海外ドラマ『SUITS/スーツ』シーズン8のあらすじとHulu配信状況

2011年の放送開始から、瞬く間に人気に火がついた『SUITS/スーツ』ドラマシリーズ。シーズン7の最後には、マイクとレイチェルが事務所を去ってしまいました。

メインキャストの二人が抜けてしまい、シリーズは一体どうなってしまうのでしょうか。シーズン8のあらすじや新キャストなど、ネタバレも含めてご紹介します。

ドラマシリーズ『SUITS/スーツ』とは?

天才的記憶力を持っているのにもかかわらず、お金のために替え玉受験をしたのがバレて、ハーバードへの入学を取り消されてしまう「マイク」と、そんな彼を思いがけず拾った弁護士「ハーヴィ」

この二人が、マイクの学歴詐称という秘密を抱えつつも、人気法律事務所で切磋琢磨しながら成長していくサクセスストーリーです。

弁護士事務所を舞台にしているのにもかかわらず、今までのような陪審員を前に延々と演説を繰り返す法廷ドラマではないところが、人気の理由の一つ。もうひとつはもちろん、タイトルにもなっているように洒落た「スーツ」を着こなす魅力的な登場人物たちでしょう。

『SUITS/スーツ』シーズン8のあらすじ

マイクとレイチェルが事務所を去り、ロバート・ゼインと合併して一難去ったと思いきや、ハーヴィートロバートは早速戦争状態に。どのクライアントを切るか、どのアソシエイトを切るかと事務所内が大きく動きます。

今までは敵対していた人たちが一緒に働くとあって、仕事の仕方の違いにトラブルが続発します。そんな中、ハーヴィーは「マイクならばどうするか」を考えて行動し、ある案件を解決。ハーヴィーがまだちゃんとマイクのことを思っているのがわかる、いいエピソードでした。

紆余曲折ありながらも、徐々に距離を縮めていくハーヴィーたち。それに伴い、それぞれのキャラクターのプライベートな部分も見えてきます。そしてついにハーヴィーとルイスが両思いに!今まで一方的にハーヴィーのことを好きだったルイスの思いがやっと報われました。

今シーズンは、登場人物たちの恋愛模様がたくさん描かれていました。一番気になるハーヴィーとドナの関係ですが、ドナとステディな関係になるトーマスに問題が起こり、ハーヴィーも巻き込んで大変なことに。

とにかくシーズン8も山あり谷ありでした!一番の事件は、最終話でドナとハーヴィーが結ばれたことですね!シリーズを通して、ずっと二人を応援してきたファンたちも、ものすごく盛り上がったエンディングでした。

『SUITS/スーツ』シーズン8 日本配信状況

  • 「シーズン8」現在配信なし(2019/09/12調べ)
  • Hulu「シーズン1〜7」まで配信中(2019/09/12調べ)

メインキャスト マイク・ロス役パトリック・J・アダムスの降板

シーズン7を最後に、レイチェル役のレイチェル・メーガン・マークルと、マイク役のパトリック・J・アダムスの降板が明らかになりました。

レイチェル役の彼女は、ご存知の方がほとんどだと思いますが、イギリス王室のサセックス公爵ヘンリー王子と婚姻を交わし、サセックス公爵夫人となりました。

彼女の結婚式には、パトリックやハーヴィ役のガブリエルなどスーツの出演者も招待されていましたね。

さて、W主人公の一人であるパトリックですが、まさかの降板に彼抜きでの番組続行と、驚いた方も多かったのではないでしょうか。では、どうして降板してしまったのか。

パトリックは私生活において2016年に結婚、2018年に第一子が誕生しました。きっと可愛くて仕方がないのでしょうね。これからは家族との時間を大切にしたい。というのが大きな理由とされています。

自宅から撮影場所が遠かったのも、原因のひとつとなったようですね。撮影期間中は家からずっと離れていなければならなかったそうで、お子さんの成長を見逃すのが嫌だったのではないでしょうか。

そしてもうひとつの原因とされるものが、変化していくマイクというキャラクターの人格に違和感を覚えたからだと言います。

もともとは、道を外れた人生を送っていたマイクが、徐々に人格者のようになっていくドラマの流れがしっくりとこなかったようです。キャラクターの方向性については、製作側とも慎重に話し合いを続けたようですが、降板するということになってしまいました。

大変残念ではありますが、また違う場所でより一層活躍してくれることを期待したいですね!

『SUITS/スーツ』シーズン8 新キャスト

マイクとレイチェルは去ってしまいましたが、それと入れ替えに新しくキャストに加わったのが、サマンサ・ウィーラー役のキャサリン・ハイグルです。

1999年に出演したドラマ『ロズウェル 星の恋人たち』でブレイク。2005年に放送が開始された『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』においては、2007年のエミー賞助演女優賞を受賞しました。

第1話を見た感想

事務所はロバート・ゼインと合併したことで「ゼイン・スペクター・リット」と名前を変えました。が、ハーヴィーとロバートはトップの座をめぐり対立。合併によって利益の反目しあうお互いのクライアントのどちらを切り捨てるかで揉め、それぞれ別の弁護士に任せることに。

それを任された一人が、今回レギュラーキャストに加わったキャサリン。彼女は非常に優秀で、どんどん頭角を現していきそうな予感がします。

直接案件を請け負うのではなく、長年の友人でライバルのアレックスに任せようとするハーヴィーですが、彼が劣勢だと知ると、ドナの制止も聞かずに自分で解決しようとします。「あなたはコーチじゃなくてプレイヤー」だとドナに言われて納得。そりゃあ、やっぱりボスって感じでずっと事務所の部屋にいるようでは、お話は面白くなりませんもんね!

第1話は、キャストの大幅な変更もあって、どちらかというと「登場人物紹介」といった感じがしました。個人的には、マイクは抜けたのは大きかったですね。ただ、新しくキャサリン・ハイグルがキャストに加わって、これからどのような化学反応を起こしてくれるのかが楽しみです。

メインキャスト

  • 役 : ハーヴィー・スペクター/ Harvey Specter
    演 : ガブリエル・マクト/ Gabriel Macht
    敏腕弁護士。非常に優秀であるが、勝つことが全てと考えているため、違法ギリギリのことを行ったりもする。
  • 役 : ルイス・リット/ Louis Litt
    演 : リック・ホフマン/ Rick Hoffman
    金融・財務関係の案件に強い弁護士。人付き合いが苦手。ハーヴィーと友人になりたいと思っているものの、いつもバカにされて怒りを爆発させている。
  • 役 : ドナ・ポールセン/ Donna Paulsen
    演 : サラ・ラファティ/ Sarah Rafferty
    ハーヴィーの秘書。ハーヴィーとは長い付き合いで、何かと人との衝突が多いハーヴィーをずっとサポートしてきた。
  • 役 : サマンサ・ウィーラー/ Samantha Wheeler
    演 : キャサリン・ハイグル / Katherine Heigl
    新しく事務所に入ってきたパートナー弁護士。事務所の現状に不満を抱いており、それを変えようと試みる。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください