「APB ハイテク捜査網」犯罪捜査の未来を描く作品がhuluで配信!


FOXチャンネルで配信され、huluリアルタイム配信・見逃し配信で視聴可能だった「APB ハイテク捜査網」がついにhulu本配信されました!
天才エンジニアにして巨大企業「リーヴス・インダストリーズ」の経営者、ギデオン・リーヴスが、シカゴ市警13分署を買収し、最新のハイテク技術で犯罪捜査を行う異色クライムドラマ。
残念ながら1シーズンで打ち切りとなってしまったこのドラマの面白さと打ち切りの理由を考察してみました。

hulu配信状況

  • シーズン1 全12話 各話42分~45分 字幕版/吹替版

■APB ハイテク捜査網 配信済みタイトル

  • 第1話 / 46分 強制リセット
  • 第2話 / 43分 それぞれの過去
  • 第3話 / 44分 尋問テクノロジー
  • 第4話 / 43分 ナノ潜入捜査
  • 第5話 / 43分 想定外
  • 第6話 / 44分 天才詐欺師
  • 第7話 / 44分 危険なビジネス
  • 第8話 / 43分 炎の抗争
  • 第9話 / 44分 湖底への旅
  • 第10話 / 44分 奇妙な相棒
  • 第11話 / 44分 パンドラの箱
  • 第12話 / 44分 飛び火

シーズン1第一話あらすじ

「強制リセット」



民間での宇宙開発からナノテクノロジーまで手がける巨大企業、リーヴス・インダストリーズの経営者にして天才技術者でもあるギデオン・リーヴス。石油王を相手に油田火災の消火用ドローンのプレゼンを終えた彼は、上機嫌で帰途についていた。
車に同乗していた親友のサリーを置いてタバコを買いにでたギデオンだったが、そこで銃を持った強盗に遭遇する。
警察に通報するも「お待ちください」とまるであてにならず、ギデオンは早々に強盗に見つかってしまう。間一髪というところでサリーが助けに入るが、彼は強盗ともみ合ううちに強盗の凶弾に倒れ亡くなってしまう。
強盗事件の調書の為にシカゴ市警13分署に連れていかれたギデオンだったが、強盗殺人という重犯罪にも関わらず、科学捜査どころかコピー機すら満足に使えず、担当の警官はリストラの危機にやる気をなくしていた。

6週間後。ギデオンは、未だ強盗犯が捕まるどころかまともに捜査すら開始されていないことに憤り、シカゴ市の市長のところに乗り込んで半ば恫喝するように13分署を買収。
世間に「売名行為」などの誹りを受けながらも、親友を殺した犯人逮捕の為に全力を尽くすと誓う。
13分署はギデオンの潤沢な資金力とリーヴス・インダストリーズの技術力によって
最新式の素材を使った防弾服、非殺傷・殺傷モード切替式のテーザーガン、犯罪者追跡用のドローンなど、新鋭のハイテク機器が次々と導入される。
そして、市民のスマホにダウンロードされ、ワンアクションで通報やGPS情報の共有などが可能な【市民と警察をつなぐアプリ】「APB」が配信され──

登場人物

  • ギデオン・リーヴス(演:ジャスティン・カーク)
20歳で「リーヴス・インダストリーズ」を起業し、自身も技術者として次々と新技術を開発し、大成功を収めた億万長者。
傲慢でナルシスト、常に軽薄な態度で周囲をイラつかせることもしばしばある。
しかし、資金面のみならず、エンジニアとしての視点からのひらめきや、状況に応じて必要な機器を組み立ててしまう応用力と技術で13分署の犯人逮捕に多大な貢献をする。
  • テレサ・マーフィ(演:ナタリー・マルティネス)
13分署に10年勤める叩き上げの刑事。昔ながらの刑事のやり方を尊重し、パトロールで培った地元の情報や地道な聞き込みで犯人を追い込んできた。
横暴なやり方で13分署に介入してきたギデオンに最初は反発するものの、徐々に打ち解け信頼を寄せるようになる。
ハイテク技術を使った捜査に戸惑いつつも、昔ながらのやり方と最新技術をうまく使いこなす柔軟な思考の持ち主
  • エイダ・ハミルトン(演:ケイトリン・ステイシー)
リーヴス・インダストリーズのCTO(最高技術責任者)。ギデオンと共に13分署に通い、主に指令室から刑事たちの技術面のサポートを行う。
もともとはリーヴス・インダンストリーズのコンピューターへハッキングしたことがきっかけでギデオンと出会い、CTOにまでなった。
DV8というクラッカーと昔友人関係で、それが元で13分署が一大事件に巻き込まれることに…

実話から着想を得たドラマ

アメリカに実在する民間警察



ドラマのタイトルにもなっているアプリ「APB」。アプリ上で警察への通報・GPSで通報場所を特定・警察官への情報共有などが出来るものですが、このアプリは実際にルイジアナ州ニューオリンズの民間警察が取り入れているものに着想を得たもの。現実でも隣家に強盗が入ったことにショックを受けた大富豪が立ち上がってアプリを開発したのだとか。

日本にもあるんです!

実は緊急通報をするアプリ、日本でもいくつか配信されているんです。同じようにアプリ上で警察や救急に通報でき、GPSでの位置情報取得やカメラの録画などができるもの。普通のスマホユーザーももちろんですが、通話契約のないスマホやタブレットのユーザーにも好評なんだとか。
「APB ハイテク捜査網」も、ドラマとは言え、その設定自体は全く荒唐無稽な話ではないのです。

しかしシーズン1で打ち切り…

最終話は衝撃的なラストのまま終了

2017年に放送開始され、全12話が放送されましたが、ドラマはそこで終了。
視聴率の低迷の為ということで最初から12話の構成で次シーズンへの更新がかからなかったのか、シーズンの途中で打ち切りになってしまったのかは不明なのですが
ストーリーは完全なるクリフハンガー(話の続きがあるような展開でドラマが終了すること)となっています。

打ち切りになった理由は?

初回こそ600万人とそこそこの視聴者を獲得した「APB ハイテク捜査網」ですが、そのまま話を重ねるごとに視聴者数は減って行ってしまい、そのまま打ち切り、というはこびとなったようです。



億万長者が予算不足の警察署を丸ごと買収、最新機器を次々投入、アプリによる通報システムの構築。しかし強引なやり方に市長が敵対、テクノロジーありきの捜査に警察官が反発、アプリをいたずら目的で使う市民に司令部が大混乱…と、設定はすごくおもしろかったのですが…

ドラマを詰め込みすぎた?



ギデオンを目の敵にする市長との政治的取引や、ギデオンと警察官たちとの衝突、ハイテクとアナログの融合を試みる捜査
マーフィの、元夫との確執やギデオンとほのかにかおるロマンス、ギデオンの経営者としての苦悩に、毎度起こる事件背景や解決方法……
ちょっと描きたいことを詰め込みすぎでしまったのでしょうか。それもドラマティックな場面をそれぞれ小出しにするので、視聴者は誰にも共感できないまま、もやもやした気持ちを抱えることに。ドラマのタイトルにもなったアプリ「APB」は、中盤からどこかへ行ってしまいました。

「APB ハイテク捜査網」はスロースターター

ただ、アプリ「APB」が鳴りを潜めてしまったころから、ドラマは俄然面白くなっていきます。

それぞれのキャラクターが活き活きしてきて、私は特にエイダの孤軍奮闘ぶりにハラハラしっぱなしでした。不敵な億万長者ギデオンも、徐々に犯罪を追うことに意義を見出して13分署の仲間として認められていったりと、キャラクターが深掘りされています。
ちょっと前振りが長めですが、伏線が徐々に回収されてストーリーは一気にクライマックスへと突き進むのです。

まだ見たりない!関連作品

シーズン1で終わってしまい、けれどまだまだあの俳優の活躍を見たい!という方に「APB ハイテク捜査網」出演俳優が出演しているhulu配信作品をご紹介します。
※配信作品は2018年5月現在のものです

「エンド・オブ・ウォッチ」



ロサンゼルス市警の警察官の持つカメラの視点で、主人公たちの活躍やメキシコ系麻薬カルテルとの衝突を抜き出した映画。
「APB ハイテク捜査網」でマーフィを演じたナタリー・マルティネスが、主人公の一人マイクの妻ギャビーを演じています。

「エビデンス―全滅―」



殺人現場でカメラは何を見たか?旋律のサスペンスホラー映画。
バーニング・キラーと呼ばれる殺人鬼をがバスの乗客を焼殺する事件が勃発。現場に残されていたカメラに記録された映像から、刑事たちは犯人を見つける手がかりを探すが……
「APB ハイテク捜査網」ではリーヴス・インダストリーズのCTO・エイダを演じていたケイトリン・ステイシーが出演しています。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください