ドラマ版「クラッシュ」名作映画のリブートがHuluで配信!実際にみた感想

2004年に公開され、第78回アカデミー賞受賞作品賞に選ばれた名作映画「クラッシュ」のドラマ版。

シーズン1、2がhuluで配信されています。

アメリカでも、2008年から2009年にかけてシーズン1、2が放送されていました。

この記事では、ドラマ版「クラッシュ」のあらすじ、hulu配信状況、1話目を実際に見た感想、出演者情報など

ドラマ「クラッシュ」を徹底的にご紹介していきます。

作品紹介

 

hulu配信状況

・シーズン1、全13話(字幕)

・第1話:衝突
・第2話:同居人
・第3話:パニック
・第4話:欲望
・第5話:報復
・第6話:カオス
・第7話:転生
・第8話:告解
・第9話:交渉
・第10話:再起
・第11話:疑惑
・第12話:火種
・第13話:因果応報

 ・シーズン2、全13話(字幕)
・第1話:ロスの聖者
・第2話:神の声
・第3話:売春
・第4話:ヘビと木
・第5話:告白
・第6話:過ぎし日
・第7話:見送りのキス
・第8話:偽善者
・第9話:闇の街
・第10話:監禁
・第11話:幻覚
・第12話:儀式
・第13話:愛の行方

「クラッシュ」のあらすじ

アメリカの大都市ロサンゼルスを舞台に、それぞれの思惑や人生が交錯するドラマ。

「人種のるつぼ」と称されるアメリカを舞台に、様々なキャラクターが登場します。

特にロサンゼルスは移民が多く、白人、黒人、ジプシー、アジア系など様々な人種が存在。

それぞれの抱える問題が浮かび上がり、交錯し、物語は思いもよらない展開へと進んでいきます。 

映画版「クラッシュ」との違いは?

映画版「クラッシュ」は2005年にアメリカで公開されました。

映画版も現在huluで好評配信中ですよ!

映画版もドラマ版同様、ロサンゼルスで起こったある交通事故がきっかけに周りの人の人生が交錯しているストーリーです。

ドラマ版の監督とは別の人により製作されました。

映画版は、なんと映画版の監督ポール・ハギス自身が愛車をカージャックされた事件を元に作られたのだとか!

映画版も実際に見てみたところ、ドラマ版よりも多民族国家アメリカに渦巻く人種差別や偏見をより巧妙に描いた作品でした。

登場キャラクターも全くドラマ版とは違い、全く新しいものとして楽しめました

映画版は、黒人差別を特に色濃く描いています!

ドラマ版との違いも楽しみながら見てみると面白いかもしれませんね♪

映画版「クラッシュ」登場人物

役:グラハム
演:ドン・チードル
黒人警官。白人警官との確執に悩む

役:リア
演:ジェニファー・エスポジート
グラハムの恋人。ヒスパニック系。

役:ライアン
演:マット・ディロン
白人警官。人種差別的な性格。

シーズン1第1話のあらすじ

大金持ちの音楽プロデューサーのベン(デニス・ホッパー)は、横暴でやりたい放題。

自家用リムジンのお抱えドライバーにセクハラ行為を働き、暴言を吐く始末。

そんな彼に、黒人で音楽プロデューサー志望の青年アンソニー(ジョッコ・シムス)がやってきます。

彼をドライバーとして採用したベン。

昼間からドラッグを吸ったり、同業者をナイフで脅したりするやりたい放題なベンに、アンソニーは次第に心奪われていきます。

警官のビビ(アーレン・ター)は、警部補のアクセル(ニック・E・タラベイ)と不倫関係にあります。

ある日、彼から「愛している」と言われたことでルール違反だとビビはカンカンに怒り出します。

そんなアクセルは、コリアンタウン管轄の刑事で、コリアンギャングと裏で繋がっている汚職警官でした。

そんな中、コリアンギャング同士の戦いで1人死亡者が出ます。ギャングから報復に犯人を殺してほしいと頼まれたアクセル。

そんな彼が狙いをつけたのは、元ギャングで現在救急救命士をしているエディ(ブライアン・ティー)でした。

エディは、裕福な白人家庭の専業主婦クリスティン(クレア・ケアリー)の父親が骨折し、救急搬送された時の担当ドクターでもありました。

以外なところで以外な人物が出会っているストーリー展開に目が離せません!

一方、クリスティンは、介護が必要な父親を家に招いて同居を提案しますが、旦那に反対され折り合いがつかない様子。

父親のために、家をリフォームするとまで言いだして、旦那と喧嘩します。

また、ビビの相棒ケニー(ロス・マッコール)は、不要にサイレンを鳴らしスポード違反をしながらパトカーを運転している時に、事故を起こしてしまいます。

彼は、衝突した相手側の責任にし、美しいジプシーの女性イネス(モラン・アティアス)を不当に逮捕してしまいます。

勝気な性格のイネスは、ケニーを許さないと喧嘩腰で怒鳴りつけるのでした。

イネスと関わっていくうちに美しさに惹かれたケニー。イネスの家まで行き彼女の旦那のそばで、

キスをしてしまいます。

1話目を見た感想

第1話目はまだ序章という事で、主要キャラクターとなる人物が登場して、それぞれの人生が少し紹介されるだけでした。

ここからどう交錯していくのか、今後の展開が楽しみです!

・様々なキャラの視点から物語を見る群集劇

特に、ケニーとイネスの関係に注目です!

自分のスピード違反をイネスのせいにするケニー。

最悪な警官ですね。

それに腹を立てて、負けじと反発する美女イネス。

2人は言い合いの末に、キスをしてしまいます。

複雑な関係ですが、今後どのように発展していくのかが見所です!

様々なキャラクターにスポットを当てて物語が進んで行く形式は、飛行機墜落事故からの無人島サバイバル生活を題材にした大ヒットドラマ「LOST」が有名です。

「クラッシュ」は、「LOST」ほど大きな事件は起こらなくても、日常的にそれぞれの人生が交錯していって見応えがありました。

また、様々な人種が登場するのもアメリカで製作されたドラマならでは!

白人、黒人、アジア系、ジプシーなど、ロサンゼルスを舞台に様々なバックグラウンドを持つ人たちが登場します!

それぞれがステレオタイプ的に描かれていて、アメリカに根付く人種差別や偏見を見事に描いています。

汚職警官のアクセルや、事故をイネスの責任にし不当逮捕をしたケニーなど、悪い事をしている人がいっぱい出てきます。

シーズン1の最終回タイトルが「因果応報」なように、どのように因果応報されるのかが楽しみですね♪

・名優デニス・ホッパーの遺作

やりたい放題な音楽プロデューサーベンを熱演したデニス・ホッパー。

映画「地獄の黙示録」などに出演し、ハリウッドを代表する名優です。

彼は、2010年に74歳という若さで他界しました。

このドラマは、彼の遺作となるテレビドラマシリーズ。

海外ドラマファンの間で話題になっています。

ドラッグ依存症で突拍子もないことをするベンですが、デニスが演じたことで味わい深く魅力的なキャラクターになっています。

他にも、豪華俳優・女優陣が登場しています。

それぞれの人生にスポットが当たって物語は進んでいきます。

自分のお気に入りのキャラクターも見つかるでしょう。

私は、救急救命士のエディが気になっています!元ギャングでありながら現在は救急救命士として人々の命を助けるエディ。

汚職警官アクセルによって無実の罪をなすりつけられそうになりました。

間一髪のところで逃げ出しましたが、今後逃げ切れるのか、期待大です!

・日本出身の俳優も出演!

私のお気に入りエディを演じるブライアン・ティーはなんと、沖縄県出身の俳優さんです。

日系アメリカ人の父親と韓国人の母親の元に生まれた彼は、2歳で渡米し、俳優への道へ進みました。

英語、日本語、韓国語を使いこなすトライリンガルだとか!

しかも、カリフォルニア大学バークレー校という名門大学も卒業している彼!

筋肉ムキムキで正義感の強そうなお顔立ちがエディ役にぴったりです♪

映画『ジュラシック・ワールド』などの話題作にも出演している売れっ子俳優さんです。

ブライアンの活躍にも目が離せません♪

出演者/キャスト

役:ベン/Ben
演:デニス・ホッパー/Dennis Hopper
生年月日:1936517日(74歳没)
主な出演作品
映画
『イージー・ライダー』
『地獄の黙示録』
ドラマ
24-TWENTY FOUR

 役:アンソニー/Anthony
演:ジョッコ・シムス
生年月日:1981220(38)
主な出演作品
映画
『ドリームガールズ』
ドラマ
『ザ・ラストシップ』

 役:ビビ/Bebe
演:アーレン・ター/Arlene Tur
生年月日:不明
主な出演作品
ドラマ
『ライ・トゥ・ミー嘘は真実を語る』

 役:ケニー/Kenny
演:ロッス・マッコール/Ross McCall
生年月日:1973年1月13(46)
主な出演作品
ドラマ
『ホワイトカラー』

 役:エディ/Eddie
演:ブライアン・ティー/Brian Tee
生年月日:1977315日(41歳)
主な出演作品
映画
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
『ジュラシック・ワールド』

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください