一大妖怪ブームを起こしたアニメ「妖怪ウォッチ」はHuluで全話配信中!

2014年の放送開始から大ブームを巻き起こした妖怪アニメ「妖怪ウォッチ」はHuluで全話配信中です!(2018年12月27日現在)

「妖怪ウォッチ」アニメ公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/youkai-watch/

アニメ「妖怪ウォッチ」がHuluで見放題!

2014年1月8日から2018年3月30日まで、テレビ東京系列で放送。全214話各24分。

妖怪を見ることが出来る不思議な時計「妖怪ウォッチ」を手に入れた小学5年生ケータ日常にあふれる困ったことはすべて妖怪の仕業だった!?ごくごく普通の小学生にちょっと不思議な毎日が始まる!

ゲームシリーズの世界累計出荷数は1400万本(20187年時点)を突破する超人気ゲームのアニメ版はhuluでは全話配信中です!

スタッフ

クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案:日野晃博
原作:レベルファイブ
掲載:月刊コロコロコミック
妖怪&キャラクターデザイン原案:長野拓造、田中美穂
キャラクターデザイン:須田正己(第1話~第76話)、山田俊也(第22話~第214話)
総作画監督:山田俊也(第1話~第214話)、武内啓(第22話~第214話)
音楽:西郷憲一郎
アニメーション制作:OLM TEAM INOUE
監督:ウシロシンジ
製作:テレビ東京、電通、OLM

今更聞けない?大人気作品「妖怪ウォッチ」とは?

レベルファイブにより2013年に発売されたのロールプレイングゲームをはじめとするクロスメディアプロジェクト作品。2014年1月からスタートしたアニメによって人気に火が付き、さらに玩具、アーケードゲーム、トレーディングカードゲーム、テーマパークアトラクションと多岐に渡って展開されて小学生を中心に社会現象とも言える一大ブームを巻き起こしました。

妖怪ウォッチシリーズ公式サイト:https://www.youkai-watch.jp/

あらすじ

夏休みの暑い日、自由研究のため神社の森に昆虫採集に来た小学5年生のケータは森の奥に行くと大きなご神木の元に古びたガチャガチャマシンを発見。そしてそこに190年封印されていたという白くて丸い不思議な生き物・ウィスパーに遭遇する。

自分は妖怪だと言うウィスパーから、不思議な時計「妖怪ウォッチ」を渡されたケータは、その日からなんと街中いたるところにあらわれては人間に影響を与える妖怪たちの姿を見得るようになってしまった!?

ケータとウィスパーは、「妖怪ウォッチ」と友達になった妖怪たちの力を借りて、街中で困った事件を引き起こす妖怪たちに立ち向かう!

ゲーム

ロールプレイングゲーム。妖怪ウォッチ」シリーズ

レベルファイブによって制作・発売されたニンテンドー3DS用ソフト。
妖怪が見えるようになる不思議な時計型アイテム・妖怪ウォッチを手に入れた主人公が、「ともだち」になった妖怪たちの力を借りて、自分の周りに起こる困った事や不思議な現象を解決していく物語。

2018年現在「妖怪ウォッチ」(2013年)、「妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打」(2014年)、「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ/スキヤキ」(2016年)の3作がリリース。2019年春にはNintendo Switch用ソフト「妖怪ウォッチ4」が発売される予定。

また、ナンバリングタイトルの中のミニゲームを独立させたスピンオフ作品の3DS用アクションゲーム「妖怪ウォッチバスターズ」シリーズや、コーエーテクモゲームスの「三國志シリーズ」とコラボレーションした3DS用シミュレーションゲーム「妖怪三国志」(2015年)、また、パズルゲーム「妖怪ウォッチ ぷにぷに」、国盗り戦略RPG「妖怪三国志 国盗りウォーズ」、リズムアクションゲーム「妖怪ウォッチ ゲラポリズム」、妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」といったスマートフォン向けアプリもリリースされています。

漫画

小西紀行「妖怪ウォッチ」
小学館の少年漫画雑誌「コロコロコミック」で連載中。ケータくんが主人公の少年漫画。
小学館てんとう虫コロコロコミックスから刊行、既刊15巻

もりちかこ「妖怪ウォッチ 〜わくわく☆にゃんだふるデイズ〜」
小学館の少女漫画雑誌「ちゃお」で連載していた、フミちゃんが主人公の少女漫画。
小学館ちゃおコミックスから刊行。全3巻。

その他「4コマ妖怪ウォッチ ゲラゲラマンガ劇場」 (てんとう虫コロコロコミックス、全3巻)、「コマさん 〜ハナビとキセキの時間〜」 (ビックコミックス、全1巻)、 「妖怪ウォッチ 4コマだじゃれクラブ」 (コロタン文庫、全2巻) 「妖怪ウォッチバスターズ」 (てんとう虫コロコロコミックス、全1巻)と言ったスピンオフ作品も多数発表。

アニメのみどころ

みんな大好き!妖怪RPGのアニメ版!

2013年7月に3DS用ゲームソフトが販売され、2014年1月のアニメ放送開始から小学生を中心に大ブームとなった「妖怪ウォッチ」!

「河童」、「天狗」、「なまはげ」といったお馴染みの妖怪から、「ドンヨリーヌ」、「バクロ婆」、「わすれん帽」、「ひも爺」、「おならず者」といった新型妖怪まで、ゲーム「妖怪ウォッチ3」の段階で600体を超える妖怪が登場し、実は不思議なお話や怖~いお話が大好きな子どもたちのハートに直撃するギャグアニメです。

ごくフツーの主人公がゆる~く妖怪退治

アニメ「妖怪ウォッチ」の主人公はごくごく普通の小学5年生ケータくん。彼は見た目も性格も成績もフツーすぎて、それが逆にコンプレックスになっている男の子です。

そんなケータくんが、偶然出会った妖怪執事ウィスパーにもらったアイテム・妖怪ウォッチの力で街にはびこる妖怪たちの姿が見えるようになってしまうところから物語は始まります。

とはいえ、よくある少年漫画の主人公のような熱い正義感を持っているわけでも特殊な能力を与えられるわけでもなく、自分自身や周辺で起こる不可解な事に対して「これっておかしくない?」と疑問に感じて真相を探って歩くうちに妖怪と遭遇して騒動に巻き込まれてしまいます。

そんな中でケータ君がまず試みるのが「妖怪との対話」。それがけして高圧的な感じではなくて、妖怪の身の上話を聞き、その問題を解決してあげることで妖怪と友達になってしまうのです。
中には話にならない相手もいて、そんな時は先に友達になった妖怪を妖怪ウォッチで召喚して、妖怪同士で戦ってもらいます。

そんないかにもイマドキなゆるい雰囲気の妖怪退治方法が2010年代を生きる子どもたちに大ウケしたようです。また親目線で観ても、ケータくんの素朴でさりげない優しさ はとても好感が持てました。

コント番組仕立てのギャグアニメ

アニメ「妖怪ウォッチ」は23分の放送時間の中で、2本程度の一話完結型のお話と合間に数分の短いコーナーが挿入される構成になっています。

制作のトップであるレベルファイブの代表取締役社長の日野晃博氏のコメントによると、「“物語を見せる”番組ではなく、“コント番組”に」というコンセプトで作られているそうで、短く独立した話がテンポよく展開していきます。

ゲームをやっていなくても面白く観れる!

ゲームが原作のアニメはそのゲームをクリアしていないとアニメを楽しめないのではないかと心配になってしまいがちですが、「妖怪ウォッチ」は制作会社であるレベルファイブがこれまでリリースしてきた「イナズマイレブン」「ダンボール戦記」と同様に、まずアニメを制作・放映し、後日その内容を含めたストーリーのゲームを発売しています。

ですので、ゲームはプレイしていなくても十分楽しめる作品になっています。

しかしゲームはゲームで、やり込み要素が盛り沢山な大人から子供まで楽しめる面白いゲームなので、機会があればぜひプレイしてみて頂きたいです!

大人世代にも刺さる小ネタがてんこ盛り!

アニメ「妖怪ウォッチ」は小学生目線の困った「あるある」を描いた子ども向けの作品ではありますが、大人世代のハートに刺さる小ネタがふんだんに盛り込まれています。

ジバニャンがトラックに立ち向かう時に「ボクはしにましぇーん!」と叫んだり、ケータくんが白目をむいて「なんて恐ろしい妖怪・・・!」とガラスの仮面の真似をしたり、かつて大流行したエクササイズ「ビリーズブートキャンプ」のビリー隊長にそっくりなブリー隊長という妖怪が登場したり、その他、「3年B組金八先生」、「太陽にほえろ」、「ザ・ベストテン」、「ターミネーター」、「タイタニック」、「孤独のグルメ」・・・と、上げたらきりがないほど、子ども達の親どころかその祖父母世代までカバーするような範囲の広すぎるパロディがぎゅうぎゅうに詰め込まれているのです!

子ども世代は何やらわからずキョトンとしている横で親や祖父母がお腹を抱えて笑っていたという現象もあったとか?小ネタ探し大好きな方にはたまらない作品ですよ!

ちょっぴり困った影響も?

お笑い芸人によるコント番組がたびたび「教育に悪い!」と評されるのと同様に、ウィスパーなど特定のキャラクターに対するイジりが激しく暴力的だったり、若干ブラックジョークや悪ふざけが過ぎたりして「こんなのを子どもに見せちゃっていいのかな?」と心配になるような内容も含まれています。

小さいお子さんに刺激のあるものを見せることに抵抗のある親御さんは、先に内容のご確認をされた方が良いかもしれません。

主な登場人物/キャスト

ケータ/天野 景太(あまの けいた):戸松遥
主人公。「さくらニュータウン」に住む、ごくごく普通の小学5年生の男の子。普通過ぎるのが悩み。
夏休みのある日に出会った妖怪・ウィスパーから「妖怪ウォッチ」をもらったことで妖怪が見えるようになった。街中で起こる「妖怪不祥事案件」をともだちになった妖怪たちと一緒に解決する!

ウィスパー:関智一
神社の森の奥のご神木の下にあった古いガシャガシャマシンから登場し、ケータに付きまとう自称・妖怪執事。自慢の「妖怪パッド」でケータをサポートする。自分を有能だと思っているが・・・?

ジバニャン:小桜エツコ
魚屋の前の横断歩道でトラックにひかれて死んだ猫の地縛霊。必殺技は「ひゃくれつ肉球」。
気まぐれで面倒くさがり屋だが、いざという時は頼りになる存在。

コマさん:遠藤綾
田舎の神社にあった白い狛犬の妖怪。神社が取り壊されたため都会にやって来た、世間知らずで純朴な妖怪。

コマじろう:遠藤綾
コマさんの双子の弟。尊敬する兄を追って都会に来る。実はコマさんよりもかなりしっかりしている。

フミちゃん / 木霊 文花(こだま ふみか):遠藤綾
ケータのクラスメイト。可愛いうえに頭も良いクラスのマドンナ的な存在。
ちょっとだけ霊感があるため妖怪に取りつかれやすい。
ゲーム版「1」と「2」では女の子の主人公として選択できる。

クマ / 熊島 五郎太(くましま ごろうた):奈良徹
ケータと仲良しのクラスメイト。ヤンチャなガキ大将だけど家族思いで優しい男の子。

カンチ / 今田 干治(いまだ かんち): 佐藤智恵
ケータと仲良しのクラスメイト。ハイテク機械に強い理論派で、妖怪の存在を信じていない。

イナホ / 未空 イナホ(みそら イナホ):悠木碧
ゲーム版「3」、アニメ2ndシーズン(77話)から登場するもう一人の主人公。
SF、アニメ、ゲーム、漫画が大好きな「全方位オタク」。
ある日商店街のおもちゃ屋さんで腕時計=妖怪ウォッチUプロトタイプを手に入れて妖怪が見えるように。USAピョンと共に「イナウサ不思議探偵社」を開いて妖怪が絡む事件に挑む。

USAピョン(うさピョン):重本ことり
2ndシーズン(77話)から登場する妖怪。元は宇宙工学の科学者・ヒューリー博士に飼われていたフェレット系の小動物だったが、ロケット実験中の事故で亡くなり妖怪になった。いつも強がって威張っているが、本当は寂しがり屋。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください