huluとrakutentvの動画配信サイトを徹底比較!

動画を視聴できるサービスを行うサイトは日本国内にたくさんあります。だが、各社のサービス内容は大きく異なっていることがあります。

そこで動画配信サービスとして新たなサービスを始めたRakuteTV。利用の幅が広がって利用者が増えています。

そして、今まで紹介してきたHuluのサービス。以上の2社を今回は徹底的に比較しましょう。

楽天(rakutenTV)の動画配信サイトとは?

RakuteTVは楽天市場や楽天ブックスなど数多くのサービスがある内の一つです。
基本的に動画は国内だけの配信であり、すでに配信されている作品一覧から視聴することができます。
国内最大の見放題パックを取り揃えているのが最大の魅力です。

・rakutenTV 見放題パックを選べて購入できるが課金有料作品も多い
・Hulu 見放題で視聴できる作品がほとんどで、逆に見放題パックをサイト内で購入することができない

配信している作品ジャンル

各ジャンルで人気の作品から昔懐かしい作品まで動画が配信されています。

【配信ジャンル一覧】

・洋画
・邦画
・海外ドラマ
・国内ドラマ
・韓国ドラマ
・台湾ドラマ
・アニメ
・バラエティ
・パチンコパチスロ
・スポーツ
・グラビア
・舞台
・のぎ天
・アダルト

検索から作品名やキーワードを入力してジャンルごとに探すことができます。

また、人気作品やパック見放題の作品探せるので、見たいものをすぐにピックアップすることができます。

・rakutenTV さまざまな作品から検索できて作品を探せる。アダルトも視聴可能。
・Hulu 検索からある程度の作品候補が一覧で表示されるシステム。アダルトは視聴不可。

(「あい」で表示される候補の画像)

【アダルトジャンルを探す場合】

ログインしてメニューから「アダルト」を選ぶと視聴できます。逆に言えば、ログインしないと見つかりません。(ドコモケータイ払いは利用できまません。)

定額見放題が豊富なrakutenTV

特にrakutenTVはHuluと異なって定額見放題が充実していることにあります。
Huluは配信作品のほとんどが見放題という特長に対して、rakutenTV自体は配信作品が有料のものが結構あります。

ところが、rakutenTVが契約している見放題の各社のサービスがまとまっているので、見たいジャンルや作品によってrakutenTV内で見放題プランを購入することができるのです。

【用意されている定額見放題パック[一部]】

・フジテレビONE/TWO/NEXTsmartマンスリーパック
・恋する★韓ドラパック
・パチ・スロ サイトセブンTV マンスリーパック
・Vシネマ「極上!マンスリーパック」
・TBSオンデマンド「見放題100」パック
・特選アニメパック

【注目度の高い定額見放題パック】

・Rakuten パ・リーグSpecial
・Rakuten NBA Special

上記の中で気に入ったものを月額購入し見放題で視聴することができるわけですね。
作品を探しているときに、「個別作品に200円以上も課金するのはちょっと・・・」という方でも楽しむことができます。

・rakutenTV 個別課金と見放題のどちらで視聴するかの選べる選択肢がある
・Hulu 見放題としてサイト内に配信されていない作品は視聴することができないが、安心してまとめて視聴できるのがメリット

プレミアム見放題パック

また、見放題パックの中でもU-NEXTが提供を行う定額見放題がプレミアム見放題パックです。4万本以上の作品から見放題で視聴可能です。
トライアルで31日後まで無料キャンペーンをやっていて、無料期間以降は月額で2,149円でサービスが継続可能です。

解約手続きをしないと課金として自動的に発生しますので注意が必要です。
また、プレミアム見放題パックは、rakutenTV内全ての作品を見放題にするわけではないことに気をつけましょう。定額見放題パックの作品も同様です。

見放題範囲の作品から視聴することを徹底すればかなり優れたサービスです。定額を複数契約すると作品の重複が起こることもあるのでパックを選ぶときはきちんと厳選しましょう。

・rakutenTV さまざまなパックがあるから複数の動画サイトに登録しなくても良い。
・Hulu 海外作品向けのプレミアムパックはあるが、個別のパックはないため、目的の作品がないと別の動画配信サイトを探さなくてはならない。

rakutenTVの利用料金システムは単話課金?それとも見放題?

rakutenTVの利用料金について見てみましょう。
rakutenTVは基本的に利用無料で、利用するだけならば料金が発生することはありません。

ただし、作品の視聴に有料課金がある場合は別です。作品を購入して表示されている動画の金額を支払う必要があります。
課金ができないと視聴することはできません。逆に「無料」となっているものは手続きなしでそのまま視聴できます。

以上に加えて、rakutenTVには先ほど紹介したような定額パックが存在します。
定額パックへの支払いは課金有料作品と同じ手続きで購入を行い定額視聴に移ることができます。

例えば、「フジテレビONE/TWO/NEXTsmartマンスリーパック」を視聴したいと思ったら、月額1,620円を購入します。プレミアム見放題パックなら月額2,149円といった具合です。

購入とレンタルの料金の違い

rakutenTVには購入とレンタルがあり、「購入(買いきり)」は一度購入すると退会などで利用停止しない限り視聴ができるものです。
レンタルよりも料金が高いのが特徴です。邦画で新作で2,160円~、旧作で1,080円~です。

一方、「レンタル」での購入の場合、60日など決まった期間内の間だけ繰り返し視聴ができます。
期間を過ぎたものはまた購入しないと視聴できなくなります。購入する際、個別作品は旧作と新作で料金が分かれています。

・邦画など
新作は432円~
旧作は324円~

・アニメ
最新配信で216円~(432円)
旧作は108円~(54円の作品あり)

・アダルト
324円~

購入方法は単話パックとよばれる1話ずつの購入に加えて、数話ごと、全話まとめての購入に分かれます。
全話まとめて購入すると割安になる仕組みです。

5割ほど安くなる作品もあります。安くなる割合は作品によって違うので確認が必要でしょう。

・rakutenTV 基本は無料で、無料作品を見る、もしくは課金有料作品を購入するか、パックで見放題を視聴する。定額見放題パックごとに料金が違う(定額無料トライアル期間あり)
・Hulu 月額933円(無料トライアルが2週間)

支払い方法の比較

個別の料金や見放題パックの料金が分かったところで、rakutenTVのお支払い方法をご説明しましょう。まず支払いに利用できるのは以下です。

・クレジットカード(VISA、JCB、Master、ダイナース、Amex)
・auかんたん決済
・ドコモケータイ払い
・ソフトバンクまとめて支払い(ワイモバイルまとめて支払い)

支払い方法は、支払いの登録時に行った決済方法を後で変更することも可能です。
その場合、課金前日に解約の手続きが行われて、新たな決済方法が次月から適応できます。

・rakutenTV キャリア決済とクレジットカードが使用できます。
・Hulu キャリア決済、クレジットカードに加えて、PayPal、Huluチケット、mineoオプションサービス、Yahoo!ウォレット、Amazonアプリ内決済などたくさんの支払い方法から選べます。

利用可能デバイス

rakutenTVは複数のデバイスで配信動画を視聴できます。
TV、パソコン(のストリーム)、タブレット、PlayStation(R4)、スマホなど利用したい場面や環境に合わせて使用することができます。

Huluの視聴利用デバイスの対応もだいたい同じです。
もちろん、大型テレビでの視聴が可能なので大迫力を自宅にいながら楽しむことができます。

解約についての注意事項

解約する方法は、「利用停止申請(楽天IDとのサービス解除)」の中で行うことができます。
ただし、解約はスーパーポイントサービスなど消えてしまいます。

ですから、休止の場合は解約をせずに放置するだけにしましょう。
rakutenTV内の定額見放題パックは解約して、rakutenTVは維持料金がかからないのでそのままにしても問題ないです。

・rakutenTV 休止状態がない。
・Hulu 休止状態にすることができる

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください