大人の刺激たっぷりの海外ドラマ『Hung/ハング』をHuluで堪能!

アメリカで話題の超刺激的大人ドラマ『Hung/ハング』がHuluに登場!

放送コードギリギリ?!でも時々ハートフルな人間ドラマ。

お下品でもスマートでおしゃれな振る舞い。そして大切な子供達のためにも、自分の特別なモノを武器に大奮闘する父親にいつしか心を奪われる!

周りを固める登場人物も、くせ者・強者ぞろい!!

※最新の追加情報は、追加タイトル(年・月別)の記事をご覧ください。

 Huluプレミア独占配信『Hung/ハング』

hulu配信状況

●字幕・吹き替え

●シーズン1〜シーズン3(全30話)

●1話あたり30分前後

●2016年11月15日よりHuluにて配信中(2017年8月18日現在)

「Hung/ハング」あらすじ

高校教師のレイは、妻への慰謝料のほか子供達と暮らしていた家が火事で焼け落ち、ローンも多額が残っていました。

その後はテント暮らしで生活が苦しく落胆する日々…。

そんな中、「億万長者になれるセミナー」で出会った自称詩人のターニャと再会し男女の関係に。

ことを終えた後ターニャと大ケンカし「あなたのモノは大きいのだから、モノを宣伝して億万長者になればいい!」と罵倒されます。

そしてレイは自分のモノを利用し、大金を稼ぐ方法として男娼となるのです。

ターニャが客引きとなり、ケンカし模索しながら金を稼いでいく…。

「Hung/ハング」感想

視聴する前はエロさ満載なのかと思い少し身構えていましたが、見続けて行くと少しブラックなホームコメディーのように思えてきました。

主人公のレイは、ただ子供達と幸せな生活を送りたい一心で必死にもがき苦しみます。

収入を増やすための手段が「男娼」だったのですね。

「男娼」といっても様々な苦悩があり、簡単に稼げるわけではなく、様々な問題を抱えたお客の機嫌を損ねず満足してもらう。その難しさもかなりの見どころです。

一番の不幸は、多額なローンが残っていた自宅の火事。

全焼は免れたものの、家の中はとても住める状態ではないほど焼け落ちてしまいます。

そして私がたまらなく心打たれ、この家族を全力で応援する!!と思わせたシーンは、焼け落ちて行く我が家を呆然と見つめ、動揺している子供達をレイが抱き寄せ「大丈夫だ、お父さんがなんとかする!」といったように子供達を慰めるシーンです。

ここでのレイの表情には、父親としての決意と不安が現れています。

この決意が「男娼」という仕事となり、そこで様々な人々に翻弄されつつ父親として踏ん張っていくのです。

このように物語の序盤は、年配ぽっちゃりマダムのお相手をすることになったり、別れた奥さんはお金持ちの医者と再婚し子供達を取られそうになるしで、見ていてとても痛々しい場面が続きますが、そんな四苦八苦なレイを気がつくと全力で応援していました!

刺激的な場面も多いですが、そんな場面と人間模様とファミリーの奮闘とで、心を奪われてしまいます!

『Hung/ハング』登場人物・キャスト

役:レイ・ドレッカー/Ray Drecker

演:トーマス・ジェーン/Thomas Jane

 

役:ターニャ・スカグル/Tanya Skagle

演:ジェーン・アダムス/Jane Adams

 

役:ジェシカ・ハクソン/Jessica Haxon

演:アン・ヘッシュ/Anne Heche

 

役:デーモン・ドレッカー/Damon Drecker

演:チャーリー・サクストン/Charlie Saxton

 

役:ダービー・ドレッカー/Darby Drecker

演:シャノア・スミット=マクフィー/Sianoa Smit-Mcphee

 

役:ロニー・ハクソン/Ronnie Haxon

演:エディ・ジェイミソン/Eddie Jemison

 

役:レノア・バーナード/Lenore Bernard

演:レベッカ・クレスコフ/Rebecca Creskoff

 

役:マイク・ハント/Mike Hunt

演:グレッグ・ヘンリー/Gregg Henry

トーマス・ジェーンについて

主人公のレイ・ドレッカーを演じたトーマス・ジェーン

凄いイケメンではなく、程よくかっこいい。そして、程よく抜けてる…。

レイ役にピッタリとハマっているトーマス・ジェーンとはどんな役者なのでしょうか。

生い立ち

●アメリカのメリーランド州出身

●1969年2月22日 (48歳)/180㎝

●2度の離婚歴有り

アーイシャー・ハウアー(1989年 – 1995年)

パトリシア・アークエット(2006年 – 2011年)

 

アーイシャー・ハウアーオランダ出身の俳優ルドアー・ハウアーの娘さんだそうです。

2人の間にはお子さんはいないようですね。

写真を見るかぎり、かなりの美人さんです。

パトリシア・アークエットは『ミディアム霊能者アリソン・デュボア』の主演女優さんですね。

この方と結婚されていたのには驚きです。

パトリシアとの間には2003年に誕生した女の子が居るそうです。

離婚後の女の子の親権は共同ということなので、今でも一緒に大切な一人娘を育てているのでしょうね。

プライベート

トーマス・ジェーンは以前『ロサンゼルスタイムス紙』にとても衝撃的な告白をしています。

トーマスは子供の頃にホームレスだった時期があり、車の中で寝泊まりしていたそうです。

その頃生活費を稼ぐために…男性に体を売っていたと…!!

どうして子供だったトーマスがお金を稼がなければいけなかったのかは分かりませんが、その時のとても辛い経験がこの『Hung』での演技にも繫がっているのかもしれません。

 

そんな子供時代から波乱万丈の人生を歩んでいるトーマス・ジェーンには、逮捕歴もあるようです。

2003年3月、トーマスは時速190㎞以上で車を走行

もちろん警察に停止させられたトーマスからは、法定基準を超えたアルコール濃度が検出されたそうです。

またその時トーマスは免許停止中だったそうで、逮捕されてしまいました。

その後保釈金を支払い、自宅に戻ったそうですが…。

その頃はまだ夫婦関係にあったパトリシア・アークエットは何を思ったでしょう。

トーマスのそんな破天荒さが、2度の離婚に繫がってしまったのかもしれません。

出演作品


◉『フェイスオフ』1997年全米公開

●バーク・ヒックス役

ジョン・ウー監督の出世作。

FBI捜査官が植物状態になっていたテロリストの顔を自分の顔に移植し、復習を果たすべく奮闘する。


◉『ドリームキャッチャー』2003年全米公開

●ヘンリー・デブリン博士役

スティーブン・キング原作のSFホラー。

4人の男性達が地球外生命体から友達を守るため奮闘する。

スティーヴン・キングは「私のホラー小説の映画化された中で、本作は最高の出来だ」とインタビュー内で述べてるそうです。


『パニッシャー』2004年4月全米公開/日本公開2004年11月

●フランク・キャッスル/パニッシャー役

マーベルコミックに登場するヒーロー。

他のマーベルコミックのヒーローと敵対する残忍なヒーローで、家族を失ったことから悪を成敗するために戦うヒーロー。


『ミスト』2007年全米公開

デヴィッド・ドレイトン役

スティーブン・キング原作のSFホラー。

突如街が深い霧に包まれ、その霧の中に潜む怪物と戦いながら徐々に秩序が失われて行く。


どうやら「スティーブン・キング」の作品に多く出演しているようです。

作品を見て、SFホラーのような未知の生物と必死に戦う屈強な男性…という印象をもっていました。

今回紹介した『Hung』でのトーマス・ジェーンには初めこそ違和感がありましたが、見続けると結果的には屈強な男性にかわりはありませんでした。

ザ・男!!という感じの、非常に男っぽい俳優さんですね。

補足情報

打ち切り?

『Hung』は人気があったにもかかわらず、シーズン3で終了しています。

調べてみると、どうやら制作会社『HBO』側の番組改変のためらしいです。

かなりの大手だけに、改変も大きく動いてしまったのでしょうか。残念です。

「Hung」ってどんな意味?

タイトルの『Hung』の意味は…「巨根」「垂れ下がる」とのことです。

直球というか、想像通りのタイトルですね……。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください