人気アニメ『デュラララ!!』ライトノベル原作タイトルもHuluで見よう!

都会の非日常を描いた、群像劇アニメ『デュラララ!!』の第1期がHuluにて配信中です!

作品紹介

2009年にアニメ化が決定され、2010年の1月から10月に渡り放送されていたアニメ『デュラララ!!』の第1期がHuluにて全話放送中です!

この作品の原作になるのは、成田良悟さんが手がけたライトノベルに分類される作品『デュラララ!!』です。原作は電撃文庫からの刊行になっています。その後人気を呼び、2009年7月号の月刊Gファンタジーから漫画化がはじまりました。そしてその勢いだけにとどまらず、同年にはアニメ化も決定され、翌年の2010年には放送されたのです。

また『デュラララ!!』は第1期が終了後、続編として第2期も描かれほどの人気を集めています。第2期のアニメ化も2015年から放送されていますが、現在(2017年12月23日)Huluでの配信は、第1期までです!

この作品は、東京・池袋を舞台として、カラーギャングや裏社会、オカルトを中心とした物語が繰り広げられています。また高校生を題材にした青春物語にも触れていて、一つの作品でいくつもの要素が楽しめるバラエティ豊な作品です!

田舎から上京してきた非日常に憧れを抱く少年、カラーギャングの元リーダーである少年、裏社会の人々、首なしライダーという生きる都市伝説の妖精、妖刀を支配する少女・・・。それらが混ざり合い、池袋が大混乱を起こしだします!瞬きできない展開に、目が離せません!

Huluでの配信状況

・第1話『開口一番』(25分)

・第2話『一虚一実』(25分)

・第3話『跳梁跋扈』(25分)

・第4話『形影相弔』(25分)

・第5話『羊頭狗肉』(25分)

・第6話『東奔西走』(25分)

・第7話『国士無双』(25分)

・第8話『南柯之夢』(25分)

・第9話『依依恋恋』(25分)

・第10話『空前絶後』(25分)

・第11話『疾風怒濤』(25分)

・第12話『有無相生』(25分)

・第13話『急転直下』(25分)

・第14話『物情騒然』(25分)

・第15話『愚者一得』(25分)

・第16話『相思相愛』(25分)

・第17話『有為転変』(25分)

・第18話『死生有命』(25分)

・第19話『蒼天已死』(25分)

・第20話『黄天當立』(25分)

・第21話『五里霧中』(25分)

・第22話『解散宣言』(25分)

・第23話『千錯万綜』(25分)

・第24話『則天去私』(25分)

・現在(2017年12月23日)第1話~第24話まで全話配信中!

第1話『開口一番』のあらすじ

田舎で暮らしていた竜ヶ峰帝人は、小学校からの親友である紀田正臣の誘いで、高校から上京をはたした。帝人がやってきたのは、池袋であった。初めての東京ということで、臆病になっている帝人。そんな帝人を連れて、正臣は池袋を案内した。

今まで見たことのない世界を目の当たりにした帝人。そんな帝人に正臣は、池袋で平和に暮らすために注意事項を伝える。まずは危険人物として「平和島静雄」「折原臨也」には近づかないこと。そして実態が掴めないカラーギャング「ダラーズ」にも関わりを持たないこと。その二点の注意事項を受けた。非日常への憧れがあるが純朴な少年の帝人は、少しの興味と恐怖で胸をざわつかせた。

そんな注意の矢先に、池袋に馬の鳴き声のようなバイク音が鳴り響いた。帝人と正臣は音のする方へと向かうと、そこには漆黒のバイクにまたがる、全身黒のライダーがいた。その人物は池袋の都市伝説として噂されている「首なしライダー」であった。首なしライダーは、10代の少女を誘拐した人物たちから少女を奪い返すため、戦っていた。首なしライダーとはヒーローなのか、それとも・・・?

上京して一日目で、たくさんの非日常へ触れてた帝人。東京の池袋という町に、憧れと不安を抱え、生活がスタートする。

第1話『開口一番』の感想

第1話に散りばめられた伏線

第1話を見た感想は、これがどう今後の物語に繋がっていくのだろう・・・というワクワク感に溢れているということです。一つ一つはバラバラの物語のように思えるのですが、第2話、第3話と続けて視聴していくにつれて、第1話の物語の説明に納得していきます。まったく別世界だと思っていた物語が、一つ一つと繋がっていくにつれて、物語の主人公になったかのようなドキドキ感を味わえます。

第1話で説明された、カラーギャングや都市伝説、裏社会の人をしっかりと復習しておくことで、第2話以降の物語をより楽しめるのではないでしょうか。

登場人物の魅力

物語に登場する人物たちは、「どこか危ない」雰囲気を感じ取ります。首なしライダーや裏社会に生きる人物は勿論ですが、物語の中心人物である高校生たちにも、その危険さの匂いを感じてくるのです。

純朴そうに見えていた帝人も、闇にどんどん引き込まれていく匂いが漂っています。また明るくおちゃらけた雰囲気の正臣も、心に閉まった闇が深いことを感じさせてきます。そんな暗い心の部分が、物語の展開に拍車をかけて進んでいきます。第1話でも、その微かな危険な匂いを楽しめるので、ぜひ感じ取って欲しいと思います。

登場人物/声優

セルティ・ストゥルルソン/沢城みゆき

首なしライダーと呼ばれる、池袋の都市伝説として語られる存在。スタイルが抜群の女性だが、その首はない。正体は人間ではなく、デュラハンと言われる妖精の一種である。アイルランドで生活をしていたが、自分の首を探し求めて日本へやってきた。現在は岸谷新羅と一緒に暮らし、運び屋として仕事をこなしている。また運び屋の仕事を全うする際に、人助けをすることもある。

竜ヶ峰帝人/豊永利行

来良学園に通うために、高校生にして親の反対も押切り池袋へ引越してきた少年。東京に来るのは初めてで、ギャングや裏社会の世界など非日常な場面へ出くわすと、興味があるが怖がってしまう純朴な性格。臆病な性格からか、池袋での情報をチャットで良く仕入れている。そんな少年がどんどん都会の闇へと近づくことに・・・。

紀田正臣/宮野真守

帝人の幼馴染で、小学生の頃から池袋に引越してきている都会っ子。帝人を池袋に誘ったのも彼である。ギャグが好きで性格はとっても明るくて、見た目同様チャラい。しかし帝人が引越してくる前まで、カラーギャング『黄巾賊』のリーダーをしていた過去もあるほど、喧嘩が強い。もう裏の社会には近づかないと決めていたが・・・。

園原杏里/花澤香菜

来良学園での、帝人のクラスメイトである。地味なメガネっ子であるが、どこか浮世離れしている美女であり、帝人は思いを寄せている。実は「斬り裂き魔」という、妖刀「罪歌」を支配しコントロールできる存在である。人との関わりを避けていたが、帝人や正臣との出会いをきっかけに、少しずつ人間関係に触れていくようになる。

折原臨也/神谷浩史

新宿にいる情報屋。どんな事件にも、裏で手を引いているような存在。頭がキレるため、人の心を誘導することもある。また細身であるが、運動神経がよいため攻撃からの回避術は上級者である。平和島とは犬猿の仲。

平和島静雄/小野大輔

借金取り。腕っ節が強く、人間とは思えない腕力の持ち主である。性格も短期で凶暴であり、彼自身が暴力だと呼ばれることも。池袋一強い男と言われている。折原を見ると殺し合いが始まる。

岸谷新羅/福山 潤

闇の医者である。セルティと同棲をしていて、幼い頃からセルティに心を奪われている。折原と平和島とは同級生である。

門田京平/中村悠一

ワゴンで移動を良くしている4人組のリーダー的存在である。折原、平和島、岸谷とは同級生。兄貴肌であり、面倒見がよい。

遊馬崎ウォーカー/梶 裕貴

ワゴンの4人組の一人である。ヲタクであり、いつも二次元の話をしている。

狩沢絵理華/高垣彩陽

ワゴンの4人組の一人である。こちらもヲタク街道まっしぐらであり、遊馬崎の相棒。

渡草三郎/寺島拓篤

ワゴンの4人組の一人である。ワゴンの所有者でもある。

サイモン・ブレジネフ/黒田崇矢

お寿司屋さんの客引き。ロシア系の黒人である。平和島の暴走を止められる唯一の人物。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください