2011年放送し、社会現象をも起こした大人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」がHuluで配信開始されました!(2018年6月12日現在)

「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト(アニプレックス):
http://www.madoka-magica.com/tv/index.html
「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト(MBS):
https://www.mbs.jp/madoka-magica/

「魔法少女まどか☆マギカ」をHuluで見た

2011年1月7日から4月22日まで、毎日放送 (MBS) 他で深夜アニメとして放送。
全12話。各24分。

huluでは全話配信中です!

どこにでもある日常の中で暮らす、ごく普通の平凡な中学生・鹿目まどか。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。
それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い――
それは、新たなる魔法少女物語の始まり――。

アニメーション制作・シャフト、監督・新房昭之、脚本・虚淵玄が組んで創り上げたオリジナルダークファンタジー。
幻想的な世界観の中で繰り広げられる重く暗いストーリーが視聴者の心に深く刺さって社会現象的なブームを巻き起こし、第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門をはじめとする数々の賞を受賞。

アメリカ合衆国、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、イタリア、香港など世界各国でも放送された、日本アニメ史に名を残す大ヒット作品です。

スタッフ

原作: Magica Quartet
監督:新房昭之
脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクター原案:蒼樹うめ
キャラクターデザイン:岸田隆宏
シリーズディレクター:宮本幸裕
総作画監督:谷口淳一郎・高橋美香
アクションディレクター:阿部 望・神谷智大
異空間設計:劇団イヌカレー
レイアウト設計:牧孝雄
美術監督:稲葉邦彦・金子雄司(~第6話)・内藤健(第7話~)
美術設定:大原盛仁
色彩設計:日比野仁・滝沢いづみ
ビジュアルエフェクト:酒井基
撮影監督:江藤慎一郎
編集:松原理恵
音響監督:鶴岡陽太
音響制作:楽音舎
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:シャフト

主題歌

オープニングテーマ
ClariS「コネクト」
エンディングテーマ
Kalafina「Magia」

第1話「夢の中で逢った、ような…」 あらすじ

鹿目 まどか(かなめ まどか:悠木碧)はごく平凡な中学2年の女の子。

専業主夫の父、キャリアウーマンの母、3歳の弟と4人で仲良く暮らし、大好きな友達・さやか(喜多村英梨)仁美(新谷良子)と一緒に笑い合って学校に通う・・・そんな平和な日々を送っていた。

しかし、ある晩、まどかはとても不思議な夢を見る。

夢の中では黒髪の少女がたった一人で巨大な敵と戦っていた。
あまりの戦力差に苦戦する少女を見て「ひどい・・・」と息を飲むと、いつの間にか隣にいた白い動物がまどかに「君なら運命を変えられる」と話しかけてきた。

「だから、僕と契約して魔法少女になってよ」

そんな夢をみたその日、まどかのクラスに転校生がやってくる。
転校生・暁美ほむら(あけみ ほむら:斎藤千和)はまどかが夢の中で見た少女と瓜二つだった。

戸惑いを隠せないまどかにほむらは近づき、意味深な言葉を投げかける・・・

はじめて「魔法少女まどか☆マギカ」を見た感想

「魔法少女まどか☆マギカ」が放送された2011年から早7年。
当時観ることが出来ずブームに乗れなかった筆者が、今回Huluでの配信開始を機に初めて全話視聴してみました!

可愛らしいビジュアルのダーク・ファンタジー

何の情報もなくメインキャラクター5人が並ぶ画像を見ると、「新しいプリキュアかな?」と思ってしまいそうなほど可愛らしいビジュアルをしている「魔法少女まどか☆マギカ」。
しかし、ネット上では多くのアニメファンが「ものすごいアニメだった・・・」と高評価をつけ、熱狂的なファンを生み出したとか。

そんな怪物アニメとも言える本作を、本腰入れて全話一気に視聴してみましたが・・・確かにただの美少女アニメとは一味も二味も違う、ものすごいアニメでした・・・

甘くコーティングされ可愛らしい形をした劇毒物のような、それはそれは恐ろしいSFダーク・ファンタジーでした。

つきつけられる魔法少女の闇

日本の「魔法少女」の歴史は長く、古くは1960年代の「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」から始まり、2018年現在の「プリキュア」シリーズや「魔法×戦士マジマジョピュアーズ」まで続いており、アニメや漫画作品の一つのジャンルとして多くの日本人に親しまれ続けています。

そんな私達に対して「魔法少女まどか☆マギカ」は「魔法少女って何?」とその存在の是非を問い、魔法少女達の闇をつきつけてくるような重く暗いストーリーになっています。

一度「まどマギ」を見てしまうと、サリーちゃんもアッコちゃんも「その笑顔の影にどんな苦悩を抱いているんだろう・・・」と勝手に想像してしまい、まともに見られなくなってしまいそうです。

観る者の予想を上回る超「鬱展開」

「魔法少女まどか☆マギカ」の最大の見どころは、観る者の予想を上回る超展開を次々と繰り出してくるところでしょうか。
一般的な魔法少女モノであれば、こういう流れなら次はこう展開するのでは?と想像しても大体簡単に裏切られてしまいました。しかもその方向性はいわゆる「鬱展開」。

作中、主人公のまどかが泣きそうな声で「そんな・・・あんまりだよ・・・こんなのってないよ・・・」と言うシーンがあるのですが、視聴しながら「こんなのってないよ・・・」を何度言ったかわかりません。

個性豊かで魅力的な魔法少女達

思わず「こんなのってないよ・・・」と言ってしまうほど感情移入してしまったのには、登場する魔法少女達を好きになってしまったからでしょうか。

まどか、ほむら、さやか、マミ、杏子…と、同じ魔法少女でありながら外見、衣装、性格、信念はそれぞれまるで違っていてとても個性豊かで魅力的。それでいてどこか脆くて弱い部分もあり、見ていて応援したくなる健気さも持っています。
そんな部分に強く共感してしまったからこそ、彼女達の壮絶な運命を知って愕然とし、作中のまどかのように「そんな・・・あんまりだよ・・・」と呟いてしまうほどでした。

特に、一番の人気キャラとされるほむらの行動の真実が明かされた時には、あまりの切なさに思わず泣きそうになってしまいました。

徹底的に作り込まれた世界観

「魔法少女まどか☆マギカ」の「すごい!」を構成するうち一つの要素として、徹底的に作り込まれた世界観を挙げることが出来ます。

特に、アニメーション作家ユニット・劇団イヌカレーが設計を手掛けた魔女が作り出す異空間の世界は、幻想的ながらどこか不気味で、悪夢のように目に焼き付いて離れなくなります。

OP/EDそれぞれに意味がある。

そして、それを盛り上げる主題歌や梶浦由記が手掛けた劇伴の素晴らしさも特筆したいところ。
ストーリーが進み真実が明かされていくにつれて、オープニングテーマの「コネクト」とエンディングテーマの「Magia」の歌詞に込められた意味が分かって、視聴中に流れるたびにに泣きそうになってしまいました。

登場人物/キャスト

鹿目 まどか(かなめ まどか):悠木碧
主人公。見滝原中学校に通う中学2年生の平凡な女の子。
友達思いで心優しい性格の持ち主で、自分には何の取り柄もないと思っている。
ある日見た夢をきっかけに不思議な世界に足を踏み入れてしまい、魔法少女の存在を知る。
魔法少女としては途方もない素質を持っており、キュゥべえから「契約」を迫られる。

暁美 ほむら(あけみ ほむら):斎藤千和
まどかのクラスへ転校してきた少女。
容姿端麗で成績も優秀でスポーツも万能だが、人を寄せ付けないクールな性格。
実は魔法少女のひとりで、まどかに対して謎めいた警告を繰り返す。

美樹 さやか(みき さやか):喜多村英梨
まどかのクラスメイトで親友。いつも元気で活発な女の子。
まどかと共に魔法少女の結界の中に足を踏み入れてしまい、魔法少女の存在を知る。
事故による怪我のせいでバイオリン奏者への夢を絶たれた幼馴染の恭介の事を心配している。

巴 マミ(ともえ マミ):水橋かおり
見滝原中学校の3年生。面倒見の良いお姉さん的存在。
キュゥべえと契約し、魔女とその使い魔の脅威から街を守る現役の魔法少女。
魔女の結界に迷い込んだまどかとさやかを助けて以来、ベテラン魔法少女として2人の相談役となる。

佐倉 杏子(さくら きょうこ):野中藍
マミの縄張り狙って別の街からやって来た魔法少女。
気が強く好戦的な所がありほむらやさやかと敵対するが、根は優しい女の子。

キュゥべえ:加藤英美里
ある日突然まどか達の前に現れた「魔法の使者」。
どんな願いでも1つ叶える代わりに少女を魔法少女へと変化させる「契約」を交わす。
可愛らしい動物のような外見とは裏腹に多くの謎を秘めている存在。

志筑 仁美(しづき ひとみ):新谷良子
見滝原中学校の2年生。まどかとさやかの親友。
おっとりとしたお嬢様で、男子からの人気も高い美少女。

上条 恭介(かみじょう きょうすけ):吉田聖子
さやかの幼なじみ。見滝原中学校の2年生だが、現在は入院中。
将来有望な少年ヴァイオリニストだったが、事故が元で指が動かなくなってしまう。

早乙女 和子(さおとめ かずこ): 岩男潤子
まどか達のクラスの担任を受け持つ英語教師。婚活中。
まどかの母である詢子とは昔からの親友。

鹿目 詢子(かなめ じゅんこ):後藤邑子
まどかの母。遣り手のキャリアウーマン。男前で子供想いの優しいお母さん。

鹿目 知久(かなめ ともひさ):岩永哲哉
まどかの父。専業主夫。優しく穏やかなお父さん。

鹿目 タツヤ(かなめ タツヤ): 水橋かおり
まどかの弟。幼稚園に通う3歳児。まどかのことが大好き。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ