山田孝之主演映画「凶悪」をHuluで見た感想

山田孝之主演、リリー・フランキーとピエール瀧の怪演が光るクライム・サスペンス。「凶悪」はHuluで配信中です。

なお、本作は映画倫理委員会よりR15+に指定されており、15歳未満の鑑賞は禁止されています。

「凶悪」をHuluで見た感想

2013年9月21日公開。配給は日活。2時間8分。

それは獄中の死刑囚からスクープ雑誌の編集部に送られた一通の手紙から始まった。

獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を「新潮45」の編集部が暴いたことによって首謀者逮捕にったを描いた犯罪ドキュメント「凶悪 -ある死刑囚の告発-」(新潮45編集部編)を映画化!

監督は映画「日本で一番悪い奴ら」(2016年)、「孤狼の血」(2018年)、ドラマ「火花 」(2016年)の白石和彌。主演は山田孝之。また物語のキーマンとなった、リリー・フランキーピエール瀧、両名の怪演が話題を呼び、第38回報知映画賞や第35回ヨコハマ映画祭、第37回日本アカデミー賞など数々の映画賞で監督賞や助演男優賞を獲得しました。

原作

新潮45編集部編「凶悪 -ある死刑囚の告発-」

文庫本
新潮社 新潮文庫より 2009年10月28日刊行

スタッフ

監督:白石和彌
脚本:高橋泉、白石和彌
音楽:安川午朗
製作:日活、ハピネット
制作:フラミンゴ
制作協力:カズモ、ディーライツ
企画協力:新潮社

あらすじ

ある日、雑誌「明潮24」編集部に届いた一通の手紙。記者の藤井修一(山田孝之)は編集長の芝川(村岡希美)に頼まれ、その手紙の差出人である死刑囚・須藤 純次(ピエール瀧)と面会し、話を聞くことになった。

東京拘置所に収監中の須藤は、放火殺人などの罪で死刑判決を受け、最高裁に上告中だ。

そんな須藤は「自分があんなことをやって死刑を受けるのは仕方ないと思います。ただ、どうしても許せねえ奴がシャバにいるんです」と前置きし、 「自分には誰にも話していない余罪が3件ある、そのすべての事件は自分が“先生”と呼んでいた男・木村が首謀者だ」と告げる。

“先生”を追い詰めるために自分の話を記事にしてほしいと藤井に頼み込む須藤。

まるで死刑囚が余罪を告発するという犯罪小説のような話の内容のため、編集長の芝川には「この話は断れ」と言われるが、“先生”のために可愛がっていた舎弟にも手をかけることになった須藤の「どうせ死ぬなら綺麗になって死にてえ。表に出ていない事件が明るみにしなければ、被害者の方々が浮かばれません」という痛切な訴えを聞き、独自に取材を進め始める。

須藤の証言はかなりあいまいで難航する取材。しかし裏付けを取っていくうちにその内容には信憑性があることが分かると、藤井は闇に隠れた凶悪事件の解明にのめり込んでいく・・・

みどころ

バイオレンス映画の雄・白石和彌監督の真骨頂!

「日本で一番悪い奴ら」(2016年)、「彼女がその名を知らない鳥たち」(2017年)、「孤狼の血」(2018年)といった、見る者の心を深くえぐるようなバイオレンス映画を撮り続けている白石和彌監督の初期作品にして真骨頂とも言えるのがこの「凶悪」です。

老人を取り巻く「カネ」にまつわる事件を通して、人間の残酷さや醜悪さを描いた戦慄のバイオレンス&サスペンスは高く評価され、白石監督は第5回TAMA映画賞 最優秀新進監督賞、新藤兼人賞2013 金賞、第38回報知映画賞 監督賞を始めとする数多くの監督賞を受賞しています。

そんな白石監督の最新作、斉藤工主演の映画「麻雀放浪記2020」は、出演者のピエール瀧氏の逮捕を受けて一時公開が危ぶまれましたが、2019年4月5日からの公開が決定しています。

気になるR15+相当部分は?

冒頭でお伝えした通り「R15+」に指定され、15歳未満の鑑賞が禁止されているこの「凶悪」。

作中では、罪悪感を持つことなくターゲットの老人などを殺害していく残虐かつグロテスクなシーンや、違法薬物を使用する姿、過激な性表現などが多く含まれています。

またストーリー自体もいわゆる「胸糞作品」なので、心身ともに成熟した大人の方以外は視聴を避けた方が良い作品です。どうぞご注意ください。

リリー・フランキーとピエール瀧の怪演!

「凶悪」が話題になった一番の要因はやはりリリー・フランキーさんとピエール瀧さんの怪演でしょうか。

凶暴な狂犬のような暴力団幹部・須藤を演じたピエール瀧さんと、彼を上手く操って老人から金を巻き上げる“先生”を演じたリリー・フランキーさん。

そんな2人が子供のようにはしゃぎながら老人たちをいたぶり、殺害していく姿は本当に怖かったですね・・・。

似たような傾向の映画「冷たい熱帯魚」では加害者役のでんでんさんが恐ろしくなってしまう「でんでん恐怖症」になりましたが、同じように「リリー・フランキー恐怖症」や「ピエール瀧恐怖症」になってしまいそうです・・・

鬼気迫る山田孝之の演技

リリー・フランキーさんとピエール瀧さんの2人の怪演に押され目立たなくなってしまいましたが、個人的には主演の山田孝之さんの鬼気迫る演技にも注目して欲しい!

売れる記事かどうかばかりに重点を置く編集部の中の一員だった記者が、凶悪事件の解明にどんどんのめりこんで職場も家庭も顧みなくなり、まるで「ミイラ取りがミイラに」状態になって行く過程を見事に表現している山田さん。最初に須藤と面会したシーンとラストシーンは、同じ拘置所の面会の場面なのに表情がまったく違うように見えます。

「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで真顔でボケるキャラというイメージが強くついてしまった山田さんですが、この「凶悪」やドラマ「破獄」で魅せた「狂気」の演技は同世代の俳優陣の中でもナンバー1だと思っています。

登場人物/キャスト

藤井 修一(ふじい しゅういち):山田孝之
スクープ雑誌「明潮24」の記者。
死刑囚・須藤の告白を受け、闇に葬られようとする凶悪事件の解明のため取材に没頭する。
モデルは「新潮45」編集部の宮本太一。

須藤 純次(すどう じゅんじ):ピエール瀧
元暴力団幹部。放火殺人などの罪で死刑判決を受けた。
この他に「先生」と呼んで慕う木村の指示による余罪が3件あると藤井に告白する。

木村 孝雄(きむら たかお):リリー・フランキー
茨城で建築資材販売業を営むが、陰で宅建免許を持たずに物件の売買を行う不動産ブローカー。
温厚そうな外見で、周囲から「先生」と呼ばれている。

《事件関係者》
五十嵐 邦之:小林且弥
須藤に心酔する忠実な舎弟。木村の画策による行き違いで須藤に殺害される。

日野 佳政:斉藤悠
須藤の舎弟。木村から須藤に預けられて舎弟になる。
あるミスが原因で須藤に暴行を受けたうえに自宅に火をつけられ意識不明の重体となる。

田中 順子:範田紗々
日野の交際相手。日野と共に殺害される。

佐々木 賢一:米村亮太朗
須藤が刑務所に服役していた時の仲間。須藤を騙したことで殺害される。

森田 幸司:外波山文明
森田土建社長。事務所の敷地内に大きな焼却炉を持っていたことから死体処理の共犯にされる。

牛場 悟:ジジ・ぶぅ
牛場電機設備の経営者。酒好きで肝硬変で余命いくばくもない老人。多額の借金を背負っている。

牛場 百合枝:白川和子
牛場の妻。
牛場 利明:廣末哲万
悟の娘婿
牛場 恵美子:原扶貴子
悟と百合枝の娘で利明の妻。
悟の殺害を木村たちに依頼。

《事件関係者の家族》
遠野 静江(とおの しずえ):松岡依都美
須藤の内縁の妻。

遠野 星姫(とおの きらり):森田眞生、木村心結
須藤と静江の娘。

木村幸恵(きむら ゆきえ):山田彩、小倉明莉
木村の娘。

《「明潮24」関係者》
芝川理恵(しばかわ りえ):村岡希美
「明潮24」編集長。藤井の上司。モデルは当時の「新潮45」編集長の中瀬ゆかり。

《藤井の家族》

藤井洋子:池脇千鶴
藤井の妻。仕事で家を空けがちな藤井に代わって、同居する認知症の姑の介護を一人でやっている。

藤井和子:吉村実子
藤井の母。認知症の症状が日に日に進んでいるが、藤井の意向で老人ホームには入っていない。

Hulu配信中の出演者関連作品情報

山田孝之出演作品

《映画》
舞妓Haaaan!!(2007年)
クローズZERO(2007年)
252 生存者あり(2008年)
鴨川ホルモー(2009年)
大洗にも星はふるなり(2009年)
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-(2011年)
のぼうの城(2012年)
悪の教典(2012年)
凶悪(2013年)
俺はまだ本気出してないだけ(2013年)
MONSTERZ モンスターズ(2014年)
バクマン。 (2015年)
何者(2016年)

《ドラマ》
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年)
世界の中心で、愛をさけぶ 特別編~17年目の卒業~(2004年)
白夜行(2006年)
タイヨウのうた(2006年)
勇者ヨシヒコと魔王の城(2011年)
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(2012年)
勇者ヨシヒコと導かれし七人(2016年)
破獄(2017年)
dele (ディーリー)(2018年)

《バラエティ》
緊急生放送! 山田孝之の元気を送るテレビ (ディレクターズカット版) (2017年)

ピエール瀧

ピエール瀧氏は2019年3月12日に麻薬取締法違反容疑で逮捕されており、出演作品からの降板、過去出演作の配信停止、CDの回収等といった措置が取られていますが、2018年3月29日現在Huluでは以下の作品が配信されています。

《映画》
RED SHADOW 赤影(2001年)
ALWAYS 三丁目の夕日(2005年)
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年)
ALWAYS 三丁目の夕日‘64(2012年)
ユメ十夜(2007年)
犬と私の10の約束(2008年)
百万円と苦虫女(2008年)
ブタがいた教室(2008年)
少年メリケンサック(2009年)
はやぶさ 遙かなる帰還(2012年)
僕達急行 A列車で行こう(2012年)
凶悪(2013年)
くじけないで(2013年)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2015年)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(2015年)
日本で一番悪い奴ら(2016年)
怒り(2016年)

《ドラマ》
SOIL ソイル(2010年)
きんぴか(2016年)

《アニメ》
おはよう忍者隊ガッチャマン(2012~2013年)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください