早くもシーズン2の可能性?!BBC&Netflix「ドラキュラ伯爵」徹底解説!

2020年のお正月番組としてイギリスの放送局BBCとNetflixが、共同制作したミニシリーズ「ドラキュラ伯爵」が話題を呼んでいるのを知ってますよね?

Netflixで、早くも日本での配信が始まっています!

1897年に、 イギリス作家ブラム・ストーカーによって発表された怪奇幻想文学の古典で、世界的に有名なゴシック&ホラー小説 「吸血鬼ドラキュラ」を元に制作されたドラマシリーズです。

今回は、最新情報をお伝えします!

「ドラキュラ伯爵」クリエーター

大ヒットシリーズの「シャーロック」世界最長のSFテレビドラマシリーズ「ドクター・フー」の制作に関わり有名になった、マーク・ゲイティス氏とスティーヴン・モファット氏本作品のクリーターです。

モファット氏の妻であるスー・ヴァ―チュー氏が、「シャーロック」と同様に、製作総指揮に加わっています。

「ドラキュラ伯爵」作品中には、上記のヒットシリーズより、多くの引用がされていて、ファンの中では、それを見つけ出すのが楽しみのようです。

ゲイティス氏は、小説 「吸血鬼ドラキュラ」の大ファンである事を公言しており、役者でもある為、今回も出演者としてもフランク役で参加しています。

「ドラキュラ伯爵」あらすじ・ネタバレ

【第一話】

1897年、英国人弁護士であるジョナサン・ハーカー(演:ジョン・ヘファーナン)は、ブタベストの教会で、(実は、吸血鬼ハンターのヴァン・ヘルシングの子孫でもある)アガサ修道女(演:ドリー・ウェルス)に、ドラキュラ伯爵の事を詳細に語るように言われます。

トランシルバニアのドラキュラ伯爵(演:デンマーク人俳優:クレス・バング)の城に招かれたハーカー弁護士は、迷路のような城に監禁状態になり、ドラキュラ伯爵に殺害され、(ある意味ゾンビ?)生き返った事を話します。

アガサ修道女は、ロンドンでハーカーの婚約者であるミナ(演:モーフィッド・クラーク)を探しだし、一緒に彼の話を聞かせていました。

大量のコウモリと共に、日が暮れると教会に、ドラキュラ伯爵がやってきます

教会の門の前で、アガサ修道女とドラキュラ伯爵は、押し問答を繰り返します。

ハーカーに招かれた、ドラキュラ伯爵は、教会に入る事に成功し、アガサ修道女とミナに襲いかかります!

【第二話】

ドラキュラ伯爵は、Demeter号に乗って英国に渡航します。彼は、(血を吸い取った人々をある意味で、吸収してしまう為)乗客と船員達の中から選り取りしながら吸血と殺害を繰り返して行きます。

連続する悲劇に、乗船者達は、9号室の謎の搭乗者を不審に思います。

しかし!それは、なんとアガサ修道女。彼女は、ドラキュラ伯爵によって、ゆっくりと吸血されていたのでした。

英国に近づくと、アガサ修道女は、残った乗船者を説得して、救命ボートに乗り逃れ、Demeter号をドラキュラ伯爵ともども爆発させる事に成功します。

彼の棺は、深い海への沈んで行きます。

【第三話】

123年後(の現在)英国の浜辺にたどり着いたドラキュラ伯爵は、アガサ修道女にそっくりなゾーイ医師に出迎えられます

ドラキュラ伯爵は、ジョナサン・ハーカー財団に(研究の為)監禁されますが、弁護士を使い、釈放され、(彼も、死も恐れない)ルーシーと婚約します。

ドラキュラ伯爵を理解する為、彼の血を飲んだゾーイ医師は、(彼女の祖先である)アガサ修道女(記憶と彼女の意識?を吸収?)と同人物化?します。

ゾーイ医師(&アガサ修道女)とドラキュラ伯爵は、ロンドンで再開します。ドラキュラ伯爵は、なんと、死を恐れている事が判明します。彼は、何年にも渡り、死を恐れている真実と関係しているものを恐れていたのでした。

実は、癌に侵され瀕死の状態だったゾーイ医師は、ドラキュラ伯爵邸で息を引き取ります。また、ドラキュラ伯爵も、彼女の血を飲み、自殺を図ります。

「ドラキュラ伯爵」見どころ

「ドラキュラ伯爵」は、英国作品らしく、少なめのセリフとドラマチックな効果音で、物語が進行していくスタイルです。所々に、「シャーロック」風の映像スタイルも取り入れた感は、確かに見る事が出来ます。

(残念ながら、個人的には、過去の「吸血鬼ドラキュラ」の作品を視聴した事がない為、比べる事ができませんが、)本作品ドラキュラ伯爵は、若返った後からは、悪役のモンスター的なキャラクターよりも、(時には、小洒落たジョークも言う)親しみが持てるようなモダン的な悪者の印象を与えるキャラクターです。

(女性の叫び等の)クラシックな演出が目立つ第1話、ミステリーとサスペンスと物語が混じり合った第2話、原作のアイデアから、オリジナルのストーリーを展開させていく第3話、「ドラキュラ伯爵」は、古典を新鮮な新しいスタイルでリバイブした海外ドラマシリーズです。

「ドラキュラ伯爵」感想

時代劇ホラー作品のファンにとっては、とても楽しめる作品になっています。(第1話)あまりにも、大げさな芝居のスタイルなので、ホラー要素がコメディに感じてしまう?のは、意図的なのは不明です。ドラキュラ伯爵の弱点を、古い文献を読みながらアガサ修道女が、探っていく設定も、面白いです。

第2話の、アッと驚く9号室の謎の搭乗者が、アガサ修道女である事とドラキュラ伯爵の運命は?!と終わるフリフハンガーのラストの演出は、(特に、テレビの)視聴者を楽しませました。

ゲイティス氏とモファット氏らしい、モダンな展開を見せる第3話ですが、ドラキュラ伯爵とアガサ修道女+ゾーイ医師のなんとも言えない関係が素晴らしい演者のチームで描かれています!

「ドラキュラ伯爵」 シーズン2 最新情報

ゲイティス氏とモファット氏は、英国内のテレビ放送終了後に、ネットでの配信数が伸びに伸びた為、シーズン2の可能性は、大いにあると言っています。今回のシーズン・フィナーレでは、主人公のアガサ修道女とドラキュラ伯爵は、死亡した展開で終わっていますが、吸血鬼は、不死身である為、生き返らせるのは、難しくないそうです!ゲイティス氏の夢の作品であり、きっともっと伝えたいアイデア(ストーリー)があるのでしょう。

今後のニュースが気になります!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください