Hulu配信中「ゲーム・オブ・スローンズ」の用語集

世界中が熱狂するスペクタクル歴史群像劇「ゲーム・オブ・スローンズ」はHuluで第1章から第7章まで全話配信中です!(2019年7月5日現在)

「ゲーム・オブ・スローンズ」の用語についてまとめてみた!

2011年の放送以来、その超弩級の壮大な世界観に世界中が魅了され、テレビ界のアカデミー賞とも言われるエミー賞やゴールデングローブ賞を総なめした大人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。

しかし、一から作り込まれた架空の世界を舞台に、独自の用語が頻出するため意味が分からず混乱してしまうことも・・・?

そこで今回は「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界をより詳しく知るため、作中に出てくる用語についてまとめてみました!

あ行

アイアン・バンク
ブレーヴォスの大銀行。諸外国にも敵味方の関係なく資金を用立てるが、返済には厳しい。

アイス

エダード・スタークが愛用していたヴァリリア鋼の大剣。

アイリー城(高巣城)
アリンの谷間を統治するアリン家の本拠地。

アスタポア
エッソス大陸の奴隷商人湾の3つの都市の中で最も豊かな都市。巨大なハーピーの像で有名。

アッシャイ
エッソス大陸のドスラクの海の南にある港湾都市。多くの秘密の知識が蓄えられている。

アンダル人
2000年ほど前にエッソスから襲来しウェスタロスを征服した民族。七王国の元となる6つの王国を創建する。

アンサリード
「穢れなき軍団」。去勢された奴隷たちによって構成されたアスタポアの歩兵軍団。

イーストウォッチ(東の物見城)
「壁」の東部の海に面した城。

古の神々(いにしえのかみがみ)
「最初の人々」が「森の子ら」から学んだ古い宗教。北部では現在でも多くの人々に信奉されている。

ヴァエス・ドスラク
ドスラクの海にある集落。ドスラク人たちの首都的な場所であり、聖域として崇められる。

ヴァリリア
古代のエッソス大陸を支配していた大帝国ヴァリリア永世領の主都。ターガリエン家発祥の地。

ヴァリリア鋼
ヴァリリア帝国で作られた特殊な鋼鉄。その精製技術は帝国の滅亡とともに失われているため大変貴重。ヴァリリア鋼で作られた武器は軽く鋭く強靭で、名家の家宝となっている。

ウィアウッド(心の木)

ウェスタロス中に自生する落葉樹で、白い幹と血のように赤い葉と樹液が特徴。
「古の神々」の信仰の拠り所として神の顔が彫られ、その溝から流れる樹液が血の涙のように見える。

ウィンターフェル
北部を治めるスターク家の本拠地。

ヴェイル(アリンの谷間)
月の山脈に囲まれた肥沃な谷。アリン家が統治し、高巣城(アイリー)にその本拠地を置く。

ウェスタロス
七王国のある大陸。一つの季節が不規則に数年間も続き、その長さは予測が出来ない。

ウォーグ(狼潜り)
動物の意識に入って自由に操る能力者。スキンチェンジャー(皮装者)とも呼ばれる。

ヴォランティス
エッソス大陸の南西部にある自由都市。

エイゴン征服王
エイゴン・ターガリエン一世。妻でもある2人の姉妹と共に3匹のドラゴンを操って七王国を征服し、ウェスタロスにターガリエン統一王朝を開く。

エイリス狂王

エイリス・ターガリエン二世。ターガリエン王朝最後の王。若い頃は名君であったが、年を経るとともに残忍になり「狂王」と呼ばれるようになる。

エッソス
ウェスタロスの東、狭い海(ナローシー)の向こう側に広がる巨大な大陸。

オウス・キーパー(誓約を果たすもの)
エダード・スタークの愛剣アイスから鍛え直されたヴァリリア鋼の剣の一つ。ジェイミー・ラニスターからブライエニーに贈られる。

王室領
ブラックウォーター川河口に広がる土地。王都キングズ・ランディングを中心とし、王に直接統治されている。

王の小評議会

王国の政治を担う大臣や重臣たちの議会。内閣に相当する組織。

王の手
王の片腕ともいえる宰相。王が不在の際はその代理となって政治を司る。

王の道
ウェスタロス大陸の中央を南北に走る道。

落とし子
七王国の高貴な人物が正式な婚姻を結んだ相手以外と生した子供の呼び名。嫡子とは大きく差別され、相続権もない。親の名字を名乗れず、「スノウ」や「サンド」といった地域ごとの特定の名字が与えられる。

か行

カースル・ブラック
「黒の城」。「壁」に沿うように建てられた「冥夜の守人」が守る19の城の一つ。「冥夜の守人」の本拠地である最大の城。

カール
草原に住む遊牧民ドスラクの族長(部族の王)の呼び名。

顔のない男たち
自由都市ブレーヴォスにある寺院「黒と白の館」に本拠地を置く暗殺者のギルド。

寡妃の会(かふのかい)
ヴァエス・ドスラクにあるドスラク人のカール(族長)の未亡人たちの集まり。夫を亡くすと強制的に
連れてこられる。

「壁」

8000年前に建設された七王国の北の境界にそびえ立つ石と氷と魔法で出来た巨大な防御壁。北から迫る「異形」の脅威から人々を守る。

「神々の森」
「古の神々」を祭る森。 中心に「心の木(ウィアウッド)」が植えられており、北部の者はその下で婚儀などの誓いを立てる。

カリーシ
1、ドスラクの族長(部族の王)の妻の呼び名。
2、ドスラクの女族長(女王)の呼び名。カール・ドロゴ亡き後一族を率いたデナーリス・ターガリエンにのみ使われる。

キャスタミアの雨
ラニスター家の旗主レイン家が起こした反乱と敗北を語った歌。タイウィン・ラニスターの冷酷さを物語っており、ラニスター家の兵士たちの間で歌われている。

キングズ・ガード(王の盾)

王の護衛騎士団。騎士にとって最高の名誉職。トレードマークは白のマント。

キングズ・ランディング
七王国の王都。かつてエイゴン征服王が最初に上陸した地。

キング・スレイヤー(王殺し)
ジェイミー・ラニスターのあだ名。「王の盾」の一員でありながら狂王エイリスを殺害したことに対する蔑称。

クァース
エッソス大陸南東の裕福な商業都市。13人の有力者から成る「十三人組」によって統治されている。

グリーンサイト(緑視者)
過去や未来、遠くの場所を見ることができる能力者。「狼潜り」の千人に一人の割合で現れる。

グレイスケール(灰鱗病)
体が石化していく伝染性の不治の病。進行すると自我を喪って狂暴化した「石化人」になる。

鉄諸島(くろがねしょとう)
ウェスタロス大陸の西岸沖にある諸島。パイクのグレイジョイ家が領主として島々を統べる。

「黒と白の館」

自由都市ブレーヴォスにある、「数多の顔をもつ神」を信仰する寺院。暗殺者ギルド「顔のない男たち」の本拠地でもある。

芥子の汁
メイスターや治療者が使用する鎮痛剤。

決闘裁判
七王国で行われる決闘による裁判。被告と原告のどちらも代理に戦う者を選ぶことができる。

五王の戦い
ロバート王の死後、王を主張するバラシオン家のジョフリー、レンリー、スタニスの3人と、北部のロブ・スターク、鉄諸島のベイロン・グレイジョイが起こした戦い。

「小鳥たち」
王家の諜報機関の長・ヴァリスが指揮するスパイたち。特に子供達を指す。

さ行

最初の人々
古代、東の大陸エッソスからウェスタロス大陸に渡来した戦闘民族。

サンスピア
ドーンを治めるマーテル家の本拠地。

シタデル(知識の城)
ウェスタロス最古の都市・オールドタウンにあるメイスターの学舎。

七王国
かつてウェスタロスに君臨していた独立王国の総称。北の王国、鉄諸島の王国、岩の王国、谷間の王国、嵐の王国、河間平野の王国、ドーンの7つとリヴァーランドと現在の王室領で構成される。数百年前侵略してきたターガリエン家によって制圧され、統治される。

七神聖教
アンダル人が大陸を征服した時にこの地に持ち込まれたウェスタロス最大の宗教。

シティ・ウォッチ(王都の守人)

王都を守る警備隊。トレードマークは金のマント。

十三人組
エッソス大陸南東部のクァースを統治する、13人の有力者から成る組合。

自由都市
エッソス大陸西部の沿岸部と島にある、ライス、ミア、ペントス、ブレーヴォス、ロラス、ノーヴォス、クォホール、ヴォランティス、タイロシュの九つの独立した都市国家。

雀(すずめ)
七神正教の教義を厳格に守る原理主義者一派。背信者たちを厳しく取り締まる等の過激派で狂信者集団として恐れられている。

スチュアード(雑士)
「冥夜の守人」の役職の一つ。料理や掃除といった日常の雑事を行う

ストームランド
キングズ・ランディングとドーン海の間の土地。代々バラシオン家によって統治される。

サンド・スネーク(砂蛇)
ドーンのオベリン・マーテルの落とし子である3人の女戦士の総称。

聖兵

七神正教の軍事組織。長らく廃止されていたが、太后の許可を得てハイ・スパロウが復活させる。

セカンド・サンズ(次子)
ユンカイを防衛する傭兵軍団。

摂政太后
ロバート王の死後、その息子ジョフリーが王位継承した後のサーセイの地位。

セプトン/セプタ
七神正教の司祭。男性は「セプトン」、女性は「セプタ」と呼ばれる。教会に使える他、良家の子女の教育係になることも。

選王民会
鉄諸島の王を選ぶ集会。

た行

ターガリエン王朝
征服王と呼ばれたエイゴン・ターガリエン一世によって開かれた統一王朝。その治世は300年間続いていた。

ツインズ(双子城)
タリー家の旗主の1人・ウォルダー・フレイの居城。トライデント河の緑の支流の両岸の城。関門橋を守る。

使い鴉(つかいがらす)
遠隔地との通信に使われる鴉。メイスターによって管理され、長距離間の飛行も可能。

溺神
鉄諸島の独自の宗教。海に住む神を崇める。

鉄の玉座(てつのぎょくざ)

七王国を統べる王の玉座。数百年前に征服王エイゴンが倒した敵の剣1000本をドラゴンの炎で溶かして作ったと言われる。

ドーン
ウェスタロス最南部に位置する地。マーテル家が統治し、サンスピアにその本拠地を置く。

ドスラク人
エッソス大陸の中央部に広がる平坦な草原「ドスラクの海」に住む勇猛な戦闘騎馬民族。

ドラゴン

皮の翼で空を飛び、炎を吐く巨大な爬虫類。ターガリエン家の血の濃い者はドラゴンと絆を結ぶことができ、征服王エイゴンは3頭のドラゴンを伴って七王国を統一した。
物語の当初ドラゴンは絶滅したとされ、石化したドラゴンの卵だけが残るのみだったが、ダーガリエン家の末裔・デナーリスが3個の卵の孵化に成功し復活する。

ドラゴンストーン
ブラックウォーター湾にある王室領の島と城。ロバート王の弟・スタニス・バラシオンの本拠地。

奴隷商人湾
エッソス大陸のドスラクの海の南に位置する3つの港湾都市国家。奴隷貿易によって発展している。

な行

ナイツ・ウォッチ(冥夜の守人)

「壁」を守る黒衣の軍団。別名「誓約の兄弟(スウォーン・ブラザー)」、蔑称「鴉(からす)」。

ナロー・シー(狭い海)
ウェスタロス大陸とエッソス大陸の間にある海。

ニードル(針)
ジョン・スノウが異母妹のアリア・スタークに贈った剣。針のように細くて軽い。

蚤の溜まり場(のみのたまりば)
キングズ・ランディングで一番大きなスラム街。貧しい人々が暮らし、治安も衛生状況も非常に悪い。別名「蚤の底」。

は行

ハードホーム(堅牢な家)
「壁」の北の東岸にある「野人」の居住地。

ハーピーの息子たち
デナーリスの支配に対抗するために組織されたミーリーンの旧支配者層による秘密テロ組織。

パイク

鉄諸島を治めるグレイジョイ家の本拠地。

ハイ・スパロウ(雀聖下)
七神正教の狂信者集団「雀」の指導者。

ハイ・セプトン
七神正教の七神正教の最高位である総司祭の称号。

ハレン暗黒王
かつてリヴァーランドまで支配の手を伸ばしていた鉄諸島の王。「ハレンの巨城」を築くがエイゴン征服王によって滅ぼされる。

ハレンホール(ハレンの巨城)
かつてハレン暗黒王がリヴァーランドに築いた史上最大の城。征服戦争の際にドラゴンが吐いた石を溶かすほどの高熱の炎に焼かれ、現在では城主もなく無残な姿の状態で残されている。

ビルダー(工士)
「冥夜の守人」の役職の一つ。「壁」補修し武器を作る。

ブラザーフッド(旗印なき兄弟団)
リヴァーランドの民たちを侵略者から守るために戦う自警団。中央からは反抗勢力とみなされている。

ブランドン建設王
8000年前に「森の子ら」や「巨人」と協力して「壁」を建設した「最初の人々」の王。スターク家の祖先。

ベア・アイランド

「熊の島」北部西岸沖にある島。スターク家の旗主モーモント家が治める。

ベイラー大聖堂
王都にある七神正教の総本山である聖堂。

北部
ウェスタロス大陸の北半分。古来よりウィンターフェルに本拠地を置くスターク家が統治している。

ホワイト・ウォーカー(異形)

「壁」の北側で発見された未知の力を持つ邪悪な生物。背が高く痩せた人型をしており、光る青い目と高い知性を持つ。

ま行

ミーリーン

奴隷商人湾最大の都市。巨大なピラミッドと「美の三女神」の神殿で有名。

三つ目の鴉
ブランの夢の中に何度も現れる目が三つある鴉。ブランを「壁」の北に導く。

メイスター
幅広い知識を持ち、為政者の助言者、医者、学者、通信係として七王国の王や領主に仕える「学匠」。

森の子ら(もりのこら)
古代からウェスタロス大陸に住んでいたと言われる、魔法を使う小柄な種族。

や行

野人(やじん)

「壁」の北側の七王国の支配が及ばない土地に住む人々の総称。

山の民(やまのたみ)
ヴェイルの「月の山脈」に住む野蛮な山賊。

ユンカイ
奴隷商人湾にある3都市のうち最小の都市。闘技場と売春宿で有名。

夜の王


「異形(ホワイト・ウォーカー)」の指導者。「亡者」の大軍を率いて「壁」を超え七王国を襲う。

ら行

リーチ(河間平野)
マンダー河流域の肥沃な平野。タイレル家が統治し、ハイガーデンにその本拠地を置く

リヴァーランド
トライデント河流域に広がる肥沃な地。タリー家が統治し、リヴァーランにその本拠地を置く

ル=ロール(光の王)
主にエッソス大陸で信じられている宗教。火を使った暗黒の儀式を行う。

レッドキープ

「赤の王城」キングズ・ランディングのエイゴンの丘に建つ王城。「鉄の玉座」がある。

レンジャー(哨士)
「冥夜の守人」の役職の一つ。〈「壁」の北側に赴き偵察を行う。

ロバートの反乱
物語の十数年前、ロバート・バラシオンが起こしたターガリエン王朝への反乱戦争。別名「簒奪者の戦争」。

ロングクロウ
モーモント家に伝わるヴァリリア鋼の剣。ジオー・モーモントからジョン・スノウに贈られる。

わ行

ワイルドファイア(鬼火)
光る緑色の燃える液体。非常に高温になる「炎素」を使用しており、少量でも大爆発を起こす。
滅亡したドラゴンに変わるダーガリエン家の武器としてキングズ・ランディングで火術師の手によって開発される。

ゲーム・オブ・スローンズはHuluで第7章まで全話配信中!

Huluでは第1章から最新の第7章まで全話配信中です!(2019年5月8日現在)

第一章 七王国戦記の感想は こちら!
第二章 王国の激突の感想は こちら!
第三章 戦乱の嵐-前編-の感想は こちら!
第四章 戦乱の嵐-後編-の感想はこちら!
第五章 竜との舞踏 の感想はこちら!
第六章 冬の狂風 の感想はこちら!
第七章 氷と炎の歌 の感想はこちら!

そして待望の最終章が2019年4月15日世界同時放送開始!
Huluでの配信が待ち遠しいですね!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください