京都アニメーション制作のアニメシリーズ「氷菓」はHuluで配信中!

米澤穂信の大人気ライトノベルが京都アニメーションによってテレビアニメ化!「氷菓」はHuluでテレビシリーズ22話が配信中です。(2019年8月20日現在)

「氷菓」をHuluで見た感想

2012年4月から9月までテレビ東京系列他独立局で放送。
テレビシリーズ22話各25分。とOVA1話の全23話。
huluではテレビシリーズ22話分が配信中です!

シリーズ累計245万部を突破した、米澤穂信の大人気青春ミステリー「〈古典部〉シリーズ」を京都アニメーションがアニメ化。

ひょんなことから廃部寸前の「古典部」に入部することになった折木奉太郎と、「一身上の都合」により「古典部」に入部した好奇心旺盛な千反田える、奉太郎とは中学からの腐れ縁である福部里志伊原摩耶花の4人が学校内で起こる数々の事件を推理していく青春学園ミステリーです。

制作スタッフには「フルメタル・パニック!」原作者の賀東招二さんがシリーズ構成として参加している点も要チェックです!

原作

米澤穂信「〈古典部〉シリーズ」

角川書店より2001年10月から刊行されているライトノベル系理小説シリーズ。

シリーズ第1弾「氷菓」
角川スニーカー文庫より2001年10月31日刊行

シリーズ第2弾「愚者のエンドロール」
角川スニーカー文庫より2002年7月31日刊行

シリーズ第3弾「クドリャフカの順番」
単行本 角川書店より2005年6月30日刊行
文庫版 角川文庫より2008年5月24日刊行

シリーズ第4弾「遠まわりする雛」
単行本 角川書店より2007年10月3日刊行
文庫版 角川文庫より2010年7月24日刊行

シリーズ第5弾「ふたりの距離の概算」
単行本 角川書店より2010年6月25日刊行
文庫版 角川文庫より2012年6月22日刊行

シリーズ第6弾「いまさら翼といわれても」
単行本 角川書店より2016年11月30日刊行
文庫版 角川文庫より2019年6月14日刊行

《コミックス版》
「氷菓」
原作:米澤穂信、漫画:タスクオーナ、キャラクター原案:西屋太志(京都アニメーション)

株式会社KADOKAWAの漫画雑誌「月刊少年エース」で2012年3月号より連載中。
コミック単行本 カドカワコミックス・エースより刊行。既刊12巻。

《実写映画版》
2017年11月3日に公開。
脚本・監督:安里麻里
出演:山﨑賢人、広瀬アリス、小島藤子、 岡山天音、本郷奏多、眞島秀和、斉藤由貴

スタッフ

原作・構成協力:米澤穂信
監督:武本康弘
シリーズ構成:賀東招二
キャラクター原案・デザイン・総作画監督:西屋太志
色彩設計:石田奈央美
設定: 唐田洋
美術監督:奥出修平
撮影監督:中上竜太
編集:重村建吾
音響監督:鶴岡陽太
音楽:田中公平
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:神山高校古典部OB会

主題歌

オープニングテーマ
「優しさの理由」(第1話~第11話)歌:ChouCho
「未完成ストライド」(第13話~第22話)歌:こだまさおり

エンディングテーマ
「まどろみの約束」(第2話~第11話)歌:千反田える(佐藤聡美)、伊原摩耶花(茅野愛衣)
「君にまつわるミステリー」(第12話 – 第22話)歌:千反田える(佐藤聡美)、伊原摩耶花(茅野愛衣)
作詞 – こだまさおり / 作曲・編曲 – 高田暁 / 歌 – 千反田える(佐藤聡美)、伊原摩耶花(茅野愛衣)

第1話「伝統ある古典部の再生」 あらすじ

折木奉太郎(中村悠一)は、多彩な部活動の殿堂と言われる神山高校に入学しながら勉強にもスポーツにも色恋沙汰にも興味がなく、「バラ色」ならぬ「灰色の高校生活」の望む省エネ人間。

ところが、姉の供恵(雪野五月)から、部員がいなくて廃部寸前の「古典部」に入部するよう命令を受ける。

しかし、部室である地学準備室の鍵を開けて中に入ると、自分一人だけと思っていた「古典部」にもう一人、同じ1年生の千反田える(佐藤聡美)も入部していたことを知る。

他に部員がいるなら自分が入部する必要はないだろうと入部を取りやめ、えるに戸締りを頼んで帰ろうとする奉太郎だったが、えるは「鍵を持っていないので戸締りができない」と引き留める。

えるが部室に来た時に鍵は開いていた、しかし奉太郎が来た時に地学準備室には鍵がかかっていた。しかし神山高校のドアは中も外も鍵でないとロックできない仕組みになっているため、えるが中から鍵かけることは不可能である。

その不可思議な状況に対して持ち前の強烈な好奇心を発揮し、「私、気になります!」と、奉太郎に詰め寄る える。

その不思議な迫力に負けた奉太郎はその場の状況から推論を述べ始める・・・

みどころ

大人気ライトノベルのアニメ化!

2001年10月から刊行され、シリーズ累計245万部を突破した、米澤穂信の大人気ライトノベル系理小説シリーズ「〈古典部〉シリーズ」を、第一作目のタイトル「氷菓」のタイトルでアニメ化。

個性豊かな4人の古典部部員が学校内で起こる様々な不思議や謎を紐解いていく学園ミステリーです。

学校内に潜む謎を解いていく学園ミステリー

一口に学園ミステリーといっても、いつのまにか密室になっていた教室、誰もいない音楽室に現れた女生徒の幽霊、学校内で密かに活動しているという秘密クラブの噂、図書室から毎週必ず借り出される本・・・といった学園の七不思議的なものがほとんど。

そんな人によって気のせいで済ませてしまうようなささいな出来事に対し、ヒロインの千反田えるは持ち前の好奇心から「私、気になります!」と問いかけ、その熱意に巻き込まれた主人公の折木奉太郎状況と残された手がかりから謎を解き明かしていく、というスタイルで話は進んでいきます。

おどろおどろしい猟奇的な殺人事件は一切ありませんが、中には胸を刺すような切ない結末を迎えるものもあり、見ごたえがありました。

京アニによる美麗なアニメーション

アニメ「氷菓」を語るにはやはりアニメを制作した京都アニメーションを忘れるわけにはいきません。

「フルメタル・パニック? 」シリーズ、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ、「らき☆すた」、「けいおん! 」、「たまこまーけっと」、「響け! ユーフォニアム」など数々の名作を世に生み出してきたアニメ制作会社の一流のスタッフの手によって指先一つ瞬き一つから丁寧に描かれた美麗な作画や、原作に真摯に向き合うストーリー構成で、アニメファンのみならず「〈古典部〉シリーズ」の原作ファンからも高い評価を受ける作品になっています。

京都アニ放火事件の犠牲者も参加

このような素晴らしい作品を生み出した京都アニメーションですが、2019年7月18日、京都市伏見区にあった第1スタジオで放火による火災が発生し建物が全焼。35名という犠牲者を出すという痛ましい事件が起こったことは皆さんの記憶にも新しいと思います。

2019年8月2日に犠牲者のうち遺族が了承し氏名が発表された10人の中に「氷菓」の監督の武本康弘さんキャラクター原案・デザイン・総作画監督の西屋太志さんのお名前があり言葉を失いました。
また氏名が公表されていない犠牲者の方の中にも「氷菓」に携わった方が多くいらっしゃると思うと本当に本当に残念でなりません。

亡くなられた方々のご冥福と、負傷者の方々の一日も早いご回復を心からお祈りします。

アニメを見ない方にもお勧めしたい作品

平成以降最悪の放火事件となってしまった京都アニメーション放火事件はニュースなどで大々的に取り上げられ、普段アニメを見ない方々にも強い印象を残したことと思われます。

「氷菓」はアニメーション作品の中でも、いかにもアニメ的なド派手な演出やキラキラ感も、不必要な暴力シーンやお色気シーンもありませんし、学校内のふとした謎を解いていく学園青春ミステリーなので現在学生生活を送っている方にも元学生の大人世代の方にも受け入れられやすい作品ではないでしょうか。

事件がきっかけで京都アニメーションに興味を持った方に是非お勧めしたい作品です。

登場人物/キャスト

折木 奉太郎(おれき ほうたろう)

声:中村悠一
神山高校1年B組。「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことは手短に。」がモットーの省エネ主義者。
姉からの脅迫に近い勧めをきっかけに廃部寸前だった古典部に入部する。
成績は中程度だが卓越した洞察力の持ち主で、千反田えるに促される形で学校の中で起こる謎を解いていく。

千反田 える(ちたんだ える)

声:佐藤聡美
神山高校1年A組。神山市の四名家の一つである豪農・千反田家の一人娘。
消息不明の伯父・関谷 純と古典部に関わる過去を探るために古典部へ入部し、部長となる。
成績優秀な優等生で、おっとりとした清楚な見た目に似合わず実は好奇心旺盛で猪突猛進。「私、気になります」の一言で奉太郎を謎解きに巻き込んでいく。

福部 里志(ふくべ さとし)

声:阪口大助
神山高校1年D組。奉太郎とは中学時代からの親友。
手芸部と総務委員会に入るが、奉太郎につられて古典部にも入部する。
興味があることしかやらない主義だが、広く浅く何事にも首を突っ込むタイプ。
古今東西の知識・雑学に精通している自称「データベース」だが、「データベースは結論を出せない」が口癖で推理は奉太郎たちに任せている。

伊原 摩耶花(いばら まやか)

声:茅野愛衣
神山高校1年。奉太郎とは小中学校9年間ずっと同じクラスだった腐れ縁。
図書委員と漫画研究会に所属するが、好意を寄せている里志を追って古典部に入部する。
背が低く童顔だが気が強く、他人にも自分にも厳しいタイプ。特に奉太郎に対する当たりが厳しい。

折木 供恵(おれき ともえ)

声:雪野五月
奉太郎の姉で大学生。文武両道かつ非常に活動的で、特技は合気道と逮捕術。奉太郎にとって頭の上がらない存在。神山高校古典部OGで、廃部寸前の古典部を存続させるため奉太郎入部を命じる。
現在は世界中を旅行しているためエアメールや電話で登場。

関谷 純(せきたに じゅん)

えるの伯父。45年前に神山高校に在籍し、古典部に所属していた。
温厚で博識な人物で、幼い頃のえるもよく懐いていたが、7年前にインドに行ったきり消息を絶つ。

Hulu配信中の京都アニメーション制作作品

哀しい事件に巻き込まれてしまった京都アニメーションですが、京アニ作品をたくさん見てその魅力をいつまでも語り継いでいくことも支援のひとつになります!

Huluでは「氷菓」をはじめ、以下の作品が配信中です。

フルメタル・パニック! The Second Raid(2005年)(08/31配信終了)
らき☆すた(2007年)
涼宮ハルヒの憂鬱 (2009年放送版)
涼宮ハルヒの消失(2010年)
日常(2011年)
氷菓(2012年)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください