アメコミの巨匠が描いた史実の戦争を映画化!

2007年に公開された映画「300<スリーハンドレッド>」。
「デアデビル」シリーズ、「バットマン:ダークナイト・リターンズ」や自身で監督・映画化した「シン・シティ」シリーズなど、映画ファンにもなじみのある作品の生みの親、フランク・ミラーのグラフィックノベルを原作にしています。
実際にあった、ペルシア戦争の一戦・デモピュライの戦いをモデルにしているだけあり、その暴力的な描写でR-15+のレーティングがかかってしまいましたが
フランク・ミラーの骨太な世界観そのままの、武骨なアクションを楽しめます。

あらすじ

紀元前480年、古代ギリシア。ギリシアの強力な都市国家スパルタペルシア帝国から使者が訪れた。時のスパルタ王、レオニダスは、強大な軍事力を盾に豊かな土地を強請り、スパルタに服従を強要するペルシア帝国の姿勢に反発し、使者を殺してしまう。
交渉は決裂し、スパルタへと攻め入ろうとするペルシア帝国。スパルタ全軍で迎え撃とうとしたレオニダスだったが、スパルタの崇める神・デルポイの神官たちに、「ペルシアとは戦うな」と神託が下ったと告げられてしまう。
神託は絶対というスパルタの法により、軍を派遣できなくなったレオニダスは、それでも国と民を守るため、わずか300の兵を率いて戦争へ繰り出していく。
地上最強の戦闘民族スパルタ人300 vs ペルシア帝国の100万の大群が雌雄を決す!

登場人物

レオニダス

スパルタの王。決して屈することを良しとしないスパルタ人そのままの気質で、強国ペルシア帝国に立ち向かう決意をする。
ゴルゴ

ペルシアの王妃、レオニダスの妻。一人息子がいる。
夫に似てまっすぐな気質で、国と王の為なら自己犠牲もいとわない。
セロン

スパルタの評議員。戦士ではなく政治家を自任し、王位簒奪を狙う。
ペルシア帝国侵略の陰で暗躍する。
隊長

レオニダスに従ったスパルタの戦士の一人。300人を率いる隊長。
息子のアスティノスを伴って戦地に向かう。
ディリオス

スパルタの戦士たちの一人。語り部として劇中にナレーションしている。
クセルクセス

ペルシア帝国の王。神の中の神を自称し、軍事力と恐怖によって国を治めている。征服欲が強く、自らに屈しないものには容赦しない。

モデルとなった史実

史実に基づいた映画ですので、劇中に登場する国や人物、エピソードにも実在のものが多くあります。
300<スリーハンドレット>をより楽しんでいただくために、歴史的背景などを少しご紹介します。

スパルタとは

当時ギリシアでは、ポリスと呼ばれる都市国家が群立していました。
スパルタはアテナイ(アテネ)と並ぶ強力な国で、その豊かな土地でほとんど自給して国家を運営していました。
おもな労働力は奴隷です。スパルタ人の10倍ほどもいた奴隷を統制するために、スパルタ人は過酷な軍事教育を課して貪欲に強くなっていきました。

劇中、冒頭でも触れられていますが、その軍事教育は生まれた時から始まっています。
長じて7歳になると親元を離され共同生活を送り、12歳からアゴベと呼ばれる訓練をうけます。18歳の成人の儀として武器一本だけで放り出され、一年間は自分の力だけで生きていかなければならなかったのだとか。
こうした厳しい訓練は、「スパルタ教育」の語源になっています。

そんな環境で生み出された戦士ですから、結束は固く、死を恐れない「最強の戦士」が出来上がったのです。

テルモピュライの戦い

劇中に登場するペルシア帝国の王、クセルクセス(一世)は、先代の王を引き継ぐ形でギリシア征服を企てます。
ギリシアに侵略したペルシア遠征軍を迎え撃つため、海を渡ってくるペルシア艦隊をアルテミシオンで、クセルクセス率いる本体をテルモピュライで迎え撃つことを決定しました。
スパルタや周辺諸国はテルモピュライを防衛することとなったのですが
カルネイア祭で軍事行動が禁止されていたため全軍を出せず、レオニダス王と300人の親衛隊のみが派兵され、周辺諸国もオリンピア祭の為にまずは少数の部隊を派兵、それぞれの祭事の終了とともに全軍を派遣することになりました。

ペルシアに攻め入られていたのはスパルタだけでなく、ギリシアの諸都市国家全体でしたが、(劇中にも言及のあった通り)祭事の為にあの圧倒的な人数差による戦いが始まってしまったのです。

戦場となったテルモピュライは、カリモドロス山とマリアコス湾に挟まれた、狭いところで幅15メートルほどの狭い土地で、ペルシア帝国は大軍の利を活かせませんでした。

ちなみに、ほとんど同時期に行われたアテナイを主力としたギリシア連合軍とペルシア艦隊と戦い「アルテミシオンの海戦」をモデルとして、今作の続編の位置づけで「300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~」が製作されています。

見どころは映像美!

グラフィックノベルを原作としているだけあって、ストップモーションを連発させるカクカクとした映像は独特ですが、絵画的。
シーンごとに

モノクロ調

だったり、コントラストを強調した

劇画調

だったりと、一瞬一瞬のシーンがとてもきれいです。

関連作

300<スリー・ハンドレッド>の出演俳優や監督がたずさわった、2017年8月現在huluで視聴できる作品を集めてみました。

「エンジェル・ウォーズ」
今作の監督、ザック・スナイダーがメガホンをとった、ガールス・アクション・ファンタジー。独特な世界観で、少女たちが重火器片手に暴れまわる爽快アクション映画です。
「ウォッチメン」
こちらもザック・スナイダー監督のアメコミアクション映画。
アメコミマニアとしても知られる監督のこだわりが、「原作の再現性」に詰め込まれています。
「オペラ座の怪人」
レオニダスを演じた、ジェラルド・バトラー主演のミュージカル映画。
今回筋骨隆々に「地上最強のスパルタ人の王」を演じたジェラルドの美声が聞けます。
「スマイル、アゲイン」
こちらもジェラルド・バトラー主演のヒューマンドラマ。
息子の信頼を取り戻そうと四苦八苦する引退したサッカー選手を好演しています。雄たけびを上げながら戦っていたレオニダスとは正反対!
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ
語り部として登場したスパルタ人戦士、ディリオスを演じたデビット・ウェナム(ウェンハム)が、ファラミアとして第二作目の「二つの塔」から出演しています。
「ゲーム・オブ・スローンズ」
スパルタの王妃を演じたレナ・ヘディ出演の、大人気海外ドラマ。
壮大な世界を舞台にしたファンタジーで、レナはサーセイ・ラニスター役を演じています。

「シャドウハンター」
リリー・コリンズ主演のダークファンタジー映画で、レナ・ヘディが蔓延る「妖魔」と戦う主人公の母親、ジョスリン・フレイ役で出演しています。

300〈スリーハンドレッド〉キャスト

  • 役:レオニダス
    演:ジェラルド・バトラー/Gerard Butler
    1969年11月13日 生まれ主な出演作品
    『オペラ座の怪人』ファントム役
    『ベオウルフ』ベオウルフ役
  • 役:ゴルゴ
    演:レナ・ヘディ/Lena Headey
    1973年10月3日 生まれ主な出演作品
    『ゲーム・オブ・スローンズ』サーセイ・ラニスター役
    『ターミネーター サラ・コナークロニクルズ』
    -サラ・コナー役
  • 役:セロン
    演:ドミニク・ウェスト/Dominic West
    1969年10月15日 生まれ主な出演作品
    『ハンニバル・ライジング』ポピール警視役
    『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』
    -アーネスト・ヘミングウェイ役
  • 役:隊長
    演:ヴィンセント・リーガン/Vincent Regan
    1965年5月16日 生まれ主な出演作品
    『トロイ』エウドラス役
  • 役:ディリオス
    演:デイビット・ウェナム/David Wenham
    1965年9月21日 生まれ主な出演作品
    『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
    -ファラミア役
  • 役:クセルクセス
    演:ロドリゴ・サントロ/Rodrigo Santoro
    1975年8月22日 生まれ主な出演作品
    『チェ 28歳の革命 / 39歳 別れの手紙』
    -ラウル・カストロ役

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ