Hulu配信中「ゲーム・オブ・スローンズ」のタイレル家を徹底分析!

世界中が熱狂するスペクタクル歴史群像劇「ゲーム・オブ・スローンズ」はHuluで第1章から第7章まで全話配信中です!(2019年5月18日現在

「ゲーム・オブ・スローンズ」の各名家についてまとめてみた!

2011年の放送以来、その超弩級の壮大な世界観に世界中が魅了され、テレビ界のアカデミー賞とも言われるエミー賞やゴールデングローブ賞を総なめした大人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」

しかし、一から作り込まれた架空の世界を舞台に、あまりに多くの人物が次々と登場しては消えていくため、混乱してしまうことも・・・?

そこで、「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界をより詳しく知るために、今回は世界が混乱する中、女性達の智謀と度胸で政治の中枢に躍り出た華麗なる一族「タイレル家」についてまとめてみました!

タイレル家

紋章と家訓

紋章:緑色の地に金の薔薇
家訓: 「われら強大たるべし」

領地と本拠地

領地:河間平野(リーチ)
マンダー河流域の平野。肥沃な大地を利用した農業が盛んなためタイレル家はラニスター家に次ぐ富をもち、七王国最強の陸軍と王立海軍に匹敵する強大な海軍を有する。本拠地はマンダー河の畔のハイガーデン城

タイレル家の歴史

タイレル家は元は河間平野の王であったガードナー家の執政を務める家系だが、ガードナー家の最後の王が死ぬとハイガーデンをエイゴン征服王に献上。その報酬としてハイガーデン城と河間平野の最高位の領主の地位を与えられ、以来伝統的に南部総督を務めている。

15年前の「ロバートの反乱」の際は、当初ターガリエン家に味方していたが、その後ロバート王に帰順。

「五王の戦い」の際には、バラシオン家と同盟を結んで食糧をキングズランディングに運び込み、飢えた民衆を救ってタイレル家の評判を高める。

タイレル家の人々

メイス・タイレル

演: ロジャー・アシュトン―グリフィス
吹替え:木村雅史
河間平野の領主で南部総督。オレナの息子で、ロラスとマージェリーの父。
政治感覚に欠ける凡庸な人物で、母である女傑・オレナをはじめとする一族の尽力によって体面を保っている。

ロバート王の死後は末弟のレンリーを支持し娘のマージェリーを嫁がせるが、レンリーが暗殺されるとラニスター家と同盟し、マージェリーをジョフリー王と婚約させて自らは海軍大臣となる。
その後様々な政変が起こる中も王妃の父と言う立場で政治の中枢で政治に携わる。

オレナ・タイレル

演: ダイアナ・リグ
吹替え:片岡富枝
メイスの母で、ロラスとマージェリーの祖母。
河間平野の名家レッドワイン家の出身。
卓越した政治力で愚鈍な息子に代わって陰でタイレル家を取り仕切っている女傑。間髪入れず繰り出される意地の悪いウィットと毒舌で出会う人々を圧倒するためか「茨の女王」と呼ばれている。

若い頃に美貌と機転を持って現在の地位を手に入れており、自分の気質を濃く受け継いだ孫娘マージェリーを七王国の王妃にするために数々の助言をし、自分も様々な策謀を巡らせる。

ロラス・タイレル

演: フィン・ジョーンズ
吹替え:川原慶久
タイレル家の一人息子で後継ぎ。マージェリーの兄。
華やかでハンサムな外見と、見事な槍の腕前で王都中の女性達の人気を集め、「花の騎士」ともてはやされる。しかし実は男色家で、レンリー・バラシオンとは恋人同士。2人の関係は王宮の公然の秘密として広く知れ渡っている。

本人の男色趣味は考慮されず、次期南部総督の座を見込まれて、「北部」の鍵を握るサンサ・スタークや未亡人となったサーセイと相次いで婚約させられる。

マージェリー・タイレル

演: ナタリー・ドーマー
吹替え:東條加那子

タイレル家の長女。
祖母オレナの血を色濃く受け継いだタイレル家の希望の星で「七王国の女王」の座を目指す野心家。

当初、兄ロラスの恋人でもあるレンリー・バラシオンの元に嫁ぐが、レンリーは男色家だったため、マージェリーに触れることはなかった。

レンリーがスタニスの命によって暗殺されると、ラニスター家と手を組んだ父の方針からジョフリー王と婚約する。その後ジョフリー王が婚礼の宴の最中に暗殺されると、その弟のトメン王に接近し王妃となる。

華やかな美貌と明るく気さくな性格と慈悲深い行動で、キングズランディングの貴族達のみならず民衆から絶大な人気を誇り、また性的な魅力で年下のトメン王を骨抜きにして母親であるサーセイ太后から遠ざけようとする。

マージェリーがトメン王の王妃になった事で、ラニスター家を凌いで権力を手にしようとしていたタイレル家だが、マージェリーとの権力争いに焦ったサーセイが七神正教の狂信者集団「雀」を使ってロラスを男色の罪で捕獲。次いで兄の秘密を知りながら嘘の証言をしたマージェリーも偽証罪で逮捕される。

メイスとオレナは2人のために方々に手を回し、最終的に兵を率いて解放を訴えるが、トメンが七神正教と同盟したために一時兵を引く。しかし、2人は変換されないままベイラー大聖堂での審判を受けることになる。

審判の日、サーセイが大聖堂に仕掛けさせた「火素(ワイルドファイア)」の大爆発によって、キングズランディングの主要な貴族達と共にマージェリー、ロラス、メイスは死亡。ハイガーデンに帰還していたオレナだけが生き残る。

家族を殺されたオレナはサーセイへの復讐を誓い、ドーンのエラリア・サンドと共にエッソスからドラゴンストーンにやって来たデナーリス・ターガリエンと同盟する。

しかし、デナーリスがラニスター家の本拠地・キャスタリーロック攻略中に裏をかかれ、ラニスター家と旗主のターリー家にハイガーデン城を攻められて陥落。オレナはジェイミーから渡された毒を飲んで死ぬ。

ターリー家

ランディル・ターリー

演: ジェームズ・フォークナー
吹替え:天田益男
タイレル家の旗主で「角の丘城(ホーンヒル)の領主。
「ロバートの反乱」の際、ロバートを破った唯一の指揮官と言われる厳格で有能な将。
「冥夜の守人(ナイツウォッチ)」の一員であるサムウェル・ターリーの父で、臆病者の長男サムを廃嫡して「壁」に追いやり、次男のディコンを後継ぎにした。

ディコン・ターリー

演:フレディー・ストローマ(第6章)、 トム・ホッパー(第7章)
吹替え:増元拓也

ランディルの次男。
臆病な兄サムに代わってホーンヒルのターリー家の跡継ぎとなる。

ランディルは女王となったサーセイから南部総督の地位を約束されて主君であるタイレル家を裏切り、ディコンを伴って進軍してラニスター軍と共にハイガーデン城を攻め落とすが、戦利品を獲てキングズランディングに戻る途中にデナーリスの率いるドラゴンとドスラク人の軍に襲撃を受け惨敗。

捕えられてデナーリスへの服従を求められるが親子揃って拒否し、ドラゴンの吐いた炎に焼き殺される。

ゲーム・オブ・スローンズはHuluで第7章まで全話配信中!

Huluでは第1章から最新の第7章まで全話配信中です!(2019年5月8日現在)

第一章 七王国戦記の感想は こちら!
第二章 王国の激突の感想は こちら!
第三章 戦乱の嵐-前編-の感想は こちら!
第四章 戦乱の嵐-後編-の感想はこちら!
第五章 竜との舞踏 の感想はこちら!
第六章 冬の狂風 の感想はこちら!
第七章 氷と炎の歌 の感想はこちら!

そして待望の最終章が2019年4月15日世界同時放送開始!
Huluでの配信が待ち遠しいですね!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください