11月12日から米国で登場「ディズニープラス」を解説!デラックスとは別物!?

最近、Apple TV+を始めオリジナルの作品を売りにする動画配信サービスの展開の発表が後を絶たないですが、Disney+(ディズニープラス)もその一つ!今回は、そのサービスの全容に迫ってみましょう!

Disney+(ディズニープラス)とは?

待ちに待ったヒット作の続編『フローズン2』の公開に寄り添う様に宣伝される予定の動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)は11月12日から米国、カナダ、オランダでサービスが開始されます。その後、19日からは、オーストラリアとニュージーランドで後を追う様にしてサービスが開始されます。4つの画面で同時使用が可能であり、7つの違ったアカウントを設定可能、4KやHDのクオリティーが高い画像での視聴が可能なサービスになります。

参加するメディア

今年、ディズニーの21世紀フォックス社の買収によって、21世紀フォックスと提携してたHuluもディズニーが事実上の所有者になりました。元々事業の半分以上をディズニーが所有しているESPNというスポーツ放送局が運営している動画配信サービスのESPN PlusとHulu含めてた3つの配信サービスが同じプラットフォームを構成してこのサービスに参加します。

Hulu

Disney+(ディズニープラス)は、PG13までの作品限定のサービスになる為、それ以上の年齢層向けの作品(例えは、マーベルの『デッドプール』や『X-Men』シリーズなど)は、Huluが担当することになります。その他にも、以前通り、人気のシリーズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」や「Castle Rock」等のオリジナルドラマの配信も続けます。

ESPN Plus

世界の様々なレベルのスポーツ中継のほか、オリジナルのスポーツのゲームショー、トークショーやドキュメンタリーを製作配信しているサービスです。

配信ラインナップ

それでは、実際Disney+(ディズニープラス)では、どんな作品が見れるのでしょうか?まず、注目したいのは、劇場で公開された作品が、DVDの発売の後、数ヶ月後には、独占配信される事です。それに加え、過去の作品や、物凄い製作費をかけたオリジナル作品をサービスの開始と共に、(ネットフレックスの様に、シリーズの全エピソードを一挙配信ではなく、)従来のテレビの様に、1話ずつ配信していきます。

ディズニー/ピクサー

サービス開始後、一年以内に、「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「メリダとおそろしの森」「Mr.インクレディブルを含めた全てのディズニー/ピクサー作品が視聴可能になります。

マーベル

既に製作されているテレビシリーズや映画の他に、オリジナルシリーズになる「She-Hulk」「 Ms. Marvel」「 Moon Knight」「Loki」「The Falcon and The Winter Solider」「 WandaVision」の製作と配信が発表されています。

スターウォーズ

全ての映画シリーズやスピンオフ作品は、サービス開始後一年以内に全て視聴可能になります。

Disney+(ディズニープラス)の関連で、現在一番注目されているのは、11月12日のサービス開始と共に配信が開始される「The Mandalorian/ザ・マンダロリアン」です。全8話で構成されているこのシリーズは、映画版『エピソード6/ジャダイの帰還』に出てくるキャラクターが描かれるオリジナルシリーズで、各エピソード$15ミリオンの製作費をかけている大作です。配信前の現在、もうシーズン2の製作が進んでいる程の自信作の様です!

発表されている『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のスピンオフでオリジナル作品では、人気のロボットKー2SOが登場予定です。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でオビ=ワン・ケノービ を演じた英国俳優ユアン・マクレガーは、同役でのオリジナルシリーズの契約をしたそうです!

オリジナル作品

配信開始日に、実写版『わんわん物語』『ノエル』というオリジナルのクリスマスコメディ映画も配信されます。その他にも、オリジナル映画、アニメ、ドラマ、ゲームショー、リアリティショー、ドキュメンタリー、製作の裏側特集や、まだ有名ではない製作チームが作品を公開できるプラットフォームスペースも設けられる様です。

ナショナルジオグラフィック

250時間分のドキュメンタリーが視聴可能になります。 

その他

シンプソンの全シリーズ、FOX局が手掛けた子供向けシットコムも配信予定です。

タイトル数 

上記の他に

・ディズニーチャンネルで既に放送している5000本程のテレビエピソードと100本程の映画

・ディズニークラシック映画400本

 

価格

気になる価格ですが、米国での基本料金は、月額$7です。(これは、競争相手のネットフリックスやHBOと比べると、現地では、はるかに安いです。)更に、ディズニーの会員等のメンバーシップに入っていると、3年契約の場合のみ、月額なんと $3.92!もしくは、参加しているHulu 、 ESPN Plusとの3つの同時契約で、月額$13のキャンペーンを実施します。

カナダでは、月額9カナダドル、オランダでは、月額7ユーロ、オーストラリアでは、月額9オーストラリアンドル、そしてニュージーランドでは、月額10ニュージーランドドルです。

日本でのサービス -  ディズニーデラックスとは別物?

Disney+(ディズニープラス)は、来年にヨーロッパと南アメリア地域のサービスの開始を目指し、2年間で、(日本を含む)アジア方面でのサービスを始める計画を進めています。

日本の電話会社(ドコモ)との提携で行われている日本独自の動画配信サービスのディズニーデラックスと、Disney+(ディズニープラス)は、全く別のサービスです。

 

対応デバイス

Disney+(ディズニープラス)は、Apple,、Google,、Microsoft,、Roku、Sonyとの提携を発表しています。従って、その5社が発売しているデバイスに対応予定です。スマホ、テレビ、コンピューター、メディアボックス並びにUSBステック、そして、(プレイステーション4、Xbox One等の)ゲーム端末での視聴が可能です。現時点では、アマゾンは、まだ正式提携の発表が行われていません。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください