山田涼介主演ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」はHuluで見逃し配信中!

法律や常識よりも、「家族の幸せ」が最優先!?山田涼介主演、痛快「どコメディ」ホームドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」はHuluで見逃し配信中!(2017年1月30日現在)

「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」公式サイト:
http://www.ntv.co.jp/momifuyu/

「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」をHuluで見た感想

2018年1月13日から毎週土曜日22時00分~22時54分
日本テレビ系列の土曜ドラマ枠で放送。各話47分。初回のみ54分。
Huluでは放送直後に新エピソード配信開始。2017年1月30日現在3話まで配信されています。

この一家は確実にトラブルを解決する…。
天才外科医の長男、敏腕弁護士の長女、エリート警察官の末っ子・・・法律や常識よりも、「家族の幸せ」が最優先の北沢家三兄弟が、一家の安泰を脅かす事件「のみ」を全力で解決するために奔走する?!
馬鹿馬鹿しくも美しすぎる家族愛を描いた痛快「どコメディー」ホームドラマです。

脚本は「きょうは会社休みます。」(2014年)、「世界一難しい恋」(2016年)、「ボク、運命の人です。」 (2017年)の金子茂樹
2017年は映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」や「鋼の錬金術師」への出演が話題になったHey! Say! JUMPの山田涼介を主演にすえ、波瑠、小澤征悦、中村梅雀を筆頭とする実力派揃いのキャスト陣が、ド直球に笑えてちょっぴりほっこりする愉快なホームドラマを繰り広げています!

スタッフ

脚本: 金子茂樹
チーフプロデューサー :福士睦
プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之
演出:中島悟、丸谷俊平
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ

主題歌

主題歌
Hey! Say! JUMP「マエヲムケ」

オープニングテーマ
もみ消して冬~24のカプリスfeat.高嶋ちさ子 (作曲ニコロ・パガニーニ)

第1話あらすじ

北沢家は少し特殊な家庭である。

3人の子供を全員東大に合格させたことで脚光を浴びた難関私立中学校「北沢学園」学園長である父・泰蔵 (中村梅雀)
若くして天才と呼ばれる心臓外科医の兄・博文 (小澤征悦)。
司法試験を1位で合格した泣く子も敏腕弁護士の姉・知晶 (波瑠)。
そして、警視庁刑事部刑事総務課に勤めるエリート警察官である末っ子・秀作 (山田涼介)。

そんな北沢家は世間からこんな風に呼ばれている、平成の「華麗なる一族」と・・・

しかし、兄と姉より出来が悪く、名家の一員としては若干エリート感が足りない秀作は、幼い頃から父と兄と姉にプレッシャーをかけられ続け、ちょっとしんどい毎日を送って来た。

今日は泰蔵の誕生日。例年通り家族でパーティーを開く予定だったその夜。
予定より遅く帰って来た泰蔵は深刻な顔つきで執事の小岩井(浅野和之)と執事見習いの楠木(千葉雄大)に席を外させ、部屋に家族だけ残し、衝撃的な告白をする。

「裸の写真を撮られた」

なんと、父は学園に通う生徒の母親と交際しており、その女性とホテルで宿泊している時に全裸で寝ている写真を撮られ、一枚につき一千万円という金を要求されているというのだ。しかも金を出さなければマスコミにリークするという・・・

厳格な父のまさかの告白にショックを受ける秀作。

世間に名教育者として名の知られる父の醜聞がマスコミによって世に出てしまえば北沢家はおしまいだ。
母親が亡くなって以来の危機に博文と千晶は秘密の家族会議を開き、医者と弁護士の職業倫理に反してでも何とかしようと画策し始め、秀作にも同様に職務規定を犯してでも協力するように詰め寄ってくる。

家族への愛情と職業倫理感の間で葛藤する秀作・・・追い詰められた末っ子が最後に取る行動とは!?

みどころ

馬鹿馬鹿しくも美しすぎる家族愛に大爆笑!

名教育家の父、天才外科医の長男、敏腕弁護士の長女、エリート警察官の末っ子・・・という平成の「華麗なる一族」と呼ばれる北沢家。

エリート三兄弟が持てる権力を駆使して次々と一家に襲ってくる事件を全力で解決していく・・・と書くと、どこかドロドロとしたサスペンスを思い描きがちですが、なんと「もみ消して冬」は超ど直球のコメディードラマです。

「家族の幸せ」のためなら法律や常識なんてくそくらえ!な北沢ファミリーの破天荒な感覚と、それについて行けずに振り回される末っ子・秀作のやり取りが非常に面白く、またいちいち挿入される懐かしの「火曜サスペンス劇場」の効果音が秀逸で、毎回お腹を抱えて笑ってしまいました。

山田涼介のモノローグ芸と顔芸がすごい!

「もみ消して冬」最大の見どころは何と言っても、山田涼介くんの熱演でしょう!
父・兄・姉に押さえつけられる末っ子をというその立場の弱さから家族振り回されながらも面と向かって文句が言えないキャラクターなため、セリフはモノローグ中心。
家族を守るために、完全に職業倫理に反したことを平然と言ってのける兄姉に対する心の中でのツッコミが最高です。

更に表情筋をこれでもか!と駆使した表情作りは、最早「顔芸」の域?!

それでいて、家族に認めて欲しいために一生懸命に行動する健気な姿にはきゅんとしてしまうことも・・・

2018年も山田くんの新たな魅力に目が離せません!

豪華!実力派揃いのキャスト陣

主演の山田涼介くんもさることながら、他のキャスト陣も超豪華!

朝ドラ「あさがきた」の主演以来、実力派女優として日々成長していく波瑠さん、シリアスからコメディまで、その特濃なビジュアルと演技力で存在感を示し続ける小澤征悦さんが、主人公・秀作を押さえつける強力な姉と兄という曲者キャラクターを演じています。

その有能さで末っ子・秀作の立場を脅かす天使のように純粋な執事見習い・楠木役に千葉雄大さんは、「可愛い」を全面に押し出した演技にときめいてしまいますが、どうやら何か裏のようなものも感じられて、今後の行動が気になるところです。

また、ジャニーズWESTの小瀧望くんは一本気なSIT隊員を、「児嶋だよ!」で人気者なアンジャッシュの児嶋一哉さんは詮索好きなクリーニング店員を演じ、それぞれいい味を出しています!

その他、中村梅雀さん、浅野和之さんといったベテラン勢のコミカルながら渋い演技もドラマをピシッと引き締めてくれています。

登場人物/キャスト

北沢 秀作(きたざわ しゅうさく):山田涼介(Hey! Say! JUMP
北沢家次男。東大卒25歳。警視庁刑事部刑事総務課勤務、教養第一係長を務めるエリート警察官。
日夜刑法の勉強に励み未来の警視総監を目指している。
20年前に5歳で母と死別。幼い頃から兄と姉より出来が悪いことを叱責されたり馬鹿にされたりして育ったため、家族の中の立場は弱く、何事にも逆らえないヘタレ。

北沢 知晶(きたざわ ちあき):波瑠
北沢長女。東大卒27歳。「美」と「知」を兼ね備えた、泣く子も黙る敏腕弁護士。
司法試験を1位で合格すると大手弁護士事務所に手厚く迎えられ、クライアントからの信頼も厚い。
弁護士業の傍ら若手国会議員の政策ブレーンも務める。曲がったことが大嫌い。
家の中では3兄弟の一番の頭脳と弁舌で頭脳的役割を負っているが、毒舌なドS女子。

北沢 博文(きたざわ ひろふみ):小澤征悦
北沢家長男。東大卒38歳。一流大学病院勤務。若くして天才と呼ばれる心臓外科医。
著名な政治家や芸能人の手術を次々に成功させ、患者や部下からの評判も良く、早くも将来の院長候補と囁かれている。
家族を大事に思っているが、それ以上に自分が大好きなナルシスト。

北沢 泰蔵(きたざわ たいぞう):中村梅雀
博文・知晶・秀作の父。63歳。難関私立中学校「北沢学園」二代目学園長。3人の子供を全員東大に合格させたことがマスコミに取り上げられ著書がベストセラー入り、名教育者として名を馳せる。
主な著書は「子供三人を東大に入れるたった34個の習慣」「北沢泰三という生き方」「キタザワ式教育メソッド」など。

小岩井 凛治(こいわい りんじ): 浅野和之
北沢家の執事。58歳。20年前に秀作たちの母が亡くなって以来、一家の身の回りの世話を一手に引き受ける。
その丁寧で的確な仕事ぶりで一家から絶大な信頼を得ている。

楠木 松也(くすのき まつや): 千葉雄大
北沢家の執事見習い。27歳。イギリスの執事養成学校出身の純朴な青年。
第一話の段階で北沢家で働くようになって二日目の新人。何事にも一生懸命な頑張り屋さん。

尾関 光希(おぜき こうき):小瀧望(ジャニーズWEST)
秀作が可愛がっている後輩。警視庁SIT(特殊捜査班)のホープ。24歳。
巧みな話術で犯人の心を開き事件を解決する説得のプロ。貧しい家で育った苦労人だったため、北沢家に憧れている様子。

池江 里子(いけえ さとこ):恒松祐里
秀作の部下。秀作が密かに好意を寄せている女性警察官。23歳。

 手毛綱 美鎖夫(てげつな みさお):児嶋一哉(アンジャッシュ)
北沢家に出入りする街のクリーニング屋。40歳。大の詮索好きでご町内の噂を嗅ぎまわっている。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください