藤原竜也主演映画「バトル・ロワイアル」シリーズはHuluで配信中!

中学生同士のデス・ゲームを描いた超問題作を巨匠・深作欣二監督の手によって実写映画化!「バトル・ロワイアル」、「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」は2作揃ってHuluで配信中です。(2019年9月27日現在)

なお、本作は映画倫理委員会よりR15+に指定されており、15歳未満の鑑賞は禁止されています。

映画「バトル・ロワイアル」シリーズをHuluで見た!

「今日はみなさんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」

新世紀の初めに崩壊したある国で可決された法案によって、無作為に選ばれた中学3年生のクラスが突如殺人ゲームに巻き込まれる⁈生存条件は「クラスメイト全員殺害」。脱出不可能な無人島で42人の中学生達の壮絶なバトルが始まる!!

国家権力によって中学生達が殺し合いをさせられるという凄惨な内容が物議を醸したことで社会的関心を集めて、累計発行部数100万部を超えると言われる大ヒット作となった高見広春の小説「バトル・ロワイアル」が、バイオレンス映画の巨匠・深作欣二監督の手によって実写映画化!

さらに、映画「バトル・ロワイアル」の続編として制作されたオリジナル作品である「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」は制作発表時既にガンに侵されていた深作欣二監督の遺作となった。

原作

高見広春「バトル・ロワイアル」(BATTLE ROYALE)
単行本
太田出版より1999年4月21日刊行
文庫版
幻冬舎 幻冬舎文庫より2002年8月 上下巻で刊行

みどころ

日本を震撼させた問題作の実写映画化!

閉鎖空間の中で殺し合いをさせられるデス・ゲーム系漫画や小説作品は、2019年現在でこそそう珍しいものではなくなりましたが、その草分け的存在と言えるのが1999年4月に刊行した高見広春の小説「バトル・ロワイアル」です。

中学生達が殺し合いを強いられるという内容は物議を醸し、某小説大賞の最終候補に残りながらも審査員の強い不快感から不評を呼んだり、映画化が決まってからは公開前に国会で質疑がなされたり、またこの作品を読んで影響を受けたとされる未成年が実際に重大な少年犯罪を引き起こしたこともあって、当時はに大いに話題となりました、

そんな日本文学史上の名を遺す問題作を、数々のヤクザ映画やアクション映画懿を世に送り出したバイオレンス映画の巨匠・深作欣二監督の手によって実写映画化されました!

生存条件は「クラスメイト全員殺害」のデス・ゲーム!

昨日まで普通の中学生として生活していた42人の中学3年生が、予告なしに無人島に連れて来られて殺し合いをさせられる、しかも生存条件は「3日以内にクラスメイト全員殺害」という非常にショッキングンなストーリーに、日本中が震撼したこの「バトル・ロワイアル」。

配給されたそれぞれの武器を手にして区切られた場所の中で最後の一人になるまで戦うというルールは、2019年現在世界中で大流行中のゲーム「フォートナイト」を彷彿とさせますね。

しかし、「バトル・ロワイアル」は攻撃を受けるとそこで終わりのデス・ゲーム。クラスメイト全員が自分を殺しに来る「敵」となる極限状態が残酷なまでに克明に描かれています。

なお、本作は「教師への傷害、連続する凄惨なシーンは中学生以下の年少者には不向き」という理由から映画倫理委員会よりR15+に指定されており、15歳未満の鑑賞は禁止されています。

巨匠・深作欣二監督が描く仁義なき15歳の戦い

問題作「バトル・ロワイアル」の映画化したのは映画「仁義なき戦いシリーズ」、「蒲田行進曲」や、ドラマ「キイハンター」「傷だらけの天使」といった邦画史に残るヒット作を生み出た深作欣二監督

「バトル・ロワイアル」の主人公たちと同じ中学3年生当時は太平洋戦争の真っ只中だったという深作監督が、「仁義なき15歳の戦い」と、その先にある「生きることへの希望」を見事に描いており、日本国内のみならず海外の著名な映画関係者や評論家たちから高評価を得ています。

深作監督の遺作となった「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」

そんな深作監督ですが、2002年9月25日続編となる「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の制作発表と同時に前立腺ガンの脊椎転移を公表し、同年12月にクランクインしましたが、2003年1月12日に永眠。
その後は、第一作の脚本とプロデューサーを務めていた息子の深作健太氏が正式に監督となって撮影を引き継いでいます。

全編の中で深作欣二監督が実際撮影したのは1シーンのみなことと、個人間の殺し合いを描いた一作目と違ってテロ組織との集団戦を描いているため、映画のテイスト的には大幅に変わっています。

藤原竜也伝説の始まり?!

独特な台詞回しや熱い雄叫びが特徴的で、「デスノート」、「カイジ」シリーズ「るろうに剣心」といった漫画作品の実写化作品に数多く出演した藤原竜也さん。

個人的に藤原さんが出る実写化作品にはハズレないという印象がありますが、その藤原竜也伝説の始まりとなった作品こそこの「バトル・ロワイアル」だと言えるでしょう。

仲間たちを殺さねば生き残ることが出来ないという究極の選択を前にして葛藤する中学生を熱く演じる姿は、まさに伝説の始まりを予感させる素晴らしいものでした。

シリーズを通して多くの名優を輩出!

この「バトル・ロワイアル」の出演を機に飛躍したのは藤原竜也さんだけではありません。

柴咲コウさん、栗山千明さん、塚本高史さん、高岡蒼甫さん、安藤政信さんといった現在も大活躍中の名優たちを多数排出しています。

特に栗山千明さんは「バトル・ロワイアル」を見たクエンティン・タランティーノ監督に認められ、日本でも大ヒットした「キル・ビル Vol.1」に出演して一躍有名になりました。

また、現在は政治家として活動している山本太郎さんが主人公を導く頼れる兄貴分として出演しているのも見逃せませんね。

「バトル・ロワイアル」

2000年12月16日公開。配給は東映

あらすじ

新世紀の初め、ひとつの国が壊れた。
自信をなくした大人たちは子供を恐れ、やがて、一つの法案が可決された。
「新世紀教育改革法【通称BR法】」

城岩学園中学校3年B組一同は修学旅行のためにバスに乗っていたが、いつの間にか催眠ガスで眠らされ、気が付けば見知らぬ場所に運ばれていた。

戸惑う3年B組一同の前に現れたのは、多くの兵士を引き連れた1年の時の担任だったキタノ。

「今日はみなさんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」

BR法のプログラムに選ばれてしまった3年B組は、脱出不可能な10キロ四方の無人島の中で最期の一人になるまで殺し合いをしなくてはいけなくなった・・・。制限時間は3日間。42人の生徒達の命を懸けた壮絶なバトルが始まる!!

スタッフ

監督:深作欣二
脚本:深作健太
主題歌: Dragon Ash「静かな日々の階段を」
音楽:天野正道

出演

七原秋也:藤原竜也
城岩学園中学校3年B組出席番号男子15番。この物語の主人公。
小4で母が家出、中学の入学式の日に父が自殺するという壮絶な過去を持つ。
修学旅行に向かう途中でゲームに巻き込まれるが、幼馴染の国信が好きだった中川典子を守りながら行動する。

中川典子:前田亜季
城岩学園中学校3年B組出席番号女子15番。
どこにでもいるような平凡な少女。七原に想いを寄せている。
腕に怪我をして動けなくなっていたところを秋也に助けられ、共に行動するようになる。

川田章吾 :山本太郎
3年B組一同が目覚めた教室の中に紛れ込んでいた「転校生」。
その正体は3年前のゲームの優勝者。偶然出会った秋也と典子を助け、協力者として共に行動するになる。

桐山和雄:安藤政信
川田と同じ「転校生」。
自らゲームに志願し、嬉々としてクラスメイト達を殺害していく。

相馬光子:柴咲コウ
出席番号女子11番。
クラスの不良グループの一員。生存本能から積極的にクラスメイトの殺害に乗り出す。

三村信史:塚本高史
出席番号男子19番。
七原の友人。廃工場を根城にゲームからの脱出を企てる。

キタノ:ビートたけし
バトル・ロワイアル担当教官。
3年B組が1年生の時の担任で、学級崩壊していた生徒達に授業ボイコットされる駄目教師だった。
目覚めたB組の生徒たちに「殺し合い」を指示する。

《城岩学園中学校3年B組》
赤松義生:日下慎、飯島敬太:松沢蓮、大木立道:西村豪起、織田敏憲:山口森広、国信慶時:小谷幸弘、倉元洋二:大西修、黒長博:増田裕生、笹川竜平:郷志郎、杉村弘樹:高岡蒼佑、瀬戸豊:島田豊、滝口優一郎:内藤淳一、月岡彰:広川茂樹、新井田和志:本田博仁、沼井充 – 柴田陽亮、旗上忠勝:横道智、、元渕恭一:新田亮、山本和彦:佐野泰臣

稲田瑞穂:木下統耶子、内海幸枝:石川絵里、江藤恵:池田早矢加、小川さくら:嶋木智実、金井泉:三原珠紀、北野雪子:金澤祐香利、日下友美子:加藤操、琴弾加代子:三村恭代、榊祐子:日向瞳、清水比呂乃:永田杏奈、谷沢はるか:石井里弥、千草貴子:栗山千明、天堂真弓:野見山晴可、中川有香:花村怜美、野田聡美:神谷涼、藤吉文世:井上亜紀、松井知里:金井愛砂美、南佳織:関口まい、矢作好美: 馬場喬子

「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」

2003年7月5日公開。配給は東映

あらすじ

「BR法」によって城岩学園中学校3年B組が無人島で殺しあったゲームから3年。
ゲームの生き残りである七原秋也は反BR法テロ組織「ワイルド・セブン」のリーダーとして首都庁舎を爆破、すべての大人たちに宣戦布告する。

子供達の「報復」を恐れた大人達は、正義の名の下に「新世紀テロ対策特別法」【通称BRII】を成立させた。

今回のゲームに選ばれたのは全国から問題児が集まる全寮制の鹿之砦中学校3年B組。だが、今回は生徒同士で殺し合いをさせるのではなく、中学生をワイルド・セブンと戦わせるというものだった。

中学生達は「孤島に立て篭もった七原秋也を3日以内に見つけて殺害せよ」という指令を受け、さらに出席番号で男女ペアを組み、一人が殺されると首輪に仕掛けられた爆弾によってもう一人も爆死するという過酷なルールが課せられる。

戦闘服と武器を与えられた中学生達はボートに乗せられると、ワイルド・セブンが潜伏するという孤島へと送り届けられる・・・

スタッフ

監督:深作欣二、深作健太
脚本:深作健太、木田紀生
音楽:天野正道
主題歌:STANCE PUNKS「真夜中少年突撃団」

出演

青井拓馬:忍成修吾
鹿之砦中学校3年B組出席番号男子1番。
繊細ながらキレやすい性格が原因で数々の暴力事件を起こし、問題児ばかりの鹿之砦中学校に転入させられる。

キタノシオリ:前田愛
出席番号女子4番。前作の担当教官キタノの娘。自らBRⅡに志願して鹿之砦中に転入してくる。

浅倉なお:酒井彩名
出席番号女子1番。ラグビー部のマネジャー。世話好きで、危なっかしい拓馬に思いを寄せている、

七原秋也:藤原竜也
3年前のゲームの生き残り。共に脱出した中川典子と共に全国指名手配されている。
逃亡生活を続ける中、ゲーム優勝者たちやテロの被害者を集めて反BR法組織「ワイルド・セブン」を結成し、そのリーダーとなる。

教師RIKI:竹内力
今回のバトル・ロワイアル担当教官。

《鹿之砦中学校3年B組》
部秀悟:柴木丈瑠、葛西治虫:坂本真、黒澤凌:伊藤友樹、桜井晴哉:勝地涼、柴木雅実:藤平涼二、志村鉄也:山田浩太、城直:原田健二、田口正勝:田中丈資、名波順:青木崇高、長谷川達彦:田村圭生、日笠将太:豊永利行、保坂康昭:池山孝明、前薗健二:上條公太朗、槇村慎太郎:黄川田将也、皆本清: 遊木康剛、宮台陽介:山本一輝、向井渉:久保田武蔵、森島達郎:蝦名清一

池田美希:盛内愛子、筧今日子:神戸みゆき、久瀬遥:末永遥、鷺沢希:佐藤翔子、汐田早苗:松本美千穂、新藤理沙:桂亜沙美、戸塚保奈美:中川愛海、夏川結子:金沢美波、新見麗奈:新舞りあす、野坂真帆:石井明日香、蓮田麻由:柳沢なな、波多量子:花田亜由美、福田和美:あじゃ、松木志穂:松本真衣香、三船夕佳:坂口理香、本村明日香:長谷部瞳、八木綾音:菊地美香、矢沢愛:清水沙映、谷野響:宮尾知里、夕城香菜:森本ゆうこ、善山絵里:名雪佳代

《反BR法組織「ワイルド・セブン」》
ゲームの生き残りや家族を失った子供達で結成されたテロリスト集団。
左海貢:石垣佑磨
桜井サキ:加藤夏希
早田マキ:真木よう子
風間総司:村田充
米内健吾:久我未来
今給嶺聡:和田聰宏

《その他》
三村真樹雄:千葉真一
内閣総理大臣:津川雅彦
拓馬の母:三田佳子

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください