西銘駿&塩野瑛久W主演ドラマ「Re:フォロワー」がHuluは見逃し配信中!

人気急上昇中のヒーロー出身俳優&2.5次元俳優が集結!西銘駿と塩野瑛久がW主演するドラマ「Re:フォロワー」はHuluで見逃し配信中です!(2019年11月30日現在)

「Re:フォロワー」をHuluで見た感想

2019年10月6日より毎週日曜日23時35分~翌0時05分
ABCテレビ(関西)の「ドラマL」枠で放送。各話24分。
(テレビ朝日(関東)では毎週日曜日(土曜深夜)2時30分~翌3時00分放送)
Huluでは放送後の月曜日に新エピソード配信開始。
2019年11月30日現在8話まで配信されています。

SNSの「裏アカ」を使い、依頼者の悩みや恨みを解決する巨大インフルエンサー「クレシダ」。4人の「裏アカ男子」が悪を断罪する完全オリジナルSNSサスペンスドラマ。

主演は「仮面ライダーゴースト」(2015年)主演の西銘駿と、「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013年)でキョウリュウグリーンを演じた塩野瑛久の2人。2.5次元界で大人気の2人の俳優・佐藤流司和田雅成も共演。脚本・監督は現在演劇界随一の新進気鋭の演出家と賞される西田大輔

スタッフ

脚本・監督:西田大輔
音楽:YOSHIZUMI
チーフプロデューサー:近藤真広(朝日放送テレビ)
プロデューサー:中田陽子(朝日放送テレビ)、渋谷英史(The icon)
制作協力:The icon
制作著作:朝日放送テレビ

主題歌

GLIM SPANKY「ストーリーの先に」

第1話 あらすじ

SNSの「裏アカ」を使い、悩みや不満をぶつけると、選ばれた者だけに「台詞」が与えられ解決してくれるという巨大インフルエンサー「クレシダ」

謎に包まれたその正体は、池永一十三 (西銘駿)、原田優作 (塩野瑛久) 、鯨岡友木 (和田雅成)、城江公人 (佐藤流司) の4人の青年達だった。
4人はある図書館に集まり、フォロワー数48万人を超える膨大なフォロワーの中から「依頼者」を決定する。

今回一十三が選んだ依頼者は、リストラされてから専業主夫になり、妻子に見下されて家庭に居場所を失った惨めな男。友木が情報を集め、一十三と優作は男の妻子と接触。そして公人が依頼者に

人間がこうも美しいとは
ああ 素晴らしい新世界だわ

シェイクスピアの戯曲「テンペスト」から引用した言葉を与え、SNS上は「クレシダ」の話題で騒然とする・・・

みどころ

旬の俳優4人が仕掛ける新感覚SNSサスペンス

いまや若手人気俳優の登竜門ともいわれる特撮ヒーロー番組や、現在日本を飛び越えてアジア各国にも進出して成功を収めているアニメやゲームを舞台やミュージカル化した2.5次元系作品。そこで活躍し、多くのファンを獲得する旬の俳優4人が出演するドラマが「Re:フォロワー」です!

W主演を務めるのは、「仮面ライダーゴースト」(2015年)で主演を務めた西銘駿さんと、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でキョウリュウグリーンを演じた塩野瑛久さん。

さらに2.5次元界からは、ミュージカル「刀剣乱舞」の 主演・加州清光役や、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」のうはサスケ役などでカリスマ的人気を誇る佐藤流司さん、舞台「刀剣乱舞」のへし切長谷部役や「おそ松さん on STAGE」で カラ松役を演じ人気急上昇中の和田雅成さんが参戦!

特撮や舞台という世界で培った圧倒的な存在感で新感覚SNSサスペンスドラマに挑戦しています。

最後まで目が離せない緊迫感溢れるドラマ!

「Re:フォロワー」の舞台になっているのは、今現在も様々な社会問題の温床ともなっている「SNS」です。

いわゆる「映え」「リア充自慢」のために自分を盛りすぎて「SNS疲れ」になってしまった人たちの間で、架空の名前で本音や趣味を共有する裏アカウント=「裏アカ」が流行しているとか?

「Re:フォロワー」ではSNSの「裏アカ」を通じて、巨大インフルエンサー「クレシダ」を運営する4人が依頼者の悩みや恨みの原因となっている「悪」を断罪していきます。

しかし、その依頼者も「裏アカ」なので「クレシダ」の4人も予想しなかった複雑な人間関係が絡んでいたり、さらに物語の向こうには11年前に起こった小学生殺人事件をはじめとするいくつかの未解決事件との関連がほのめかされていたり・・・と、緊迫感の溢れる展開に最後まで目が離せなくなっています!

ストーリーを回す4人に隠された過去とは⁈

巨大インフルエンサー「クレシダ」は、最初に「クレシダ」のアカウントを立ち上げ、依頼者を決定するリーダー格の一十三、俳優志望の演技力を生かして潜入役を務める優作、ネットを駆使して情報を収集する図書館司書の友木、一十三の最初のフォロワーであり、依頼者に印象的な言葉を与える、エアリアルこと公人の4人によって運営されています。

当初はこの個性豊かな4人がそれぞれの特技を駆使し、SNSを通じて届く依頼者の恨みを解決していくという「必殺仕事人」的なストーリーなのですが、回が進むにつれて4人それぞれの隠された過去に焦点が絞られていきます。現在まで放送されている8話までではまだ明かされていない部分も多く、今後の展開が非常に気になりますね!

ゲストにも特撮系、2.5次元系俳優が続々出演!

メインキャラクターに特撮系、2.5次元系俳優を配役したことが話題となっている「Re:フォロワー」ですが、サブキャラクターや毎回のゲストにも注目です!

11年前の「クシナダ」事件を執拗に追う週刊誌記者・五島を演じるのは、1999年に「救急戦隊ゴーゴーファイブ」ゴーブルー役でデビューし、その後は舞台版「戦国BASARA」シリーズの明智光秀役をはじめ舞台俳優としても活躍している谷口賢志さん。

その他にも、東啓介さん、松田凌さん、窪寺昭さん、村田洋二郎さん、萩野崇さん、八神 蓮さん、といった、特撮系や2.5次元系ファンにはお馴染みの俳優さんが出演しています!

その中で個人的にちょっとびっくりしたのは、第1話の依頼者・町田慎吾役で出演したお笑いコンビあさりどの川本 成さん!1990年代に「笑っていいとも!のいいとも青年隊や「王様のブランチ」のレギュラーをされていたあさりどですが、その後川本さんは声優や俳優としても活動の場を広げていたのを初めて知りました。

2020年舞台化も決定!

ドラマの舞台になっていることもあり、SNSでも話題になっている「Re:フォロワー」。
作中に登場することから「Re:フォロワー」帯付きで販売されている「シェイクスピア全集」(白水社)のうち「トロイラスとクレシダ」や「テンペスト」が品切れ続出で重版になったそうです。

さらに2020年6月には、ドラマと同じスタッフ・キャストによる舞台化も決定!ドラマでは描かれなかったストーリーを上演するとのことで、こちらも非常に楽しみですね!

登場人物/キャスト

池永一十三(いけなが ひとみ)

演:西銘駿(男劇団 青山表参道X)、(幼少期:高橋來)
アカウント名:一十三@ROSALIND
巨大インフルエンサー「クレシダ」のリーダー。
依頼者を選び、「悪」と対峙することに情熱を傾ける。
明るいお調子者のようだが、時折闇を垣間見せることも。

原田優作(はらだ ゆうさく)

演:塩野瑛久(男劇団 青山表参道X)
アカウント名:ゆーさっくす@IAGO
「クレシダ」のメンバー。
俳優志望の演技力を活かして潜入役を務める。
一見チャラく見えるが、熱い心の持ち主。

鯨岡友木(くじらおか ともき)

演:和田雅成
アカウント名:友木@POLON
「クレシダ」のメンバー。
情報収集を担当する頭脳明晰な図書館司書。
公人の執事を自称し、エアリアル様と呼んで崇拝している。

城江公人(しろえ きみと)

演:佐藤流司
アカウント名:公人@AIRREAL
「クレシダ」の象徴的存在。依頼者に「言葉」を与える。
寡黙な青年で、その素顔は謎に包まれている。

雪谷美奈(ゆきたに みな)

演:喜多乃愛(幼少期:石上ひなの)
劇団の舞台演出助手をしているクール系女子。
流行中のインフルエンサー「クレシダ」には見向きもしないが・・・

五島昭(ごとう あきら)

演:谷口賢志
週刊新流編集部の記者。一見ゴロツキにみえるが、揺るぎない信念の持ち主。
11年前に起きた小学生殺人事件、通称「クレシダ事件」を追い続けている。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください