『ウォーキング・デッド』シーズン10第3話のあらすじと感想

第3話は前話のいわゆる「アルファ編」から、第1話まで時間が戻ります。前回進展のなかった物語も、今回はウォーカーの絶え間なる攻撃から始まり、刻々と状況が変化していきます。

失恋する者あり、幻覚を見る者ありと、問題には事欠かない『ウォーキング・デッド』シーズン10第3話のあらすじを、ネタばれ込みでご紹介します。

『ウォーキング・デッド』シーズン10第3話のあらすじ

絶え間ないウォーカーたちの襲撃

午前中にアレクサンドリアの警備に当たっていた二人は、向かってきたウォーカーを軽く倒し、余裕の表情を見せていました。しかし、彼らは遠方から迫ってくるウォーカーの群れを発見し絶句。それから、ウォーカーとの長い戦いが幕をあけるのでした。

数時間ごとに”ウィスパラーズ(囁く者たち)”との境界線がある方角から、アレクサンドリアにウォーカーが大群で攻めてきていました。倒しても倒してもやってくるウォーカーたち。十分な休息も睡眠も取ることができず、皆の疲労はたまっていくばかりです。

無線機からの要請で、水車小屋に向かったミショーン。双眼鏡を覗くと、ウォーカーの群れは北からも南からも、途切れることなくアレクサンドリアに向かっていました。ミショーンのところに姿を見せたダリルは「もうこれ以上倒すことは難しいぞ」と言います。

そこに現れたガンマ。彼女はミショーンに、「境界のところまで、丸腰で話し合いに来い」と告げに来たのでした。要求をのむ条件として、これ以上ウォーカーの群れを送ってくるのをやめるように言ったミショーンに、ガンマは「あれらは自分たちのウォーカーではない」と言い放ち、その場を去ります。

住民会議

アルファたちに言われるまま、話し合いに行くべきか。そして絶えることなくやってくるウォーカーたちをどうするべきか。アレクサンドリアでは作戦会議が開かれていました。アルファたちは土地が欲しいだけで、話し合いの場は持つべきだと意見するリディア。

ウォーカーを送り込んでくるような人間と、まともに話すことなど出来るものかと怒鳴り声をあげる住人たちでしたが、「あんまちまちましたやり方は母ではない。彼女ならば一気に片をつけにくるはすだ」リディアはそう言って住民の意見に反論しました。

「何よりもまず、北と南のウォーカーの群れを倒すことに集中すべき」というミショーンの一声に、各々が好き勝手言っていた住人たちは黙り込みます。ミショーンの提案した策に従い、彼らは3つのグループに分かれて行動することになりました。

アルファとの交渉

キャロルを始め、ミショーンやダリルたちは、深夜アルファとの話し合いの場である境界にやってきました。誰もが武器を置いて丸腰になる中、キャロルは拳銃を隠し持ってアルファの登場を待ちます。

程なくして、アルファは仲間とともにその姿を現しました。「私たちの掲げる法はたったひとつ。『境界線を超えるな』だ。お前たちはそれを破った」姿を見せるなりそう言ったアルファに、境界線を超えたのはたった一度だけで、それも山火事の消火活動のためだったのだから仕方がなかった、と返答するミショーン。

しかし、アルファはこれまでに3回、いつ誰がどのようにして境界線を超えたことがあるのかを正確に言い、「境界線を越えるものはどうなるのか?罰を受けるんだ」と続けました。今後境界線を越えることはないし、これ以上血を流すのは嫌だと言うミショーンに、境界線を超えたことを不問にする代わりに土地をよこせとアルファ。

それを聞いたキャロルは、これ以上狩場が小さくなってしまっては困ると言います。すると、いやらしい笑みを浮かべたアルファは、「金髪の少年は、首を切られる時にあんたを呼んでいたよ」とキャロルを挑発。

一見冷静なようでいて、実はその言葉に激昂したキャロルは、隠し持っていた拳銃を取り出しアルファに向かって撃ち放ちます。しかしその動きに気がついたダリルがそれを阻止し、銃弾はアルファの立つ芝生に飲み込まれました。

ミショーンはすぐさまアルファのところへと行き、「友人の代わりに謝る。母親ならあなたもわかるでしょう」と謝罪。謝罪を受け入れたように見えたアルファは、「この土地はもらう。さっさと逃げれば?」と笑みを浮かべます。

幻覚

森の中でキャンプをするミショーンたち。夜の闇に隠れた囁く者たちを見つけたキャロルは、銃を発砲。その音にミショーンとダリルがやってきます。ミショーンは彼らを生け捕りに知るよう指示を出し、囁く者たちを探しますが、痕跡すらも見つけることができませんでした。

廃校に移動したミショーンたちでしたが、朝から何度も薬を飲んでいるキャロルを心配し、薬を控えるように助言しますが、彼女は聞く耳を持ちません。そんなキャロルはとある本を目にし、それを拾い上げます。

本の表紙には、ダイニングテーブルに着く子供達と母親が描かれていました。しかしその絵の母親はキャロル自身で、子供達の顔はヘンリーやリディアになっていたのです。驚く彼女はダリルに声をかけられたことで平静を取り戻し、それが幻覚であったことを知ります。

ユージーンの失恋

ウォーカー退治から休憩をとったロジータとユージーンは、ともに部屋へと戻ってきていました。赤ん坊がいないことを心配したユージーンは、ココの居場所をロジータに尋ねます。友人の所に預けていると言った彼女に対し「赤ちゃんには必ず母親が必要だ。母親は赤ん坊のそばについていなきゃダメだよ」とロジータに話します。

「あなたには関係ない」というロジータに対し、「心配だから守ってあげたい」とユージーン「あなたとは絶対にない。いい加減にして!」とつい怒鳴り声を上げてしまうロジーンに対し、ユージーンはひどくショックを受けます。

そんな彼を見たロジータが謝罪の言葉を口にして、それでも友達でしょ?というとユージーンは「いつかきっと通じ合える時がくると、ずっと希望を捨てないで来ていたけど、それが自分の勘違いだとわかった今、友達でいることはもう無理だ」と言って部屋を去ってしまいました。

第3話を見た感想

前回は「過去と現在」。今回は「現実と幻覚と夢」ということで、見ている方としては、またも非常にややこしい回となりました。いろいろなことを経験してきたキャロルなので、薬に頼らなければいけなくなるのもうなづけます。

ただ、その薬はどこから手に入れてるのだろうか?という素朴な疑問はありますね。そんなにポンポン飲んでていいのかな?なくならない?

今回の見所は、ついにはっきりとユージーンが振られてしまうところでしょうか。見所と言ってしまうと、ユージーンが可哀想ですね。「いい人なんだけど、無理」っていうのは誰にでもありますもんね。

ただ、セディクやゲイビーよりずっと責任感があって、父親として立派にやっていけそうな気はするんです。ユージーンがはっきりと、もう彼女には関わらないという態度を見せたので、もしかすると、ロジータはこれから彼の存在の大きさに気づくのかもしれません。

Huluでの配信状況

シーズン1〜8 字幕版・吹替版ともに全話配信中

シーズン9 字幕版 全話配信中

シーズン10 毎週月曜 22時よりHuluのFOXチャンネルでリアルタイム配信中

(2019/11/06調べ)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください