「13日の金曜日」(2009年リブート版)huluで配信中!


1980年に公開されて以降、スプラッター映画の代名詞的存在となった「13日の金曜日」が、

マイケル・ベイ監督のもとリブートされて再登場!

大人気海外ドラマ「SUPERNATURAL (スーパーナチュラル)」で、
サム・ウィンチェスター役をつとめるジャレッド・パダレッキを主演に迎え、注目された。
ジャレッドは以前にも「House of Wax(蝋人形の館)」でホラー映画に出演しているが、
主演での起用は今作が初めて。

hulu配信状況

■「13日の金曜日」1時間38分 (2009年公開)
・R15+指定
・字幕版・吹替え版ともに配信中(2018年8月現在)

ジャレッド・パダレッキ関連作品

■「SUPERNATURAL (スーパーナチュラル)」season10まで、全218話。
■「SUPERNATURAL THE ANIMATION(スーパーナチュラル ザ アニメーション)」全22話。.

それぞれ、字幕版・吹替版ともに配信中!(2018年8月現在)
アニメーションの声優も、海外ドラマ版と同じキャストなので安心ですよ!

あらすじ

1980年の13日の金曜日。
キャンプ施設「クリスタルレイク」にて、
連続殺人犯のパメラ・ボーヒーズが返り討ちにあい殺害された。

やがて時は経ち。
事件の記憶は薄れ、都市伝説のように人々に噂されるようになる頃。

行方不明の妹・ウィットニーを探しにやってきたクレイは、
クリスタルレイク近郊の別荘に来ていた若者たちと出会う。

しかしその場所は。
「彼」が眠る場所だった。

「彼を起こしてはいけない」
地元の住民たちの願いは届かず、
バカンスうかれる若者たちは次々と姿を消していき…

映画を見た感想

「ホラー映画界の有名なキャラクターは?」
そう聞かれて、ジェイソン・ボーヒーズの名前を挙げる人は多いはずだ。

今は色々と規制が入ってしまってテレビ放送は自重されているが、
昔は13日の金曜日の夜といえば、
決まって「13日の金曜日」がお茶の間に流れていた。(良い時代だったなー)

幼い私にとって彼は、
「マスクをかぶっためっちゃ怖いおじさん」だったが、
リメイク版を見て、
その生い立ちや悲しみを理解すると。
ただただ可哀そうな少年が、そこにはいた。

見た目こそ2m近い大男だが、
心では、ひたすらに母親を求めている。
母親の心の安息を求めて、生贄をささげている。
そんな、傷ついた少年を感じた。

でも、いくら絶望の底にいるからと言っても、
悲しみと怒りのはけ口が「母親を殺した女性」ではなくて、
「クリスタルレイク付近にいる若者」(しかも男女関係ない)に向いてしまうのは、
殺しのストライクゾーン広すぎじゃない?と思わなくもないけどね…(笑)

ジャレッド・パダレッキの安心感が凄い

今作で、クレイを演じるジャレッドだが、正直もう、
サ ム に し か 見 え な い。 @スーパーナチュラル


(撮影時期も、作品の毛色もかぶっているから仕方ないね)

だから、危険な状況に追い込まれても、
ウィンチェスターだしな!強いしな!」という謎の安心感がうまれて、
若干ハラハラ指数が下がってしまった。(ジャレッド、体格も良いしね)

まあ勿論、実際はサムではない訳で、
圧倒的怪力を誇るジェイソンさんの前では軽々と吹き飛ばされちゃうのだけど…

そんなときさえも、我々はこう思うのだ。

「ディーン!早く助けに来い!弟ぼっこぼこにされてるぞ!」…と。

ジェイソンさんの人物像に迫る!

2018年8月にPS4でオンライン対戦ゲーム「フライデー・ザ・13th」も発売され、
今なお沢山のホラーファンに愛されていることが証明されたジェイソンさん。
そんな彼の素顔に注目してみたいと思います!

生い立ち

先天的な知的障害と、顔面の奇形をもって生まれてきたジェイソンさん。
その容姿から周りの子供たちから執拗にイジメられてきたため、
おとなしく、人目を避けるような性格に育つ。

クリスタルレイクの湖で溺れ、亡くなったと思われていたが…

特徴

素顔にコンプレックスを抱えているためか、
普段は麻袋をかぶり、顔を隠して生活している。
本編途中、農夫の家でホッケーマスクを入手した後は、
鏡でじっくり確認して「うん。良い感じ♡」と身だしなみチェックする様が、
なんとも愛らしかった。

気に入ったんだ!気に入ったんだね!ジェイソンさん!
※オリジナル版ジェイソンがホッケーマスクを着けだしたのは3作目から。

愛用の武器

主に使用する武器は「母親殺害時に使われたマチェーテ」。
そのほかに、アーチェリー斧(投げる)などの遠距離武器も装備。
トラバサミなんかの小道具も上手に使いこなせます!(キリッ)

あ。ちなみにジェイソンさん=チェーンソーと思われがちですが、
ジェイソンさんは過去作でもチェーンソーを使用したことはないです。

見た目やインパクトから、
「悪魔のいけにえ」レザーフェイスさんと混同されがちなので、
誤解されているようですな。

旧作ジェイソンよりも進化している

オリジナル版のジェイソンと比べて、
今作のジェイソンさんは知的な面が多々見られるため、

戦い方も困難を極めます!

侵入者を見つけるための鳴子や、
捕らえるためのトラバサミなど、たくさんのトラップを森の中に設置。

ブレイカーを落としてパニックを誘ってみたり、
被害者の一人を囮に使って仲間を一網打尽にしようともする。

ただ逃げ惑うだけじゃリメイク版ジェイソンさんには勝てないぞ!

作中に流れているBGMは?

作中、ジェイソンさんが出てくるぞーのタイミングでかかる不気味な効果音。

エフェクトがかかりまくっているから、
「キッ キッ キッ… ハッ ハッ ハッ…」と、
何か言っているようで聞き取れないけど…。

実は、「kill kill kill , mom mom mom」と言っているのです!!

と言うのも。
オリジナル版第一作目では、
殺人鬼の正体は、ジェイソンさんの母親。パメラ・ボーヒーズでした。

パメラは息子が湖で溺れ死んだと思い込んでいたため、
彼女の脳内で息子が呼びかけている声「ママ、こいつらを殺して」が、
いわゆる≪ジェイソンのテーマ≫になった訳ですね。

殺人鬼がジェイソンさん本人に世代交代したあともこのBGMが使われているため、
意味を考えると若干の違和感があるけれど…
そこはそれだけこのBGMが定着し、愛されたからなんでしょう!

登場人物/キャスト


役:クレイ・ミラー(演:ジャレッド・パダレッキ/Jared Padalecki)

吹替声優:内田夕夜
失踪した妹・ウィットニーを探しに単身クリスタルレイクにやってきた。
成人後、妹とは徐々に疎遠になったものの、
兄として、妹のことを心から想いやっている。真面目で一本気な性格。



役:ウィットニー・ミラー(演:アマンダ・リゲッティ/Amanda Righetti)

吹替声優:樋口あかり
病気がちな母親の看病を担う責任感の強い少女。
兄とは仲が良かったが、彼が家を出てから疎遠になり、
以降は素直になれず喧嘩が絶えない。良い子。



役:ジェンナ(演:ダニエル・パナベイカー/Danielle Nicole Panabaker)

吹替声優:佐古真弓
トレントの彼女だが、彼のわがままっぷりに嫌気がさし始めている。
明るく開放的な美人。
道中困っているクレイとともに妹探しを手伝うことに。



役:トレント(演:トラヴィス・ヴァン・ウィンクル/Travis Van Winkle)

吹替声優:佐藤銀平
裕福な家庭の典型的なわがままお坊ちゃま。
自分の思う通りに事がすすまないと癇癪をおこすタイプで、
突然現れた(ジェンナとも親しい)クレイの事を快く思っていない。



役:チューウィー(演:アーロン・ヨー/Aaron Yoo)

吹替声優:宮下栄治
アジア系の陽気な男性。
とにかく楽しければOKなお調子者。
場を盛り上げるためなら靴の中に入ったビールも笑いながら飲む。



役:ロレンス(演:アーレン・エスカーペタ/Arlen Escarpeta)

吹替声優:柳沢栄治
チューウィーの親友でヒップホップ好きな黒人男性。
ブラックジョークを言って周りをドン引きさせることもしばしば。
お調子者2号だが、友情には熱く、いざとなったら行動する兄貴肌。



役:ブリー(演:ジュリアナ・ギル/Julianna Guill)

吹替声優:小林美佐
ジェンナの友人で、現在彼氏募集中。
実は以前からトレントに(お金に?)気があるため、
持ち前の色気を存分に発揮し、セクシーポーズでトレントに迫る。



役:チェルシー(演:ウィラ・フォード/Willa Ford)

吹替声優:浅野まゆみ
ノーランの彼女。
健康的で悪戯が大好きなパリピちゃん。
ちょっと悪ぶっているノーランに夢中。



役:ノーラン(演:ライアン・ハンセン/Ryan Hansen)

吹替声優:渡辺浩司
チェルシーの彼氏。
「ダメ」と言われることほど率先してやっちゃうぜ系パリピ。
トレントのボートを無断で拝借し、彼女と湖でキャッキャウフフを楽しむが…

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください