世界中が熱狂するスペクタクル歴史群像劇「ゲーム・オブ・スローンズ」はHuluで第1章から第7章まで全話配信中です!(2019年5月8日現在)

「ゲーム・オブ・スローンズ」の各名家についてまとめてみた!

2011年の放送以来、その超弩級の壮大な世界観に世界中が魅了され、テレビ界のアカデミー賞とも言われるエミー賞やゴールデングローブ賞を総なめした大人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」

しかし、一から作り込まれた架空の世界を舞台に、あまりに多くの人物が次々と登場しては消えていくため、混乱してしまうことも・・・?

そこで、「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界をより詳しく知るために、今回は「ゲーム・オブ・スローンズ」の主人公の1人であるデナーリス・ターガリエンを中心に、かつての七王国の支配者「ターガリエン家」についてまとめてみました!

ターガリエン家

紋章と家訓

紋章:黒地に赤の、炎を吐く三頸のドラゴン
家訓:「炎と血」

ターガリエン家の歴史

物語の数百年前、エッソスに君臨していた古代ヴァリリア帝国が崩壊したことから、ヴァリリア人のターガリエン家がウェスタロス侵略を開始。ドラゴンの血を引くと言われるターガリエン家の征服王エイゴンは3匹のドラゴンの力を持って七王国を制圧し、ターガリエン統一王朝を開く。その際に倒した多くの敵の剣を溶かして作った「鉄の玉座」は王者の象徴となる。

その後ターガリエン家は、ウェスタロスの全七王国を300年近く統治する。その本拠地は王都キングズランディングとドラゴンストーンの島の砦

しかし、十数年前の「ロバートの反乱」によって、一族の大多数が殺される。
まだ幼かったヴィセーリスとデナーリスの兄妹は「狭い海(ナローシー)」を渡ってエッソスに亡命するが、ロバート王は多くのスパイや暗殺者をエッソスに送ってその動向を把握し、命を狙っている。

ドラゴンの血

ターガリエン家はドラゴンを多数抱えていたが王位継承の内乱でその多くを喪い、この世からドラゴンは姿を消して久しい。

ドラゴンはターガリエン家の者だけが操ることが出来ると伝えられ、兄弟姉妹の近親婚や一夫多妻婚を繰り返してその血を守り続けていた。

ターガリエン家の者は金と銀の混じった銀白色の髪と紫の瞳の美男美女であり、炎に焼かれても死なない「ドラゴンの血」を持っていると言われている。

ターガリエン家の人々

エイリス・ターガリエン(エイリス2世)

演:デヴィッド・リントウル
吹替え:乃村健次

かつてウェスタロスを支配していたターガリエン王朝最後の王。レイガー、ヴィセーリス、デナーリスの父。
若い頃は名君であったが、年を経るとともに残忍で偏執的になり、多くの者を火あぶりにして「狂王エイリス」と呼ばれるようになる。

レイガー王子に娘のリアナを誘拐されたと訴え出た北部総督リカード・スタークとその長男ブランドンを処刑。リアナの婚約者であったロバート・バラシオンをはじめとする貴族達から強い反発を受け「ロバートの反乱」を起こされる。

反乱軍がキングズランディングまで攻め上ってくると、住民もろとも「炎素(ワイルドファイア)」で街を焼き尽くそうとするが、住民を守ろうと決意した「王の盾」の騎士ジェイミー・ラニスターに殺される。

レイガー・ターガリエン

狂王エイリスの長男で世継ぎの王子。ヴィセーリス、デナーリスの兄。

エリア・マーテルという妻がいながら、リアナ・スタークと共に失踪。それをスターク家とリアナの婚約者ロバート・バラシオンから誘拐と判断され訴えられる。
結果その行動が「ロバートの反乱」を引き起こし、戦闘の最中に命を落としたため、世継ぎを喪ったターガリエン家は崩壊する。

リアナはレイガー王子に誘拐されたと信じられていたが、実はレイガーと深く愛し合っており正式に結婚していたことが判明。
「ロバートの反乱」の戦闘の最中に兄のエダードに瀕死の状態で発見されるが、その際にレイガーとの間に生まれた赤ん坊子エイゴン・ターガリエンを託して死亡。その赤ん坊はエダードにジョン・スノウと名付けられ、正体を隠して養育される。

ヴィセーリス・ターガリエン

演:ハリー・ロイド
吹替え:川中子 雅人

狂王エイリスの次男。
幼少時に「ロバートの反乱」が勃発し父王が討たれると、生まれたばかりの妹デナーリスと共にエッソスに亡命。以来十数年の間、前王朝の血を根絶やしにしようとするロバート王の追手から逃れるために支援者たちを頼りながら自由都市を彷徨する。

我こそがウェスタロスの正当な支配者であると自負し、「鉄の玉座」奪還の野望に燃える傲慢な青年。

ドスラク人の兵力を手に入れるため、ペントスの豪商イリリオ・モパティスの仲立ちでデナーリスを族長カール・ドロゴと政略結婚させる。

妹もドスラク人達も王座奪還への道具と思っており見下しているために軽蔑されたびたび衝突していたが、ついには怒ったドロゴに溶けて熱くなった金を頭からかけられて殺される。

デナーリス・ターガリエン

演:エミリア・クラーク
吹替え:清水 理沙

狂王エイリスの娘で、ターガリエン家の末裔。
まだ母のお腹の中にいる頃に「ロバートの反乱」が勃発。母と兄が逃げ延びたドラゴンストーン島の砦で、大暴風が吹きすさぶ中産声を上げ「嵐の子」という異名を得る。

赤ん坊のうちにロバート王の追手から逃れるようにエッソスに亡命。支援者たちの手を借りて9つの自由都市を転々とする。

「鉄の玉座」奪還へ情熱を燃やす兄ヴィセーリスによって、遊牧民ドスラクの族長であるカール・ドロゴに嫁がされる。当初は野蛮なドロゴを恐れていたが次第に心を通じ合わせていき、族長の妻(カリーシ)として気高く成長していく。

戦の怪我が元でドロゴが植物状態に陥ると、泣きながら自らの手でその息の根を止めて死を与える。哀しみにくれたデナーリスは3つのドラゴンの卵と共にドロゴを火葬する炎の中に歩み入るが、翌朝になると孵化した3頭のドラゴンとともに無事姿を現して一族を平伏させ、ドスラクの初めての女性の族長(カリーシ)、そして「ドラゴンの母」と崇拝されるようになる。

その後、ウェスタロスからやって来た元騎士のジョラー・モーモントバリスタン・セルミーを助言者に迎え、側近のミッサンディ、元奴隷兵団「穢れなき軍団(アンサリード)」、傭兵部隊「次子(セカンド・サンズ)」を手に入れて、アスタポア、ユンカイ、ミーリーンを制圧し奴隷たちを解放。その後ミーリーンに留まり女王として統治をはじめる。

ミーリーンで行った統治は旧来の勢力との対立によってなかなかうまく進まず、苦労をするデナーリスだったが、ティリオン・ラニスターヴァリスという知恵者2人の力や、すべてのドスラクの民たちの支持を得て勇躍。

第7章でついにウェスタロスの地に到達すると、北の王となっていたジョン・スノウと出会って共闘し、最終的に2人は愛し合うようになるが、前述した通りジョンはデナーリスの「甥」に当たることが発覚する。

デナーリスに関わる人々

カール・ドロゴ

演:ジェイソン・モモア
吹替え:木村 雅史

草原に住む遊牧民ドスラクの王(カール)。
屈強な戦士たちを束ねる野蛮で恐ろしげな族長だが、妻であるデナーリスの可憐さに惹かれ、夫らしい優しさや思いやりを見せるようになる。

デナーリスが妊娠してからは特に愛情は深まり、無礼を働いたヴィセーリスやデナーリスの命を狙う暗殺者を排除。やがてデナーリスの望み通りドスラクの神々と一族の前でのウェスタロスを侵略することを誓う。

しかし、デナーリスに反発する部下との決闘で受けた傷を治すと騙されて呪術師の呪いを受け植物状態に陥り、デナーリスによって安楽死させられ息を引き取る。

ジョラー・モーモント

演:イアン・グレン
吹替え:咲野俊介

元はスターク家の旗主のひとつ・モーモント家の領主。父ジオー・モーモントが「冥夜の守人」に加わったため家督を継ぐ。

元騎士だったが妻の贅沢による借金を返すために奴隷を売った罪で死刑に処されるところをエッソスに逃亡。

実は七王国の小評議会の宦官ヴァリスのスパイとしてヴィセーリスとデナーリスに近づくが、デナーリスに女王としての資質を見出し、強い忠義と深い愛情を捧げるようになる。

バリスタン・セルミー

演: イアン・マッケルヒニー
吹替え:山本格

3代の王に仕えた、元「王の盾(キングズガード)」の総帥として世に名高い英雄。

ロバート王に死後、新王ジョフリーに罷免されると、仕えるべき真の王を探してエッソスに渡り、デナーリスと出会うと忠誠を誓うようになる。

ミッサンディ

演: ナタリー・エマニュエル
吹替え:藤井ゆきよ

元はアスタポアの奴隷商人クラズニスの通訳をしていた奴隷。ナース島出身。

いくつもの言語を翻訳し通訳できる才能と聡明さを買われてデナーリスに所望され、奴隷身分から解放される。その後はデナーリスの片腕的存在として行動を共にする。

同じ解放奴隷で、「穢れなき軍団(アンサリード)」のグレイ・ワームとは互いに惹かれあう仲。

グレイ・ワーム

演: ジェイコブ・アンダーソン
吹替え:櫻井トオル

アスタポアで厳しい訓練を受けた「穢れなき軍団(アンサリード)」の奴隷戦士。幼い頃に去勢されている。

奴隷身分から解放してくれたデナーリスに深い忠誠心を抱き、自らの意思で「穢れなき軍団」として戦うことを選択し司令官となる。

同じく元奴隷で境遇の似ているミッサンデイに心魅かれていく。

ダーリオ・ナハリス

演: エド・スクレイン(第3章)、マイケル・ユイスマン(第4章~)
吹替え:玉木雅士(第3章)、加瀬康之(第4章~)

ユンカイを守る傭兵部隊「次子(セカンド・サンズ)」の副長。高い戦闘能力をもつ戦士。
「穢れなき軍団」を率いてユンカイを包囲してきたデナーリスに一目惚れ。隊長ともう一人の副長を殺害して「次子」をデナーリスの元に寝返らせ、ユンカイを陥落させる。

その後は「次子」の司令官となり、同時に愛人として公私ともにデナーリスを支える。

3章から4章に移る時にキャストが変わっているので要注意!

ゲーム・オブ・スローンズはHuluで第7章まで全話配信中!

Huluでは第1章から最新の第7章まで全話配信中です!(2019年5月8日現在)

第一章 七王国戦記の感想は こちら!
第二章 王国の激突の感想は こちら!
第三章 戦乱の嵐-前編-の感想は こちら!
第四章 戦乱の嵐-後編-の感想はこちら!
第五章 竜との舞踏 の感想はこちら!
第六章 冬の狂風 の感想はこちら!
第七章 氷と炎の歌 の感想はこちら!

そして待望の最終章が2019年4月15日世界同時放送開始!
Huluでも2019年10月15日から最終章が字幕・吹替で配信開始しました!

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください