ドラマ版「ライラの冒険」BBCとHBO合同制作の大作を先取り解説

英国ドラマ史上最高の製作費をかけて制作された話題作「ライラの冒険」(His Dark Materials:原題)をご存知ですか?

2019年11月3日より、世界配信に先駆けて英国で放送が始まりました。(アメリカでは、4日から)

放送前より、シーズン2の制作が決定する程の自信作に仕上がっている様です!

英国放送BBCとゲーム・オブ・ スローンズ」製作で有名なアメリカのケーブルチャンネル局HBOが合同で制作した話題のドラマを、日本上陸前に、一足先に、ご紹介します!

「ライラの冒険」とは?

英国人作家フィリップ・プルマン氏のファンタジー小説3部作シリーズ『黄金の羅針盤』『神秘の短剣』、『琥珀の望遠鏡』を映像化した作品です。英国では、舞台化もされていて、すいせん図書の常連作品であり、多くの賞を受賞している作品です。

プルマン氏は、7歳より英国国教会派の牧師だった祖父に育てられています。この作品では、マジステリウム教会を神の力を使って世の中を支配している悪の組織として書き表した事が、カトリック教会を批判していると抗議されました。

ドラマ版「ライラの冒険」と映画版との違い

2007年に、ニコール・キッドマン主演で映画化された『ライラの冒険 黄金の羅針盤』は3部作の予定でしたが、金融危機や、興行不振の影響で続編は、制作が無期限延期になってしまいました。
興行不振の原因は、アメリカで、カトリック教会のコミュニティーが、「反キリスト教的」作品として、映画を見ない様に、ボイコット運動が起きた事が原因の一つにあげられています。

今回のドラマ版「His Dark Materials」(原題)では、映画版『ライラの冒険 黄金の羅針盤』では時間的にも語られなかった部分を8話の長い構成で描いていくと発表されています。

特に、映画版ではキッドマンが演じたコールター夫人の物語が多く組み込まれているとの事です。

ドラマ版「ライラの冒険」あらすじ 【ネタバレ注意】

舞台は、現実の世界に似たパラレル・ワールド、時は、少し昔のヴィクトリアン時代に似た時代、主人公ライラは、オックスフォード大学の学生寮に住んでいますマジステリウム教会は、この世界で強い権力を所持しています。人間は、魂をダイモン(守護精霊)と呼ばれる動物に宿し、行動を共にしています。

ライラの叔父(実は、父)で、保護者であるアスリエル卿は教会には異端とされるであろう謎の粒子「ダスト」の調査をしています。彼の暗殺計画を目撃したライラですが、彼はその後、行方不明になってしまいます。一方、ロジャーを含めたライラの友人達も謎の失踪をし始めます。

その後、ライラは、マリサ・コールター(実は、母)に引き取られます。彼女は、マジステリウム教会から資金提供を受けている謎の組織コブラーのリーダーでもあります。コールター夫人は、密かに、ライラが学寮長から託されていた“黄金の羅針盤”を狙っています。ロジャー達の危機を知ったライラは、コールター夫人の元から逃げ出します。

アスリエル卿の友人であるジプシャンのファーダー・コーラムに、羅針盤から真実を読み解く特殊能力を持っているの事を教えたらたライラは、羅針盤を使って友人のロジャーを探し、気球乗りのリーの助けを借り、北極へと旅立ちます。

イオレク・バーニソン(元戦士であった北極熊)、魔女のセラフィナ・ペカーラ等の仲間に出会い、組織コブラーの秘密基地から友人達を逃がそうと計画を立てます。

その基地では、子供達からダイモン(守護精霊)を引き離す実験が行われています。コールター夫人は、何層にもなっているパラレルワールドを行き来するダストがダイモン(守護精霊)に悪影響を与えるため、子供達を守るためにやっている行為だとライラに説明します。しかし、いざライラが彼女のダイモンと引き離される事は、阻止をします。まだ、この実験が成功していなかったからです。

ライラは、研究所を破壊する事に成功し、子供達も親元に帰ります。

同じく北極で、研究所に軟禁されているアスリエル卿が、マジステリウム教会からの攻撃を受ける事を知ったライラと仲間達は、彼を救うために、彼の元に向かいます。

アスリエル卿は、何層にもなっている(私達の次元を含む)世界を漂っている「ダスト」は、人々の悪の部分に大きく関係しており、その正体を確かめて破壊しなければならないと、ライラに伝えると、同行していたビリーのダイモンを殺害(同時にビリーも死亡)します!

そのエネルギーで、次元に亀裂が入り、他の次元への移動が可能になると、アスリエル卿は、ダストの起源を探すために、その亀裂に入ります。彼への復讐を誓ったライラは、彼を追って、その次元の亀裂に飛び込みます。

登場人物&キャスト

メインキャスト

ライラ・ベラクア

演:ダフネ・キーン

マリサ・コールター

演:ルース・ウィルソン

アスリエル卿:

演:ジェイムス・マカヴォイ

リー・スコーズビー

演:リン=マニュエル・ミランダ

声のキャスト

テレビシリーズ「名探偵ポワロ」ポワロ役でよく知られていデヴィッド・スーシェが、ダイモンのカイサ役で声の出演をしています。

見どころ

原作が書かれた英国やヨーロッパでは、映画版は大成功を収めており、今回の映像化も大成功がほぼ間違いです。8話構成で、複雑な物語の設定も詳しく描く事が出来る、今回の作品は、視聴者にも、嬉しいリメイクになっています。出演者も英国と米国のベテラン勢が名を連ねており、安定した質の高い演技が見どころです。映像も、ゲーム・オブ・ スローンズ」で定評のあるHBOが制作に携わっている為、エンターテイメント性が高いものに、なっています!

シーズン1第一話 感想

放送終了後、英国内では、映画同様、賛否両論の感想が出ています。

ファンタジー作品感が強い映画に対して、英国のドラマ感が強い作品である印象を受けました。撮影も英国内で行っている為、ファンタジー感より、現実感が伝わってきます。映画との違いを出そうとしたのでしょうか?

ダイモンの(映像がなく)声のみでのセリフが多く、誰が喋っているのか混乱する感じもあります。

クリスマスの最終回に向けて、どの様に物語が進行していくか楽しみです。

日本での配信予定

残念ながら、英国と米国以外の世界配信の予定は、まだ発表されていません。有料配信サービスの各社が、放映権を会議中なのでは?っと推測します。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください