Hulu配信中「ゲーム・オブ・スローンズ」の「エッソス大陸」の人々を徹底分析!

世界中が熱狂するスペクタクル歴史群像劇「ゲーム・オブ・スローンズ」はHuluで第1章から第7章まで全話配信中です!(2019年6月18日現在)

「ゲーム・オブ・スローンズ」の人物についてまとめてみた!

2011年の放送以来、その超弩級の壮大な世界観に世界中が魅了され、テレビ界のアカデミー賞とも言われるエミー賞やゴールデングローブ賞を総なめした大人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」

しかし、一から作り込まれた架空の世界を舞台に、あまりに多くの人物が次々と登場しては消えていくため、混乱してしまうことも・・・?

そこで、「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界をより詳しく知るために、今回は主人公の1人であるデナーリス・ターガリエンが躍進した地「エッソス大陸」に住む人々についてまとめてみました!

自由都市

エッソス大陸西部の沿岸部と島にある、ライス、ミア、ペントス、ブレーヴォス、ロラス、ノーヴォス、クォホール、ヴォランティス、タイロシュの九つの独立した都市国家。

かつては古代ヴァリリア永世領の植民地だったが、ヴァリリアが滅亡すると独立を宣言し、それぞれ独自の文化を形成する。

ブレーヴォス

エッソス大陸の北西の端の海に広がる100以上の島から成る都市である。巨像の形の砦「ブレーヴォスの巨人」が有名。豊かな水利を利用した貿易業が盛んで、七王国をはじめ様々な土地との交易によって富を築く。

アイアンバンク

ブレーヴォスの大銀行。
諸外国にも資金を用立てており、特にウェスタロスのバラシオン王家は莫大な額の借金をしている。
ロバート王の死後「五王の戦い」が起こると敵味方の関係なく貸し付けを行う。一方で返済には厳しく、あらゆる手段を使って回収する。

ティコ・ネストリス
演:マーク・ゲイティス
吹替え: 田中一永
「アイアンバンク」の重役。
利益第一のシビアな行員で、ウェスタロスの様々な名家に対して貸し付けや返済を行う。

第一章でアリア・スタークに「水のダンス」と呼ばれる剣技を教えた剣士シリオ・フォレルはブレーヴォスの出身。

また、アリアが助けたジャクェン・フ=ガーが所属し、後にアリア自身も加わる暗殺者のギルド「顔のない男たち」の本拠地である「黒と白の館」もこのブレーヴォスにあり、アリア・スタークに縁の深い土地となる。

ペントス

西岸の湾にある大きな貿易港。
交易で財を成した豪商(マジスター)たちが実権を握り、時折ドスラクの海からやってくるドスラクの~ザール(部族)に貢物を納めて略奪を回避している。

イリリオ・モパティス

演: ロジャー・アラム
ペントスの豪商
ウェスタロス大陸で「ロバートの反乱」から逃げ延びたターガリエン王朝の遺児であるヴィセーリスとデナーリス兄妹を庇護する支援者の一人。
王子ヴィセーリスによる「鉄の玉座」奪還の軍勢を得るために、妹姫のデナーリスとドスラクのカール・ドロゴとの政略結婚を整え、その結婚式の祝いとして石化したドラゴンの卵3個をデナーリスに贈る。

奴隷商人湾

自由都市のはるか東、ドスラクの海の南に位置するユンカイ、ミーリーン、アスタポアの3つの港湾都市国家。都市機能や経済を奴隷による労働と奴隷貿易に大きく依存。住民はヴァリリア語を話す。

いずれの都市でも奴隷たちは過酷な労役や兵役を与えられ、剣闘士は闘技場で殺し合いをさせられるといった劣悪な環境の中にいる。

アスタポア

「穢れなき軍団(アンサリード)」を擁する「善良なる親方」と呼ばれる奴隷商人達によって支配される奴隷商人湾の3つの都市の中で最も豊かな都市。古代ギスカル帝国の象徴であるハーピーの像が置かれている。

穢れなき軍団

奴隷の青年たちによって構成された歩兵の軍団。
幼いうちに集められ、去勢されると同時に「蛆虫」「蚤」「ネズミ」といった差別的な奴隷の名を与えられ、主人に対して絶対服従するように徹底的に訓練される。

クラズニス

演: ダン・ヒルデブランド
アスタポアの奴隷商人「善良なる親方」の一人。
非常に尊大で横柄な人物でデナーリスを小娘と侮るが、彼女のドラゴン1匹と8000人の「穢れなき軍団」を交換する。

ユンカイ

「賢明なる親方」と呼ばれる奴隷商人たちに支配される奴隷商人湾の3都市最小の都市。闘技場と売春宿で有名。

約4000人の職業兵士と奴隷の混成軍と、傭兵軍団「次子(セカンド・サンズ)」によって守られている。

次子(セカンドサンズ)

ユンカイを防衛する傭兵軍団。2000人の武装騎兵で構成されている。
司令官はブレーヴォス人で「タイタンの落とし子」と呼ばれるメロ、副長はプレンダール・ナ・ゲズン、ダーリオ・ナハリス

ミーリーン

「偉大なる親方」と呼ばれる奴隷商人たちに支配される奴隷商人湾の3都市最大の都市。アスタポアとユンカイを合わせた数の人口を誇る。巨大なピラミッドと、黄金のドームを頂上部にいだく「美の三女神」の神殿で有名。

ヒズダール・ゾ・ロラク

演: ジョエル・フライ
吹替え:玉木雅士
ミーリーンの裕福な名家「偉大なる親方」の家の出身の青年。
父親はミーリーン陥落後にデナーリスに磔にされるが、自身は統治を始めたデナーリス服従する。
デナーリスと旧支配層達の間に立ち、市民たちの反発を避けるために闘技場の再開を繰り返しするようデナーリスに進言する気骨を見せ、デナーリスに政略結婚の相手として選ばれる。

ハーピーの息子たち

デナーリスの支配に対抗するために組織されたミーリーンの旧支配者層による秘密組織。
「穢れなき軍団」の暗殺やテロ行為でデナーリスの統治を脅かす。

ドスラクの海

エッソス大陸の中央部に広がる平坦な草原。勇猛な戦闘騎馬民族ドスラク人が住む。

ドスラク人は「カール」と呼ばれる族長に率いられる部族(カラザール)単位で行動し、戦闘と略奪で生計を立てる。使用する言語はドスラク語。

ヴァエス・ドスラク

ドスラク人は基本的にドスラクの海を移動して暮らすが、唯一ヴァエス・ドスラクと呼ばれる集落が彼らの首都としての機能を持つ
聖域と崇められているヴァエス・ドスラクの中では戦って血を流すことを禁じられている。

族長の妻となったものは、夫を失うと「寡婦の会」と呼ばれる集団に属し、ヴァエス・ドスラクから出ることを禁じられる。

カール・ドロゴ

演: ジェイソン・モモア
吹替え:木村雅史

草原に住む遊牧民ドスラクの王(カール)
屈強な戦士たちを束ねる野蛮で恐ろしげな族長だが、政略結婚で妻となったデナーリスを愛し、やがて彼女の望み通りウェスタロスを侵略することを誓う。

しかしその進軍の途中で怪我を負い、呪術師の呪いを受け植物状態に陥った末に命を落とす。

デナーリスのお気に入りの強く黒いドラゴンは、ドロゴにちなんでドロゴンと名付けられる。

ラカーロ

演: エリス・ガベル
カール・ドロゴに仕えるドスラク人の血盟騎手
ドロゴの死後はデナーリスに忠誠を誓うが、斥候に出た際に殺される。

カール・モロ

演: ジョー・ナウファフー
吹替え:白熊寛嗣
ドスラク人の族長の一人。
「ドスラクの海」の荒野でさ迷っていたデナーリスを捕え、本来族長の寡婦が行くべきヴァエス・ドスラクに連行する。

ラザール

ドスラクの海の南にある半乾燥性の土地。牧羊を生業とする温厚な種族・ラザール人が住んでいる。
ラザール人はドスラク人から「仔羊人」と呼ばれ略奪の標的にされている。

ミリ・マズ・ドゥール

演:ミア・ソテリュー
吹替え:西宏子

ラザール人の治療者。ドスラク人に襲撃された村の生き残り。
デナーリスに助命されたがドスラク人を深く恨んでおり、妖しげな術を使ってデナーリスのお腹の中にいた子供の命を奪ったうえ、カール・ドロゴを植物状態に陥れる。デナーリスに「二度と子は持てない」と呪いの言葉を与え、ドロゴの火葬の炎で焼き殺される。

クァース

ドスラクの海の東に広がる「赤い荒地」と呼ばれる不毛の荒野の向こう、エッソス大陸南東部の海峡を見下ろす位置にある裕福な商業都市。
13人の有力者から成る「十三人組」によって統治され、彼らの許可がなければ門をくぐることも許されない。

「十三人組」

クァースの統治と防衛を司る有力者たち。

香辛料の王

演:ニコラス・ブレイン
吹替え:かぬか光明
「十三人組」の一人。
丁寧な態度を取りながらもデナーリスがクァースに入ることを拒み、敵対的な態度を見せる

ザロ・ゾアン・ダクソス

演:ノンソー・アノジー
吹替え:間宮康弘
「十三人組」の一人。
クァースで一番裕福だと言われる豪商。
他の「十三人組」の反対を押し切って、デナーリスと部族(カラザール)をクァースに入れる。
莫大な財産と引き換えにデナーリスに結婚を申し込む。

パイアット・プリー

演:イアン・ハンモア
吹替え:岩崎ひろし
「十三人組」の一人。
「不死者の館」の主である黒魔導師。怪しげな術を使いデナーリスを惑わせる。


「十三人組」が水面下で熾烈な覇権争いをしているクァース。

ザロ・ゾアン・ダクソスはデナーリスに求婚するが、実際は彼女の子であるドラゴンが目的だった。

ザロ・ゾアン・ダクソスはデナーリスの侍女のドリアを抱き込み、さらにパイアット・プリーと共謀してデナーリスが率いていたカラザールとクァースの他の実力者たちを殺害。

さらにデナーリスからドラゴンを奪おうとするも、パイアット・プリーはドラゴンの炎に焼き殺され、ザロ・ゾアン・ダクソスもドリアとともにデナーリスに空の金庫に閉じ込められ、財産を没収される。

ゲーム・オブ・スローンズはHuluで第7章まで全話配信中!

Huluでは第1章から最新の第7章まで全話配信中です!(2019年5月8日現在)

第一章 七王国戦記の感想は こちら!
第二章 王国の激突の感想は こちら!
第三章 戦乱の嵐-前編-の感想は こちら!
第四章 戦乱の嵐-後編-の感想はこちら!
第五章 竜との舞踏 の感想はこちら!
第六章 冬の狂風 の感想はこちら!
第七章 氷と炎の歌 の感想はこちら!

そして待望の最終章が2019年4月15日世界同時放送開始!
Huluでも最終章が字幕・吹替で配信開始しました!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください