『マジシャンズ』シーズン4も、ついに最終回のレビューとなってしまいました。全13話というのは一般的なテレビシリーズよりも少ないので、最終回まではあっという間ですね。

さて、今シーズンも、とにかくたくさんのことが起こりました。その中でも一番の気がかりは、エリオットとジュリアが、モンスターから体を取り戻すことができるのかどうか。ということではないでしょうか?

この最終回で、一体どのようなことが起こり、どのような結末になるのか?ネタバレ盛り沢山でお届けします。

『マジシャンズ』シーズン4最終話のあらすじ

ジュリアと学園長は向かい合い、ジュリアの中にいるモンスターは、今まさに学園長を殺そうとしていました。クエンティンとアリス、マーゴは斧と瓶を手に、ジュリアモンスターの気を引きます。

アリスはスペルを唱え、ジュリアを投げ飛ばしました。しかし、そんな攻撃はモノともしないジュリアモンスターは、何事もなかったかのように立ち上がり、彼らの方へと歩いて来ます。

その時、ジュリアの後ろにペニーが現れ、手に持った斧を彼女の背中に突き立てました。叫び声を上げ、地面に崩れ落ちるジュリア。ペニーがジュリアから斧を引き抜くと、モンスターはアリスの持っている魔法の便に吸い込まれました。

ブレイクビルズの病院に着くと、学園長とクエンティンたちは彼のオフィスへと向かい、机の下にある絶対零度のトラップドアに瓶を入れ込んで、モンスターが瓶から逃げるのを遅くするようにします。

ベッドに横たわるジュリアの容態は悪く、ジュリアが普通の人間ではないために、鎮痛剤も効きません。彼女の命を救うためには、彼女を人間に戻すしか方法がなく、ペニーはジュリアの意思を尊重したいと思うものの、この時ジュリアは話せる状態ではありませんでした。

その頃マリナのロフトでは、魚から元の姿に戻ったびしょ濡れのジョシュに、マーゴがタオルを渡しているところでした。ジョシュはマーゴが彼女自身のことを顧みず、深い思いやりを見せてくれていたことが、とても不思議だったと言います。

ジョシュはマーゴが、愛する人のためならなんでもすると言った言葉を聞いて驚き、情熱的に彼女にキスをします。盛り上がってきたところでペニーが現れ、二人は急いで離れることとなりました。

病院では、ジュリアの容態は回復していました。しかし、有無を言わせずジュリアを人間にもどりたことで、彼女になじられるペニー。彼は、彼自身が彼女が苦しむ姿を見ていることができずに、彼女の気持ちを汲まずに選択をしたことを認め、その場を立ち去ろうとします。

ジュリアはそんなペニーを呼び止め、その場に残って彼女の怒りを彼にぶつけさせろというのでした。ペニーはそれに同意します。

一方、エリオットモンスターに妹と巻物の所在を聞かれたジョシュは、別次元へと繋がる巻物を開き、クエンティンとともにその中へ飛び込みます。モンスターエリオットは一人部屋に残され、学園長は混乱を巻き起こすスペルを彼にかけて、森へと飛ばしました。

とあるオフィスフロアへと着いたクエンティンとジョシュは、モンスターを退治したいということを告げると、モンスターの双子は「縫い目」に落とすように助言を受けます。「縫い目」は彼らのいる宇宙とは別の場所にあると言われ、クエンティンはそれがか鏡の世界であることに気がつきます。

アリスは鏡の世界にドアを見つけたと言い、それが「縫い目」のある場所だと確信しています。学園長のスペルによって混乱に陥っている今が、エリオットモンスターへ近づくチャンスだとクエンティンがいい、皆もそれに同意します。

エリオットモンスターは一人、森の中でどこにいるともしれない妹に語りかけていました。ペニーとクエンティンは、彼の注意を引くために叫び声をあげます。エリオットモンスターが近づいてくると、ペニーが瞬間移動をし、マーゴが彼の腹部に斧を突き立てました

ペニーがモンスターを瓶に閉じ込めると、エリオットは力なく地面に倒れてしまいました。ペニーはキャストを開始するため、世界中のヘッジスと魔術師にテキストメッセージを送り、彼らは一斉にキャストをすることで、モンスターを瓶に封じることに成功します。

クエンティンとペニー、アリスは鏡の世界へと入り、「継ぎ目」のある鏡を見つけます。クエンティンがモンスターの入った瓶を一つその中に投げ入れ、アリスからもう一つの瓶をもらおうとした時、エベレットが現れ、クエンティンに瓶を渡すよう要求します。

クエンティンは鏡に瓶を投げ入れようとしますが、エベレットはその鏡を破壊してしまいます。再び瓶を渡すように言うエベレット。彼はクエンティンたちに、必ず良い神になると告げます。

クエンティンはそれに同意して、ペニーにアリスを連れてその場から去るよう言います。アリスを抱えてドアへ走り出すペニー。クエンティンは鏡を修復し、瓶を投げ入れるために、キャストを放ちます

鏡の世界でキャストを放つということが、どういう効果をもたらすのか、誰もがわかっていました。クエンティンの使った魔法により、エベレットによって破壊された鏡は再生し、ボトルを異次元へと飛ばすことに成功。しかし、クエンティンがスペルを唱えてしまったために、鏡は内側から爆発を起こします。

エベレットを巻き込んで爆発した鏡の爆風によって、空中に吹き飛ばされたクエンティンペニーに抑えられ、そんな彼をただ見ていることしかできないアリス。彼らの目の前で、クエンティンは無残にも爆発に巻き込まれ、消し飛んでしまいました。

アンダーワールドでは、ペニー40がクエンティンに挨拶をします。自分が本当に死んでしまったことに気がついたクエンティンは、悪態をつきました。そして、自身の人生を振り返ります。そんな彼を、ペニー40が、皆のいるキャンプファイヤーに連れ出しました。

最終話を見た感想

いやー、なんと言いますか、後味の良くない終わり方でしたよね?主役のクエンティンが死んじゃいました。まさかの主役死亡ですからね。

せっかくエリオットが体を取り戻したのに、二人が生きて再会することが叶わないなんて、可哀想すぎます。結局今シーズンは、これが描きたかったということですね。今までのことは全て、このエピソードのための布石だったということでしょうか。

アリスも目の前でクエンティンが死んじゃって、ちょっとあんまりじゃないですか!と思っていたら、やっぱり海外のファンも怒ってました。そうですよね。わかりますその気持ち。

クエンティンが退場ということで、一区切りついたのかな?とも思います。これからは、全く違った物語が展開していくのかもしれません。期待と不安が入り混じった、複雑な気持ちです。

今シーズン、みんな頑張ったので、来シーズンは何か報われるようなお話があるといいなと思います。まだまだ勢いのあるシリーズなので、第5シーズンがどのようになるのか、今からとても楽しみですね!

『マジシャンズ』シーズン5について

すでに製作が決定してるシーズン5ですが、来シーズンも今シーズン同様に全13話になるということです。

本作品は、放送局であるアメリカのSyfyで作られている番組の中で、最も高い視聴率を誇る長寿番組として記録を持っています。その記録のまま、頑張って欲しいですね!

シーズン4の最後で死んでしまったクエンティンについてですが、マジシャンズのエグゼクティブプロデューサーたちは、シーズン5ではクエンティン役のジェイソン・ラルフが戻ってくることはない。と、発言しています。

「今シーズンが始まる前に、私たち番組制作チームは、ジェイソンを含めてクリエイティブな話し合いを行いました。その中で、ジェイソンが番組を去るという選択については、番組の本質を掘り下げ、より創造性を高めるという点において、チームの合意に至ったのです。」

「クエンティンの物語が、『マジシャンズ』で終わったわけではない」と続けて語った彼ら。クエンティンはいなくなってしまいますが、また新たな1年、魔法の世界を描けることが嬉しくて仕方がないとのことです。

『マジシャンズ』Huluでの配信状況

『マジシャンズ』シーズン1からシーズン3まで、字幕版・吹き替え版ともに配信中(2019/10/09調べ)。

シーズン4の配信については、現在のところ未定。

※追記:Huluでのシーズン4の配信が2019/11/6(水)に決定しました!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください