『ウォーキング・デッド』シーズン10第6話のあらすじと感想

前回大活躍だったニーガンは、今回もまたなんやかんやで出番がいっぱいです。ニーガンのかっこよさが、際立ってきましたね!土地を広げたいアルファと、それを阻止しようとするキャロル。第6話はどのような展開を見せるのでしょうか?

『ウォーキング・デッド』シーズン10第6話のあらすじと感想を、ネタバレを含めてお届けします。

『ウォーキング・デッド』シーズン10第6話のあらすじ

ウィスパラーズの動きを探るキャロル

ベッドで目を覚ましたキャロルは、外出するための準備をしていましたが、彼女の出で立ちは完全武装。さらには引き出しを引いて、その中にある拳銃も持って出かけようか悩む様子を見せます。

完全装備で外へ出たキャロルにダリルが声をかけました。「ニーガンを探しに行くの」といった彼女に同行すると申し出るダリル。一人で出かけたかったキャロルでしたが、仕方がなくダリルと一緒に森へと出かけます。

見晴らしのいい場所を見つけると、「ここで待ちましょう」と言うキャロルに、彼女の本当の目的が何なのかを尋ねるダリル。「アルファのしようとしていることを突き止め、ウォーカーを殲滅したい」と言って地図を取り出し、キャロルはウィスパラーズの本拠地を指しました。「あいつらは、この辺りでウォーカーを集めているみたいなの」

原因不明の病人の大発生

アレクサンドリアでは、原因不明の嘔吐や下痢の症状が出ている住人が、どんどん増えてきていました。そんな中、医師のダンテは体調不良で診察を受けに来ている年配の女性に対し、口説くようなジョークをを言い、セディクはそんなダンテに「節度を持て」と注意します。

他の患者と同様に、体調を崩してしまったロジータを診療所に連れて行ったセディクは、診療所の外まで患者が溢れているのを目にします。自分に連絡をよこさなかったことに対し、ダンテを咎めるセディクでしたが、「心配をかけたくなかったから、黙っていた」と言うダンテ。

その日の夜、椅子に座って娘を寝かしつけようとしていたセディクが、ウトウトとしている最中にふと目を開けると、なぜか彼は娘を腕に抱えたまま風車小屋に立っていました。彼の見る幻覚は日に日に酷くなり、その影響で夢遊病のような症状も併発していたのでした。

ウィスパラーズの元へ

目隠しをされたニーガンは、ベータの先導によって森の中を進んでいました。馴れ馴れしく話しかけてくるニーガンにしびれを切らしたベータは、彼の首筋にナイフを突きつけますが、「敵の情報を知りたいとは思わないのか?」と言うニーガンの言葉に、怒りを抑えます。

ニーガンと共に占拠地にたどり着いたベータは、アルファにニーガンを処分すべきだと進言します。しかしニーガンは使えると言うアルファ。「近頃あんたは私の反対ばかりする」という言葉にベータは膝まづき「そのようなことは決してない」と言います。

ニーガンはベータの指示により、ウォーカーを埋めるための穴を掘ったり、皮を剥いだり、さらには食料となる豚を仕留めさせられたりとこき使われ、その上調理の終わった食事も与えられないという有様。見かねたウィスパラーズの一人から、食事を分けてもらいます。

正体不明の通信相手

ヒルトップでは、ユージーンが自作した無線の電源を入れているところでした。いつものチャンネルに呼びかけるとアレクサンドリアに繋がり、ロジータが応答します。彼女は自身の体調不良のことを話します。心配するユージーンに、いつ戻ってくるのかを問うロジータ

彼が返答に困っている間に、無線機から煙が上がり通信を切らなければいけなくなります。「またこうして話をしない?」というロジータに、「そうしよう。声が聞けてよかった」と答えたユージーンの顔には笑みが浮かんでいました。

無線機を直し終えたユージーンは、アレクサンドリアに通信を繋ぎますが、誰も返答しません。ムッとした彼は無線機のチャンネルをぐるっと回し、全く繋いだことのないチャンネルに変えて「応答願う」と呼びかけました。

返答がなく諦めかけていた時、突然女性の声がします。驚いたユージーンは、彼女を質問攻めにしますが、女性の方はひどく警戒をしている様子。現在の居場所を教えることはできないと言いながらも、話を続ける二人には意外な共通点があることがわかり、仲が深まります。

ウィスパラーズの捕獲

昼間にウィスパラーズとウォーカーの大群を見たキャロルとダリルは、境界の近くで夜になるまで待機していました。ウィスパラーズがよく見える位置へと移動しようとした時、キャロルが枯れ枝を踏んで音を立ててしまい、ウォーカー達が近づいてきます。

キャロルは逃げることができましたが、ダリルには逃げ場がありません。ウォーカーを倒して、その血液を体に塗ってウォーカーに見つからないようにするダリル。這々の体でキャロルとの待ち合わせ場所へたどり着くと、彼女は一人のウィスパラーズを拘束していました。

「連れ帰って尋問をする」というキャロルの言葉と、ウィスパラーズの手首に拘束バンドがしっかりとつけられているのを見て、ダリルは初めて彼女の計画を知ります。

置き去り

ベータたちと共に森の中を歩いていたニーガンは、彼にしつこく絡みます。仲間にはなれないと言うベータに、「仲間になるまでどこへも行かない」と言うニーガン。彼のその言葉を聞いて、ベータは横にいたメンバーの一人の首を切り裂き、ウォーカーを集めます。ベータはその場を去り、ニーガンはウォーカーに囲まれてしまいました。

一夜明け、ウォーカーによってニーガンが死んだと思い込んだベータは、「あいつは弱かった」とアルファに報告します。「そうか」と言うアルファの元に、「いやー、疲れた」と言ってバットを担いだニーガンが現れます。

ニーガンはアルファの前まで行くと膝まづき、「この身をあんたに捧げる」と宣言しました。それを聞いたアルファは、ニーガンの顔に自身の顔を寄せ匂いを嗅ぐと、「シーッ!」と言ったのです。

第6話を見た感想

アレクサンドリアでの原因不明の病気ということですが、これはウィスパラーズが一生懸命ウォーカーの死体を川の中で引き裂いて内臓やらいろんなものを出していた成果が、ここで現れてきているわけですね。

努力は報われるっていうやつですね。でも生活用水を汚染されてしまっては、たまったものではないですよ!なんとか対策を立てなくては、アレクサンドリアの住民すべてが病気になるのも時間の問題なのではないでしょうか?

Huluでの配信状況

シーズン1〜8 字幕版・吹替版ともに全話配信中

シーズン9 字幕版 全話配信中

シーズン10 毎週月曜 22時よりHuluのFOXチャンネルでリアルタイム配信中

(2019/11/25調べ)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください