ブラット・ピットが主演の名作映画『セブン』をHuluで見た感想!

キリスト教の「七つの大罪」から生まれたサイコ犯罪を、二人の刑事が追いかける!ミステリー&サスペンス映画『セブン』がHuluにて配信中です!

映画「セブン」を徹底紹介

1995年にアメリカ合衆国にて制作された映画『セブン』がHuluにて配信中です!この映画は、連続サイコ殺人を扱っている映画です。グロテスクな表現もあり、苦手な人には注意が必要な作品になっています。

内容は、キリスト教の「七つの大罪」である「暴食」「強欲」「怠惰」「肉食」「高慢」「嫉妬」「憤怒」に関わる連続殺人事件が巻き起こります。その連続殺人事件の真相せまる、ベテラン刑事と新人刑事を描いた作品になっています。

監督は映画「エイリアン3」映画「ベンジャミン・バトン数奇な人生」など、独特の世界感を作り上げるとして有名な、デヴィッド・フィンチャーが勤めています。「セブン」は、彼が手がけるシリアスな部分の表現が、特に濃く主張された作品となっています。

俳優は、甘いルックスで世界をまたにかけて活躍中のブラッド・ピットが出演しています。その魅力的な色気は、日本の女性にも支持されており、この作品にも存分に色気が生かされています。ぜひブラッド・ピットのファンの方は視聴してみてください!

またそんなブラッド・ピットの相棒役の俳優は、モーガン・フリーマンです。その渋くて厚みのある演技力で、数々の賞を受賞している俳優。この作品にも、彼の演技によってシリアスな世界感がさらに確率されています。

そんな魅力的な俳優陣でおくる、サイコサスペンス映画『セブン』をぜひご視聴ください!

Huluでの配信状況

・『セブン』(字幕のみ)(2時間7分)

あらすじ

新人刑事であるデイヴィッド・ミルズ刑事と、ベテラン刑事であるウィリアム・サマセット刑事は、ある殺人事件の現場で居合わせる。その殺人事件は、太った男性が食べ物に顔を伏せたまま亡くなっているという事件であった。手足は拘束され、無理矢理何者かによって暴食をされられた後に、暴力により内蔵が破裂した様子。そして被害者の胃から検出された瓶を手がかりに、現場の冷蔵庫裏に書かれた「暴食」の文字を発見する。

また数日後には、強欲で有名な弁護士の男性が被害に合う。被害者の弁護士の遺体は血まみれになり、体の一部分が切り取られていた。そして現場には血で「強欲」の文字が残されていた。二つの事件から、サマセット刑事は「キリストの7つの大罪」をなぞった犯行であることを感づく。ミルズ刑事と共にその真相の解明を急ぐことに・・・。

しかし犯行は続いていく。次の犯行は計画性のある犯行であった。被害者は前科者である男で、一年前からベットに括りつけられた状態で、体に傷をつけられながら餓死状態で発見された。現場には一年前から被害者が衰弱していく様子を、写した写真が残されていた。一年後に警察に見つかるように、犯人が仕向けていたのである。壁には「怠惰」の文字が残っていた。

7つの大罪のうち3つの大罪をなぞった犯行が行われた。残るは4つの大罪である。捜査を急いだミルズ刑事とサマセット刑事は、FBIから「キリスト教の7つの大罪」に関する書籍を、図書館から借りた人物の情報を不正に買うことにする。すると一人の人物が浮上する。その人物はジョン・ドゥーという男であった。

ジョンの部屋を尋ねる、ミルズ刑事とサマセット刑事。しかしそこに、帰宅をしてきたジョンがあらわれ、突然発泡して逃走を図る。ミルズ刑事とサマセット刑事はジョンを追うが、その途中でミルズ刑事は一度ジョンに捕まる。そして拳銃を頭につきつけられるが、撃たれることなく解放される。そしてジョンは逃走する。

その後、4つ目の大罪「肉欲」の被害により娼婦が殺害される。続いて5つ目の大罪「高慢」の被害により、美人モデルが顔を傷つけられ、自殺をする。残る大罪は「嫉妬」と「憤怒」になる。しかし犯人であるジョンは、警察に自首をしてくるのであった。そしてジョンはミルズとサマセットに、残りの「嫉妬」「憤怒」の死体の在り処を教えるという。荒野へと二人を連れ、そこに届けられた箱の中には・・・・。

実際に見た感想

キリスト教の7つの大罪って?

この作品により「キリスト教の7つの大罪」というものがあると知りました。「暴食」「強欲」「怠惰」「肉食」「高慢」「嫉妬」「憤怒」の7つであって、確かに7つともコントロールできなくなるととてつもない「罪」になってしまう物だなと感じました。しかしその7つの大罪を犯しているとされる人物たちを、猟奇的に殺害していく犯人は更に全ての「欲」をコントロールできないモンスターになっているのです。そんな犯人の様子は、人間を相手にしているのではないような、奇妙で不気味な有り様になっていて見るのもゾッとする犯行を繰り返します。人間は欲をコントロールできなくなると、こんなモンスターになってしまうのかもしれない、と感じました。「キリスト教の7つの大罪」は現実でも知っておく必要がある教えなのかもしれません。

視線を外したくなるけれど目が離せない展開

作品にはグロテスクなシーンや、暴力的な表現が多く登場します。そういうものが苦手な人は、最後まで見れないかもしれません。しかしミステリーやサスペンスが好きな人は、目線をそらしたくなるけれども目が離せない展開の作品だと感じるのではないでしょうか。いくつもの犯行から、次はどんな展開が待ち受けているのだろう、と物語に吸い込まれていくのです。ドキドキハラハラを体験したい人には、おすすめの作品になっています。

ラストシーンが衝撃すぎる

最後の最後がとても衝撃的な作品です。ラストに至るまでも衝撃的な、犯行による驚きの続く作品でしたが、一番の驚きが最後にあります!ラストシーンの前、犯人であるジョン・ドゥーが何故か自首してきます。視聴をしていても、唖然とする展開なのですが、残された「嫉妬」と「憤怒」の被害はないのかとホッとするのも束の間。ジョン・ドゥーは二つの罪をなぞった犯行も果たすのです!ラストにまで犯人に踊らされる展開で、悔しいのと恐ろしいのと驚きを残して終了します。初めから最後まで、一瞬たりとも視聴者を飽きさせない作品になっています!

登場人物/キャスト

デイヴィッド・ミルズ/ブラッド・ピット

血気盛んな新人刑事。5年間殺人課を経て刑事へとなった。治安の悪い町へと、仕事のために引っ越してきて間もない。口が悪く、感情に任せて行動するところがある。家族は妻が一人と、犬を数匹飼っている。始めはサマセットを疎ましく感じていたが、次第に仕事上のパートナーへと信頼を寄せていく。

ウィリアム・サマセット/モーガン・フリーマン

定年間近のベテラン刑事。定年後には畑を耕しながら、静かに暮らしていくことが夢である。ベテラン刑事の感覚と落ち着きがあり、いつも冷静な判断を下す。始めはミルズの感情的な行動に怪訝な様子であったが、次第にパートナーとして認めていく。過去に女性と暮らしていたことがあるが、今は独り身である。

トレイシー・ミルズ/グウィネス・パルトロー

デイヴィッドの妻である。昔教師をしていた。治安が悪く、教育の環境も酷い町に引っ越してきたストレスを感じている。デイヴィッドの間に子供を授かるが、この町で子育てをする自信がもてずにいる。また夫の未成熟な考え方にも不安を感じていて、妊娠のことを言い出せずにいる。

ジョン・ドゥー/ケヴィン・スペイシー

一連の殺人事件の犯人。まだ犯人が判明する前に、警察に大胆に接近するシーンもある。正体不明であり、謎が多い男。殺人方法はあまりに残酷であり、サイコパスである。キリスト教の7つの大罪をなぞりながらの犯行をする。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください