく稀になってきている為、新鮮な印象を与えるスタートですが、作品自体、とても暗い印象を受ける作風なので、彼も作品の中に上手く溶け込んで、彼の普段のカリスマ性があまり感じられない作品です。

英国のある意味、あるあるの展開で、最低な人間性を持つ、腐ったキャラクターが登場して、事件解決を妨害したり、アルアルの不倫の関係、学校でのあるあるのイジメ等、ごく普通のドラマがありすぎで、少しガッカリした印象です。

ローラの行動もまた、ありありな感じで、ドキドキ感は、演出されていますが、無茶ぶりが度を超えて現実味が失われている間を感じました。

ウイリアム兄弟の作品である為、注目を集めましたが、他の作品と比べると、演者の演技には問題がないものの、優れた作品とは言い難いと感じました。

「Liar(原題)」出演者/キャスト

ローラ・ネルソン 演:ジョアン・フロガット

アンドリュー・アールハム 演:ヨアン・グリフィズ

ケイティ・カットクリフ 演:ゾーイ・テッパー

トム・ベイリー 演:ウィーレン・ブラウン

べネッサ・ハーモン 演:シェリー・コン

「Liar(原題)」ロケーション

「Liar (原題)」は、ドーバー海峡から北上した所にある、イギリスの海辺の町が舞台になっている為、現在人気急上昇中の田舎町マーゲイトを含む、ロンドン近郊の海辺の町がローケーションとして使用されています。

マーゲイトは、有名な英国人画家のターナーが多くの風景画を描いた事でも知られており、彼の美術館がオープンしたり、(日立が関わった)高速電車の開通によりロンドンからの移住者が上昇、近年、活気を取り戻したイギリスの避暑地です。

ドラマにも登場するロンドンや、スコットランドのエジンバラでも撮影が行われました。

「Liar(原題)」シーズン2 情報

アンドリューが殺害される、クリフハンガーで終了したシーズン1ですが、シーズン2でも、ヨアン・グリフィズは、フラッシュ・バックの中で、アンドリュー役で登場します。シーズン2では、彼の死の真実と行方不明になっていた間の行動が、新しい女性刑事のキャラクターによって解き明かされます。「Liar (原題)」は、シーズン2で完結です。

「Liar(原題)」日本での配信 予定

「ダウントン・アビー」の様に、スターチャンネル等での放送後、Hulu等の配信サービスに登用するのではないかと予想しております!

ただ「Liar (原題)」は、アメリカでの視聴率は、あまり高くなく、現地での放送から随分と時が経っているのも事実ですので、日本でのテレビ放送には、若干の不安もあります。シーズン2の、現地放送も、先延ばしされているので、スポンサーが見つからないのかもしれません。(配信サービスの普及で、テレビ業界は、大変の様です。)

しかし、ヨアン・グリフィズのファンの方々にとっては、楽しみな事間違えないです!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください