品川ヒロシが監督・脚本をした映画『漫才ギャング』をHuluにて見た感想!

お笑い芸人さんが歩む過酷な世界をリアルに描いた、映画『漫才ギャング』がHuluにて配信中です!

漫才師のリアルを描いた映画

2011年3月19日に公開された映画『漫才ギャング』がHuluにて配信中です!ぜひ、視聴してみてください!

この作品は、漫才師でも有名な「品川庄司」の品川ヒロシさんが、監督・脚本をつとめた作品です。品川ヒロシさんが監督・脚本をつとめたのは映画「ドロップ」に続いての、2作品目になります。映画「漫才ギャング」は、漫才師としての品川ヒロシさんを反映させるかのような作品になっていて、お笑い芸人さんの世界を描いています。リアルな切り口と、ポップなストーリーに多くの人から注目を浴びた映画です!

物語の内容は、泣かず飛ばすの漫才師が、相方にコンビ解消を告げれるところから始まります。そこからひょんなところで、ツッコミの才能がある悪っぽい青年とコンビを組み、お笑いのことや人間関係について学んでいくというお話です。夢や希望に溢れた、心の熱くなる物語になっています!

主人公の漫才師役には、熱血俳優で人気の佐藤隆太さんが抜擢されました。熱い想いを心に抱いた、癖のある漫才師を熱演しています。そして悪っぽい青年役には、上地雄輔さんが抜擢されています。バラエティでは見せない、本格的なお芝居をみることができ、ギャップに驚かされるでしょう。

出演者は、吉本興業のタレントさんが多く出演していますので、そこも楽しみの一つといえる作品になっています!熱い想いとテンポの良いストーリを楽しめる映画です。

Huluでの配信状況

・映画『漫才ギャング』(2時間18分)

あらすじ

黒沢飛夫石井保とコンビを組んで、漫才師として10年の時がたっていた。お笑い芸人としての才能はある飛夫だったが、泣かず飛ばすの日々を過ごしていた。もっと芸を磨いていきたいと考えた飛夫は、付き合っていた彼女の宮崎由美子別れを告げてお笑いに専念することにする。

どんな時、飛夫は相方の保に呼びだされ、コンビ解消の申し出をさせるのであった。コンビ解消の理由は「借金で首が回らなくなったこと」と、「飛夫の閉鎖的な性格」であった。飛夫はお笑い芸人として舞台では明るくしているが、舞台裏では性格が暗く人間関係を築く気などない性格であった。そんな性格では、取れる仕事も取れないと保は考えていたのだ。

保にコンビ解消を告げられて自暴自棄になった飛夫は、やけ酒をして保の家におしかけることにする。しかし保は借金取りから逃げている様子で、家にはいなかった。そこに保の借金の取立て屋があらわれ、飛夫は巻き込まれてることになる。一方的に殴られて気を失った飛夫は、近所の人の通報により、警察へと連れて行かれる。

目が覚めた飛夫は、留置所へと送られていることに気付く。そして留置所の同部屋には、もう一人男がいた。その人物の名前は鬼塚龍平という男で、喧嘩っぱやい刺青をいれた悪そうな男であった。飛夫は龍平と話しているうちに、龍平のツッコミの才能を見つけだす。そして保にコンビ解消を言い渡された飛夫は、龍平をお笑いの道に誘いコンビを組むことになった。

龍平とコンビを組むようになった飛夫は、性格に変化が訪れていた。龍平の開放的な性格に触発されて、飛夫も以前よりも明るい性格へとなっていった。そして彼女の由美子とも復縁することができ、コンビとしても実力をつけてきていた。そんなある日、龍平を目の敵にしていた不良グループが、飛夫に手を出す事件が発生する。龍平は喧嘩をすれば、お笑い芸人への道が閉ざされると分かっていながらも、不良グループへ殴り込み行くことを決意した。

龍平が喧嘩のため鑑別所へと送られている時、元の相方の保が戻ってくる。龍平は殴り込みに行く前に、保の元へと行っていたのだ。そして保に「飛夫の元にもう一度戻って欲しい」と頼んでいたのであった。飛夫は元の相方である保と、鑑別所にいる龍平の間で揺れ動くこになる。そして自らが選んだ、飛夫の相方とは・・・?

感想

会話が面白い

この作品には、吉本興業の芸人さんが多く出演しているだけあって、会話がとても面白いです。ちょっとしてセリフまわしや、会話のテンポにずっと笑ってみることができる作品だと思いました。今を輝く人気芸人さんが、ちょっとした役でも登場しているので、瞬きをする暇ないほどです。

そんなそうそうたる本物の芸人さんが出演している中で、主人公の飛夫役をした佐藤隆太さんと、その新しい相棒を役をした上地雄輔さんは、芸人さんではありません。しかし舞台の稽古をしている姿や、舞台でしている漫才の姿をみていると芸人さんに見えてくるのが不思議です。佐藤隆太さんや上地雄輔さんの新しい姿を見ることができるので、ファンの方はもちろん、多くの人にも新鮮さを与える作品なのではないかと感じます!

芸人さんのシビアな世界

芸人さんというと、ても楽しそうな世界を想像します。バラエティでの明るい姿や、失敗も笑いに変える話術など・・・見ていてとても華やかな世界だと感じてしまいます。しかし裏では、実力社会のとてもシビアな世界だということが、この作品をみていると感じます。

売れるまでの道のりは険しくて、でも夢を捨てられない・・・そんな葛藤が伝わってくる作品になっています。芸人さんの苦労や辛さは、あまり表にでることはありませんが、この作品を視聴するとそんな芸人さんの知らなかった世界を垣間見ることができるでしょう。そして芸人さんの凄さや、かっこよさが改めて感じられるのではないかと思います。お笑い好きの人には、必見の作品になっています!

登場人物/キャスト

黒沢飛夫/佐藤隆太

芸歴の長い漫才師。芸のことだけを考えていて、周囲との関係性を築くことは得意ではない。10年連れ添った相方にはコンビの解消を告げられ、彼女には芸に集中したいといって別れを告げる。ひょんなことから出逢った、不良っぽい風貌の龍平のツッコミの才能に魅入られる。

鬼塚龍平/上地雄輔

フリーターをしていて、喧嘩に明け暮れる青年。根っからの悪というわけではなくて、弱いものには手を出さず、大勢とつるむことのない孤高の悪である。何も打ち込めることがないことが悩みだったが、飛夫に誘われて入ったお笑いの世界に魅了されていく。

宮崎由美子/石原さとみ

飛夫の彼女。飛夫を支えながらも、いつも笑顔でいる女性。

石井保 /綾部祐二(ピース)

飛夫と10年来のコンビを組んでいた。借金取りに捕まり、コンビ解消を飛夫に告げる。好きなものは、お酒とギャンブル。飛夫のお笑いの才能は認めている。

金井/宮川大輔

保の借金の取り立て屋。暴力的な面と、面倒見の良い面を持ち合わせている。お笑いが好きである。

デブタク/西代洋(ミサイルマン)

龍平の友達。龍平とは古くからの付き合いで、二人で喧嘩い明け暮れていた。バイト先も龍平と同じである。将来の夢は料理屋になることで、その夢のためにお金を貯めている最中である。料理の腕前は抜群。

河原/長原成樹

飛夫が憧れていたお笑いの先輩。しかし今はお笑いの世界は辞めて、借金の取り立て屋になっている。飛夫の借金取りでありながらも、相談にもとってくれる人物。

小淵川/秋山竜次(ロバート)

保のアパートの隣人。オタクであり、自称フリーのお笑い芸人。龍平とデブタクの店の客でもある。キレたら怖いタイプ。

岩崎 /大悟(千鳥)

龍平を目の敵にする不良グループの一員。しかしリーダーの城川とは馬が合わないため、いつも食ってかかる。龍平のことを根性のあるやつだ、と認めている。

城川/新井浩文

龍平のことを目の敵にする不良グループのリーダー。龍平が目に入れば、いつも喧嘩をふっかけている。喧嘩の仕方も刃物を出したり、大勢で攻めたりと汚い。そのため人望はない。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください