ネタバレ有り『スーパーナチュラル』シーズン15第4話のあらすじと感想

ロウィーナもケッチの死んでしまい、カスティエルもディーンたちの元を去ってしまいました。前回第3話ではあまりに多くの人物が物語から去って行ってしまいましたが、今回はどのようなお話になっているのでしょうか?

それでは、『スーパーナチュラル』シーズン15第4話のあらすじと感想を、ネタばれ込みでご紹介します。

『スーパーナチュラル』シーズン15第4話のあらすじ

事件

サムは、ディーンを殺してしまう悪夢を見て目が覚めます。サムがキッチンへ向かうとディーンが朝食を取っていました。彼はタブレットに表示されている事案をサムに見せ、事件を解決しに出かけようと言います。

いろいろなことが立て続けに起き、気落ちしていたサムは乗り気ではありませんでしたが、ディーンの「行くべきだ」という言葉で出掛けることに。

殺人事件の起こった高校へと到着した2人は、早速FBIに扮して副校長に事情を聞いていました。ディーンは見つけた証拠品をサムに渡し、この事件がヴァンパイアの仕業だろうと言います。

事件現場にいたサムとディーンのところに、昨日の副校長からまた生徒が一人いなくなったと連絡が入ります。高校へ向かった二人は、副校長室で詳しい話を聞くことに。二人に共通点はないかと聞かれた副校長は、二人はチアリーダーだったと答えます。

チャックの苦悩

夫と子供達が車で出掛けるのを見送ったベッキーは、向かいの通りにチャックが立っているのを目にします。目を見開いて驚く彼女は、一目散に家の中へと入ろうとしますが、チャックの声に引きとめられます。

こんなところで一体何をしているのかと聞くベッキーに、チャックは「君に会いたかった」と答えますが、彼女は「私は会いたくなかった」と冷たく言い放ちました。

「このところしんどくて、話がしたかったんだ」と言うチャックでしたか、「でもそれは私には関係ないわ」とベッキーに素気無くされます。

ベッキーの家に招かれたチャッキーは、彼女の作ったスーパーナチュラルのミニチュアモデルを見ていました。今では『スーパーナチュラル』ジオラマの人気作家だと言うベッキー。

サムとディーンといろいろあったんだ。と言いながらソファに腰をかけるチャック。妹にも冷たくされ、ベッキーに会って話をすれば、以前のような”偉大な自分”を取り戻せるのではないかと思ったと告白します。

それを聞いたベッキーは「まさか、ここに来れば、私が昔みたいにあなたのいいなりにでもなると思ったの?ご愁傷様。私は今とても幸せで、もうあなたのことなんて必要としていないの」と怒りをあらわにしました。

誰も僕を必要としてくれない。どうしたらいいかわからない」とつぶやくチャックに、何をしているときが幸せなの?と聞くベッキー。「書くこと」と答えるチャッキーに「じゃあ、書くべきよ!」と励ますように彼女は声をあげました。

犯人の足跡

高校の中を調査していたサムとディーンですが、これといった情報を得ることができず、犯人探しは難航していました。講堂から外へと出た二人は、セキュリティーカメラに目をやります。

今回の事件でスージーと言う女子生徒が亡くなったことにより、大学推薦入学のスカウトがやってくるはずのラクロスの試合が中止になり、ビリーは苛立ちを隠そうともしない母親に、家のキッチンでお小言を言われていました。

そこへ手を洗いに来た父親でしたが、彼の手は血に濡れていました。それには気づかない二人。ビリーの父親は、誰にも知られることなく、現在行方不明中のトリを物置部屋に監禁していたのです。

セキュリティーカメラの映像を見ていたサムたちは、トリが駐車場で連れ去られたすぐ後に走り去った車のナンバーを手に入れました。車の持ち主は、ビリーの父親でした。

「逮捕するというなら従うから、家族は巻き込まないでくれ」と懇願する父親に対し、「逮捕?やいほなんかしない。俺たちはFBIじゃないからな」と大振りのサバイバルナイフを取り出すディーン。父親は怯えた表情を見せます。

一方物音を聞いたサムは、物置部屋へ。部屋の中で目隠しをされ簡易ベッドに寝かされたトリを発見したサムは、彼女を抱えあげようとしました。その時背後から銃を手にしたビリーの母親が姿を現します。

母親に銃を向けられながら、トリを抱えてキッチンまでやってきたサム。彼女の行動にビリーの父親は驚きを隠せません。「もう終わりだ。君はビリーを連れて逃げるんだ」そう言う彼に、彼女は「なぜ?」と言いたそうな顔をします。

作家のすること

ベッキーの家で、チャックは彼女に物語を書くように励まされていました。以前はすべてのことが見えていたけど、今は何も見えない。こんな状態では書くことはできない。と渋るチャックに「あなたならできる!」と言うベッキー。

「作家が物語を書いていない時、彼らは寂しい気持ちになって、自信をなくしてしまう。その気持ちをなくすためには書くしかない!」とチャックを後押しするベッキーの言葉に、彼は急に何かを思いついたかのように、ラップトップの前に座り「今すぐってことじゃなかったんだけど!」と言うベッキーに目もくれず、キーボードを叩き始めました

チャックの書き終えたスクリプトを読んだベッキー。「どうかな?」と不安げに聞くチャックに「素晴らしいわ!やったじゃない!」と言うバッキー。彼女の意見を素直に聞き入れることができない彼は、彼女の本当の批評を聞き出すと、冒険が足りないと意見するベッキーに「危険が欲しいなら、そう書いてやる」と言って、文章を書き直し始めました。

真犯人

ビリーは、階下の大声に様子を見にキッチンへとやってきました。どのように事件が起こったのかの予想を話すディーンでしたが、何かに気づいたようなサムが「そうじゃない」と彼の話を遮ります。

スージーを殺した犯人は、息子のビリーでした。スージーと付き合っていたビリーは事件当日、彼女と車で森の中まで行き、車内でキスをしていました。その時、突然襲ってきた欲求に勝てず、彼女の首に噛み付いたビリーは、その血のあまりの美味しさに、彼女の血を根こそぎ飲んでしまったのでした。

第4話を見た感想

ものすごく久しぶりのビリーの登場でしたね!あんまり変わってなくて驚きました。自信喪失のチャックを慰めて、ダメな方向に持って行ってしまうという。久々でしたが、やっぱり高いテンションで嬉しくなりました。

随分と気落ちしていたサムですが、少しずつ前向きになっていってくれると嬉しいですね。健気に弟を励ますお兄ちゃん。やっぱりいいコンビだなぁと改めて思います。シリアスばかりではなくて、楽しい回もあればいいなぁと思っています。

Huluでの配信状況

シーズン1〜シーズン11まで、字幕版・吹き替え版ともに配信中(2019/12/29調べ)

スーパーナチュラルのネタバレ記事はこちら

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください