アンドロイドが、人間の生活に浸透した世の中を描いたドラマ『ヒューマンズ』がHuluにて配信中です!

作品紹介

スウェーデンのSFドラマ『Real Humans』をリメイクした、人気ドラマ『ヒューマンズ』がHuluにて配信中です!新着更新は毎週水曜日になっていますので、ぜひ!ご視聴ください!

”アンドロイド”である人型の”シンス”なるものが、人間の変わりとしてあらゆる労働をすることが当たり前となっている世の中。しかし、シンスが浸透したことによって、人間たちの仕事は減っていく一方に・・・。ロボットに頼り、楽をした人間たちはどのような存在意義を見出していくのでしょうか。

また機械であるはずの”シンス”たちが意思をもってしまったら・・・。逆に、彼らに特別な感情を抱いてしまったら・・・。色んな視点から様々なストーリーが動き出します。

スリリングでハートフルで、ちょっぴり不気味な物語を楽しめます!

Hulu配信状況

・吹替版のみ

・シーズン1、全8話になっています

・毎週水曜に最新エピソード追加

・初回のみ1、2話同時配信

・現在(2017年10月19日)シーズン1、第3話まで配信中!

(本国ではすでにシーズン2まで制作されている。2018年にはシーズン3も放送予定)

「ヒューマンズ」あらすじ

世の中はシンスと呼ばれる、人型アンドロイドで溢れていた。家事、仕事、子守、介護・・・あらゆるものが人間の代わりとしてシンスを用いて世の中が動いているのだ。

そんな世界で、ジョー一家はシンスをまだ用いていない家庭だった。その理由は母であるローラがシンスに家事や子守を頼むことに、違和感を感じていたからである。しかし父のジョーも母のローラも多忙のため、3人の子供の世話と家事に手が回らない状況が続く。そんな状況に耐えかねた父のジョーが、家族のゆとりを取り戻す目的でシンスを購入する。しかし母ローラは、購入したシンスのアニータの不可解な行動が気になりはじめ・・・。

一方、レオは意思のあるシンスたちを率いるリーダーのような存在で、数週間前にシンスたちが盗まれた。そのシンスたちの行方を、男性型シンスのマックスと共に捜索をはじめたのだ。その盗まれたシンスの中に、アニータの存在もあり・・・。

もう一方のミリガン博士は、故障をしている旧型シンスのオディを処分できずにいた。ミリガン博士にとってはオディは息子同然の存在だったのだ。しかし旧型のシンスでは年を老いたミリガン博士の体調管理ができないことから、国から新しいシンスをススメられ・・・。

第一話を視聴して

このドラマには、3つの物語があります。「ジョー一家とシンス・アニータの物語」「レオとシンス・マックスの物語」「ミリガン博士とシンス・オディの物語」です。それぞれが違った面白さの世界観が描かれています。またその3つが同時に進行して、時には交差しているのでとても見ごたえのあるドラマです。

ジョー一家とシンス・アニータの物語

ジョー一家とアニータの関わりからは、家族それぞれが『シンス』に対しての考えが違うところが注目です。父のジョーは固定的で、お手伝いのロボットというそれ以下でもそれ以上でもない、という見方のように思います。

それと反対なのが母ローラです。『シンス』に対して否定的な感情を持っています。『シンス』になんでも頼ってしまうのは、子供たちの教育上にも悪いと考えているようです。アニータに対しても、ロボットという感覚で最初から接していません。

そして母と同じ、否定的な感情をもっている長女、マイティー。しかしローラと違うことは、『シンス』への扱いが酷いことです。ロボット扱いというよりは、少し憎んでいる感情の方が大きいように思う行動をします。人間の仕事や権利を奪われたように感じているんじゃないかと思います。

そして思春期真っ只中のジョー一家の男の子、トビー。思春期の青年らしくシンスだと分かっているのに、アニータへ熱い視線を送ってしまいます。ジョー一家での物語の中では、トビーの様子が唯一ほっこりとした気分になれます。

最後にまだ幼さが残る末っ子のソフィ。ママが仕事でいないことが多いからか、アニータにべったりになります。そこに母のローラは嫉妬をしている様子。確かに自分の幼い子供が、アンドロイドへ懐いていたら・・・嫉妬もあると思いますが、ちょっと恐怖を感じますね。またアニータもソフィに対しては、特別な思いがあるようです。そこが少しゾッとさせられました。

レオとシンス・マックスの物語

仲間の『シンス』たちを盗まれた二人。この物語では、二人を通して『シンス』たちの思いを見ることができます。自分たちには意思があるのに人間に好きなように使われる、という辛さ。『シンス』として作られたのに、意思を持った怖さ。そんな『シンス』たちの苦悩が伝わってきました。

また冒険のように仲間たちを取り戻そうと二人が戦います。スリリングな場面が盛りだくさんなので、スリルを味わいたい人にもおすすめです。

ミリガン博士とシンス・オディの物語。

一番切ない気持ちになる場面が多いです。こちらはシンス側ではなく、人間側のシンスへの愛着について描かれています。息子のように思っているシンスが、壊れてしまっても手放せないでいる年老いた博士がとても切ないです。何度もオディと昔の会話をする博士に、機能が上手くいかず日に日に壊れていくオディ。

一番涙を誘うシーンが多いです。オディには、意思があるのかな・・・。オディのままで修理ができたり、最新版をインストールできればいいのに・・・。とつい博士の立場になって心が痛みます。

3つの物語、それぞれに視点を変えて表現してくれているので、一つのドラマでたくさんの感情を与えてくれます。

登場人物/キャスト

ジョー一家のメンバー

ジョー/トム・グッドマン・ヒル(Tom Goodman-Hill)

ローラの夫であり、3人の子供の父親。自分も妻も仕事で忙しいため、家事手伝いが必要だと思い、シンスのアニータ購入した。シンスが家事をしてくれることで、家族との時間が増えればという前向きな気持ちからだった。妻がアニータの行動に不信がる中、彼はあまり気にしていない様子。

ローラ/キャサリン・パーキンソン(Katherine Parkinson)

ジョーの妻であり、3人の子供の母親。仕事は弁護士をしていて多忙。家を長期間あけることもある。シンスを家庭で使うことは教育上よくないのではないかと抵抗があったが、夫が勝手に購入していたためしぶしぶ様子を見ることに。アニータが他のシンスとは違うと感じ、不可解に思っている。

マイティー/ルーシー・カーレス(Lucy Carless)

ジョー一家の一番上の子供。頭がとてもいい。しかし何処か冷めているし、シンスに対して酷い扱いをする。母親が家庭にあまりいないことへの不満がある様子。

トビー/テオ・スティーヴンソン(Theo Stevenson)

ジョー一家の真ん中の子供。思春期真っ只中の少年。綺麗な女性に作られているシンスのアニータに、ドキドキしている。

ソフィ/ピクシー・ディヴィス(Pixie Davies)

ジョー一家の末っ子。天真爛漫で子供らしい子供。アニータをとても気にっている様子。アニータもアンドロイドのはずなのに、彼女の部屋を頻繁に覗いたり、夜抱き抱えて外へこっそり出たり・・・と不信な行動をする。

アニータ(またはミア)/ジェンマ・チャン(Gemma Chan)

意思のあるシンス。レオたちのグループに所属していた。その時の名前はミア。しかしある日何者かにより、盗まれた。そしてジョー一家に購入されることになった。ジョー一家の中では、普通のシンスのふりをしている様子。しかし幼いソフィを目の前にすると不信ともとれる行動をする。幼い子供に特別な思いがある様子。

レオ率いるメンバー

レオ/コリン・モーガン(Colin Morgan)

アニータを含む意思のあるアンドロイドたちと暮らしていた男。アニータとは特別な関係であった。しかしある日そのアンドロイドたちが盗まれてしまう。仲間である彼らマックスと共に探し出し、連れ戻そうとする。

マックス/アイヴァン・ジェレマイア(Ivanno Jeremian)

レオと共にアニータや、他の仲間のアンドロイドを探す。男性型シンスである。

ミリガン博士に関するメンバー

ミリガン博士/ウィリアム・ハート(William Hurt)

旧型のシンスのオディを息子のように思っている博士。オディが上手く機能しなくなっていることに気づいているが処分をできずにいる。

オディ/ウィル・テューダー(Will Tudor)

旧型のシンス。機能が上手くできなくなり、処分をするように周りから注意を受ける。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ