松岡茉優主演映画「勝手にふるえてろ」がHuluで配信開始!

松岡茉優主演の、脳内恋愛とリアル恋愛の間で揺れるこじらせ系女子を描いたラブコメディ映画「勝手にふるえてろ」はHuluで配信中です。(2019年6月25日現在)

「勝手にふるえてろ」公式サイト:furuetero-movie.com/

「勝手にふるえてろ」をHuluで見た感想

2017年12月23日公開。配給はファントム・フィルム。1時間57分。

「この恋、絶滅すべきでしょうか?」

24歳のOL・ヨシカは中学の同級生「イチ」へ10年間脳内で片思い中のこじらせ系女子。そんなヨシカに会社の同期の「ニ」が熱烈なアプローチをしかけ交際を申し込んでくる。
“脳内片思い”と“リアル恋愛”の間で揺れる絶滅危惧種ヒロインによる暴走ラブコメディ!

主演はドラマ「あまちゃん」(2013年)、映画「ちはやふる」(2016、2018年)や「万引き家族」(2018年)の出演等で脚光を浴びた若手実力派女優・松岡茉優。主人公が恋をする「イチ」役をダンスロックバンド・DISH//のリーダー・北村匠海、主人公に恋をする「ニ」役をロックバンド黒猫チェルシーのボーカル・渡辺大知が演じる。

原作

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」

2004年に「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を受賞した綿矢りさによる恋愛小説。文藝春秋「文學界」
2010年8月号で発表され、後に加筆修正を経て刊行。第27回織田作之助賞候補作。

単行本
文藝春秋 2010年8月30日刊行

文庫版
文藝春秋 文春文庫より 2012年8月3日刊行
2012/8/3

スタッフ

監督・脚本:大九明子
音楽:高野正樹
撮影:中村夏葉
照明:疋田淳
美術:秋元博
録音:小宮元
衣装:宮本茉莉
制作プロダクション:ホリプロ
製作:映画「勝手にふるえてろ」製作委員会(メ〜テレ、ホリプロ、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ファントム・フィルム、Easy Japan、朝日新聞、ヒョウゴベンダ)

主題歌

黒猫チェルシー「ベイビーユー」

あらすじ

江藤良香(ヨシカ/松岡茉優)、24歳。趣味は絶滅した動物をネットで調べ、その記事を読み漁ること。
会社では経理部に所属し、毎日伝票を見ながら電卓を叩く地味な日々を過ごしている。

しかし、ヨシカは中学生の時から同級生「イチ」(北村匠海)10年間ずっと片思い中!

といっても、クラスの人気者だったイチに告白するどころか見つめることさえできず、視野の端で見る「視野見」という独自の技を開発してその姿を盗み見したり、イチをモデルにした王子を主役にした漫画をノートに描いたりしかできず、現在ではイチを脳内に召喚し、何回か交わした会話を繰り返し思い出す「脳内恋愛」状態だった。

そんなヨシカを何故か熱烈に愛し、「俺と付き合ってください!」と告白してきた男がいた。
営業部所属の会社の同期「ニ」(渡辺大知)からの突然の告白にテンションが上がるヨシカだったが、いまいち乗り切れない・・・

“脳内片思い”と“リアル恋愛”の2人の彼氏(?)の間で揺れる、ひねくれ者で夢見がちな絶滅危惧ヒロイン・ヨシカの明日はどっちだ⁈

みどころ

松岡茉優、こじらせ系女子を熱演!

朝ドラ「あまちゃん」、ドラマ「コウノドリ」「うちの夫は仕事ができない」、また映画「桐島、部活やめるってよ」「ちはやふる」、「万引き家族」などで鮮烈な印象を残してきた女優・松岡茉優さんの初主演映画であるこの「勝手にふるえてろ」

それまでの作品で様々な役柄を演じてきた松岡さんが「勝手にふるえてろ」で挑戦したのは、ひねくれていて自分勝手で夢見がちな「こじらせ系女子」でした。

映画ドラマには、「旬の美人女優が演じる“ダメ女”、元のビジュアルがいいから結局そんなにダメに見えない」という現象が起こりがちなものですが、松岡茉優さんの場合は見ているこちらが頭を抱えお腹が痛くなるほどにこじらせ系ダメ女を繊細かつ熱く演じきっています!

「イチ」と「ニ」の間で揺れ動く女心に共感!

映画「勝手にふるえてろ」の主人公・ヨシカは中学生のころから“脳内片思い”し続けている「イチ」とと「付き合おう」と言ってくれた“リアル恋愛”の彼氏候補「ニ」との間で揺れ動きます。

10年もの間繰り返し妄想してきて脳内でどんどん美化されていく初恋の人「イチ」と、全然好みじゃないんだけど、現在の自分を好きだと言ってくれる「ニ」。これが現実的になっているアラサー女子だったら「ニ」を選ぶと思うんですが、夢見がちな20代半ばの女子だったら揺れちゃいますよね・・・。

しかも、北村匠海さん演じるシュッとした王子様のような「イチ」と、渡辺大知さん演じるちょっとウザい残念な男子の「ニ」が好対照で、また女心を揺さぶってきて、「ああ、ヨシカの気持ち分かるわ・・・」と強く共感してしまいました。

【ネタバレ注意】コメディと見せかけて心をえぐる暴走ラブストーリー

以下はほんの少しラストシーンについて触れているので、折りたたませていただきます。
ネタバレOKな方は以下をクリックしてください。

中学時代スクールカースト下位にいた「陰キャ」のヨシカが、クラスのみんなから愛される「陽キャ」のイチ「身分違いの恋」をしてしまい、それを脳内でずっと反芻し続けている・・・というところから始まるストーリーの「勝手にふるえてろ」。

思春期の女の子が持つ「イタさ」を抱えたまま大人になってしまったヨシカの生きづらさをコメディタッチに描いているので、あははと笑って見ながらもゴリゴリと心をえぐられる、見る者によっては非常にしんどい作品です。

しかし、その分ラスト10分で感情をぶつけ合うヨシカとイチのやりとりにときめき、悶え、果てしないカタルシスを感じ、見ている私も「勝手にふるえて」いました。

そして最後に流れる、渡辺大知さんがボーカルを務める黒猫チェルシーの「ベイビーユー」がまた、すごく良いのです・・・!

なんというか、この世に生きづらさを感じているこじらせ系女子みんなに見てほしい作品です。

名バイプレイヤーが多数出演!

「勝手にふるえてろ」では主演の松岡さんと相手役の二人の熱演を支える脇役陣が豪華なのも見逃せません。近頃とみにドラマや映画への出演が増えている、古舘寛治さん、前野朋哉さん、池田鉄洋さんのお三方が一つの作品に集合している上に、最近存在感を増している若手女優・趣里さん、バイプレイヤー界の横綱・片桐はいりさんが加わっているという非常に贅沢な布陣!

バイプレイヤー通の方々にもぜひ見て頂きたいですね!

登場人物/キャスト

江藤良香(ヨシカ)

演:松岡茉優
24歳のOL。経理部所属。
10月生まれB型。北国育ちの一人っ子。24年間彼氏なし。
趣味はネットで絶滅した動物を調べること。
職場では寡黙だが、実際はかなりのおしゃべりで毒舌。
中学校の同級生のイチに10年間ずっと脳内片思いをしている。
視野の端で見ると書いて「視野見」という技を開発し、イチの姿をずっと盗み見ていた。

イチ(いち)

演:北村匠海
名字は一宮(いちみや)
ヨシカが中学生の時から10年間脳内で片思いし続けている同級生。
クラスのマスコット的存在としてみんなから愛され、いじられていた。

ニ(に)

演:渡辺大知
名字は霧島(きりしま)。
ヨシカと同期入社の社員で営業二課所属。
数字の2の書き方が独特で、ヨシカとクルミに陰で「ニ」と呼ばれている。
スポーツやアウトドアが好きな体育会系男子。
経理部に出入りするうちにヨシカのことを好きになる。

月島来留美(クルミ)

演:石橋杏奈
ヨシカと同期入社で経理課の隣の席に座る同僚。
休憩時間に恋バナをする程度に仲はいいが、プライベートでの付き合いはない。

ヨシカの話し相手

オカリナ
演:片桐はいり
ヨシカのアパートの隣人。いつもオカリナを吹いている。

釣りおじさん
演:古舘寛治
朝から晩までいつも釣りをしているおじさん。

金髪店員
演:趣里
ヨシカがよく行くハンバーガーショップの店員。

駅の駅員
演:前野朋哉
ヨシカが利用している最寄り駅の駅員。

整体師
演:池田鉄洋
ヨシカが通う整体院の整体師。

編み物おばさん
演:稲川実代子
ヨシカが通勤中のバスで隣に座るおばさん。ずっと編み物をしている。

コンビニ店員
演:柳俊太郎
ヨシカがよく行くコンビニの店員。

和菓子屋店員
演:原扶貴子
ヨシカが菓子折りを買いに行った店の店員。

ヨシカの職場

経理課長
演:仲田育史
ヨシカの直属の上司。
フレディ・マーキュリーに似ているためヨシカに陰で「フレディ」とあだ名をつけられている。

高杉
演:松島庄汰
営業一課所属。クルミが思いを寄せている意識高い系男子。
ヨシカに陰で「できすぎ君」とあだ名をつけられている。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください