日本映画の金字塔「犬神家の一族」(1976年)をHuluで見た感想

日本映画の金字塔!呪われた一族を巡る連続殺人を描いた映画「犬神家の一族」(1976年)はHuluで配信中です(2018年3月30日現在)

「犬神家の一族」をHuluで見た感想

1976年(昭和51年)10月16日公開。配給は東宝。

横溝正史による「金田一耕助シリーズ」の一つである長編推理小説を映画化!

製薬王が残した莫大な遺産と謎の遺言状を巡る一族の抗争から展開していく連続殺人事件。
湖に突き出た逆さの足、菊人形につけられた生首…犬神家の家宝である斧 (ヨキ)・琴 (コト)・菊 (キク)に隠された忌まわしい秘密を 名探偵・金田一耕助が華麗に暴く・・・!

日本を代表する映画監督・市川崑監督と石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの第1作。
配給収入15億6000万円を記録する1976年の大ヒット作でとなり、キネマ旬報ベストテン第5位、第1回報知映画賞作品賞など受賞。批評家やファンからも高い評価と支持を受けたまさに「日本映画の金字塔」と言える名作です!

原作

横溝正史「犬神家の一族」
大日本雄辯會講談社(現・講談社)の大衆娯楽雑誌『キング』に1950年1月号から1951年5月号まで掲載。

横溝正史の長編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。
同シリーズ中屈指の人気作品で、3回映画化、5回テレビドラマ化されている他、数々の漫画化の手によってコミカライズもされている。

文庫版
株式会社KADOKAWA 角川文庫より刊行。

漫画版
犬神家の一族 作画:つのだじろう、講談社漫画文庫より刊行
犬神家の一族 作画:いけうち誠一、講談社コミックブックシリーズより刊行
犬神家の一族 作画:JET、角川書店あすかコミックスDXより刊行
犬神家の一族 作画:長尾文子、秋田書店サスペリアミステリーコミックスより刊行
犬神家の一族 作画:小山田いく、ぶんか社『ホラー・ミステリー』掲載。単行本未刊

スタッフ

監督:市川崑
製作:角川春樹、市川喜一
原作:横溝正史
脚本:長田紀生、日高真也、市川崑
撮影:長谷川清
美術:阿久根厳
録音:大橋鉄矢
照明:岡本健一
音楽:大野雄二、小杉太一郎(箏曲「双輪」の作曲者)
編集:長田千鶴子
助監督:加藤哲郎
製作担当者:中村賢一
効果:東洋音響
録音スタジオ:アオイスタジオ
現像:東洋現像所

あらすじ

昭和22年2月。信州・那須市。
孤児の身から製薬業を興して一代で財を成し、日本の製薬王と呼ばれた犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛が、一族の者に囲まれ見守られる中、他界した。

その莫大な遺産の相続について記された遺言状は顧問弁護士・古館に託され、血縁の者が全て揃った時に開封、発表されることとなった・・・

7か月後、私立探偵・金田一耕肋は古館の助手である弁護士・若林に犬神家の遺産相続問題についての調査を依頼され那須にやって来ていた。

しかし、依頼人である若林は金田一と会う前に何者かによって毒殺されてしまう。
若林殺害の重要参考人として警察に拘留されていた金田一を引き取りに来た古館は、若林に代わって金田一に引き続き調査を依頼する。

犬神家の遺言状の内容には、古舘の手に余るほど非常に不可解な点が多く含まれていたのだ。

故・佐兵衛翁は生涯正妻を持たず、三人の妾に産ませた松子、竹子、梅子という腹違いの三人の娘いた。
松子には戦地に行っている佐清(すけきよ)、竹子には佐武(すけたけ)小夜子の兄妹、梅子には佐智(すけとも)という子供がいる。そして、血は繋がっていないが、佐兵衛翁の大恩人である野々宮大式の孫娘・野々宮珠世もこの犬神家の住人であった。

遺言状は佐清の帰還を待って公開されることになっていたが、ようやく復員の連絡が付き、松子によって連れて帰ってこられた佐清は、戦争で顔を醜く負傷したためゴム製の仮面をかぶって一族の前に姿を現わしたのだった。

ようやく血縁者が揃った事で公開された遺言状の内容は以下のようなものだった。

犬神家の全財産と全事業の相続権を意味する三種の家宝、斧(よき)、琴、菊は、珠世の譲渡される事。
ただし佐兵衛の孫である佐清、佐武、佐智のいずれかと結婚することが条件となる。
さらにこの珠代が3人以外の配偶者を選ぶ場合はその相続権を失い、らに、珠世が相続権を失うか死んだ場合、犬神家の財産は5等分され3人の孫息子に各5分の1ずつを、残り5分の2を佐兵衛のもうひとりの愛人・青沼菊乃の息子の静馬に相続させる。

佐兵衛の血縁者ではない珠代や、長らく消息が知れない青沼親子に莫大な遺産を与えられる可能性があると知り、怒りのあまり平静さを失う3姉妹。

一方で佐武と佐智は、珠世を手に入れようと近づくが・・・

祝い言葉をだったはずの犬神家の家宝「斧(よき)、琴、菊」(よきこと聞く)にちなんで展開されていく連続殺人。

血で血を洗う呪われた犬神家の系譜が、名探偵金田一耕助の手で解明されていく・・・!

みどころ

白いゴムマスクを透けたスケキヨ湖面ににょっきりと突き出た逆さの足。21世紀に入った今でもなおパロディとして取り扱われることのある印象的なあの場面で有名な「犬神家の一族」。

若い世代にとってネタとして知ってはいても実際映画本編を観たという人は案外少ないのではないでしょうか?

本来の「犬神家の一族」は信州に本拠地を置く呪われた財閥一族を巡る連続殺人事件を描いた物語です。

犬神家に伝わる家宝になぞらえて起こっていく連続殺人の手口はどれも非常に猟奇的・・・!
1976年のVFXなどの映像技法や特殊メイクの技術が今より進んでいない時代の作品ではありますが、逆にそのレトロな手法が作品のおどろおどろしい世界観を一層増す効果を出しています…!

しかし、ただ禍々しいだけの物語ではなく、そこには怨念に支配される哀しい人々の人間ドラマが描かれています。

登場人物/キャスト

金田一 耕助(きんだいち こうすけ):石坂浩二
飄々とした風体の私立探偵。弁護士の若林に犬神家の財産相続について捜査を依頼され信州にある那須市にやってくる。

野々宮 珠世(ののみや たまよ):島田陽子
犬神佐兵衛の恩人・野々宮大弐の孫。両親を早くに亡くしたため佐兵衛に引き取られ、犬神家で暮らしている。佐兵衛の遺言によって犬神家の遺産相続の鍵を握ることになったためたびたび危険な目に合う。

≪犬神家の一族≫
犬神 佐兵衛(いぬがみ さへえ):三國連太郎
犬神財閥の創始者。放浪の孤児だったが、信州那須神社の神官である野々宮大弐に拾われて養育され、そこから製薬会社を興し、一代で財を成して中央政財界に進出。「日本の製薬王」と呼ばれるほどになる。
しかし、生涯正妻は娶らず、それぞれ違う女に娘の松子、竹子、梅子の三姉妹を生ませる。

犬神 松子(いぬがみ まつこ):高峰三枝子
佐兵衛の長女。夫と死別している未亡人。

犬神 佐清(いぬがみ すけきよ):あおい輝彦
松子の一人息子。遺産相続候補の一人。
出征中顔に酷い大怪我を負い、松子が東京で作らせたゴム製のマスクをかぶって犬神家へ戻って来る。

犬神 竹子(いぬがみ たけこ):三条美紀
佐兵衛の次女。母の違う姉・松子や妹・梅子とは仲が悪いが、仮面を被った佐清は松子が仕立て上げた偽物だという疑いを持って梅子と結託する。

犬神 寅之助(いぬがみ とらのすけ):金田龍之介
竹子の夫。犬神製糸東京支店長。

犬神 佐武(いぬがみ すけたけ):地井武男
竹子の息子。遺産相続候補の一人。

犬神 小夜子(いぬがみ さよこ):川口晶
竹子の娘。

犬神 梅子(いぬがみ うめこ):草笛光子
佐兵衛の三女。

犬神 幸吉(いぬがみ こうきち):小林昭二
梅子の夫。犬神製糸神戸支店長。

犬神 佐智(いぬがみ すけとも):川口恒
梅子の息子。遺産相続候補の一人。

≪犬神家の関係者≫


古館 恭三(ふるだて きょうぞう):小沢栄太郎
古館法律事務所所長を務める弁護士。
犬神家の顧問弁護士として佐兵衛より遺言状の管理を任されている。殺された若林に代わって金田一に調査を依頼する。

若林 豊一郎(わかばやし とよいちろう):西尾啓
古館法律事務所に勤務する弁護士。
犬神家の遺産相続問題に関して容易ならぬ事態が勃発すると予想し金田一に捜査を依頼するが、金田一と会う前に毒殺される。

猿蔵(さるぞう):寺田稔
犬神家の下男。珠世の世話役兼護衛役。
10年ほど前佐兵衛に連れてこられ、「命に代えても珠世を守れ」と命じられている。

宮川 香琴(みやがわ こうきん):岸田今日子
松子の琴の師匠。怪我が原因で目が見えない。

野々宮 大弐(ののみや だいに):那須清
那須神社の神官。珠世の祖父。故人。孤児だった犬神佐兵衛を拾い養育した恩人。
那須町では美少年だった佐兵衛との間には男色関係があったと噂されている。

野々宮 晴世(ののみや はるよ):仁科鳩美
大弐の妻。珠世の祖母。故人。

野々宮 祝子(ののみや のりこ)
野々宮夫妻の娘で、珠世の実母。故人。

青沼 菊乃(あおぬま きくの):大関優子
元は佐兵衛の持っていた製薬工場の女工。50歳を過ぎた佐兵衛に手を付けられ、佐兵衛にとって唯一の息子である静馬を産むが、ある時から消息を絶っている。

青沼 静馬(あおぬま しずま)
菊乃と佐兵衛の息子。母同様消息不明。年齢は佐清と同じ。

大山神官:大滝秀治
那須神社の神官。土地の人々の因縁などに詳しい。

≪町の人々≫
那須ホテルの女中・はる:坂口良子
那須ホテルの主人:横溝正史(特別出演)
柏屋の亭主・久平:三木のり平
柏屋の女房:沼田カズ子

≪警察関係者≫
藤崎鑑識課員:三谷昇
井上刑事:辻萬長
警察医:細井利雄
橘警察署長:加藤武
渡辺刑事:角川春樹
警察官:宮本茂(任天堂の宮本茂とは同姓同名の別人)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください