映画「7月4日に生まれて」アカデミー賞受賞作もHuluで無料視聴!!

ベトナム戦争経験者「プラトーン/Platoon(1986)」の監督を務めたオリバー・ストーン/Olievr Stone作品。

戦争自体よりも、ベトナム戦争により心身共に負傷した兵士たちが味わった苦痛の日々を赤裸々に表現しています。

戦争を知らない世代は、特に観ておきたい1作でしょう。

ベトナム戦争の本当の犠牲者

「国の為に戦った」はずだった戦士たちが帰還して受けた者は、多くのメダルと称賛か、それとも屈辱と苦悩の日々か・・・。

日常生活に戻ろうと、もがき”戦う”男たちの物語。

監督自らの実体験を通し、ベトナム戦争に対する疑問や怒り、そして戦争が残した元兵士達への深い傷を鋭く描いている作品です。

受賞

  • アカデミー賞(1989)
    監督賞、編集賞受賞
  • ゴールデングローブ賞(1989)
    男優賞(ドラマ部門)、監督賞、作品賞、脚本賞受賞

「7月4日に生まれて」あらすじ

アメリカ独立記念日である7月4日に生まれたロン(トム・クルーズ)は、第二次世界大戦で活躍した父(レイモンド・J・バリー)憧れていました。母親(キャロライン・カヴァ)もそんな長男ロン期待をしていたのです。

ある日、ロンの通う高校に海軍が、志願兵を募りに来ました。ロンは真っ先に志願し、厳しい訓練を耐え抜き晴れて海兵隊となりベトナムへと派遣されたのです。

しかし、戦場は熾烈をきわめており、ロンの部隊は一般人の犠牲者を出してしまいました。その上、攻撃を受けたロンは、新人兵士を誤射してしまったのです。ロン自身も銃弾に倒れ下半身不随となってしまいました。

苦痛に満ちた治療とリハビリを終え、「国の為に戦った兵士」として帰郷したロンだったのですが・・・。

「7月4日に生まれて」感想

夏になると「戦争」について考える

この映画のタイトルは、アメリカ独立記念日ロンの誕生日意味しています。8月には広島に原爆が投下されたり、終戦記念日があったりと「戦争」について考えされる

この作品は、他の戦争映画よりも戦闘シーンが少ないです。しかし、その戦争が及ぼした兵士への影響を描いています。

観ていて目をつぶりたくなるようなシーンがありますが、実際にはそれ以上の予測できない辛さや苦しみがあったのでしょう。

若い頃は、戦争映画を観る気にはなれませんでした。しかし、年を経て、なぜ戦争経験者が話をしたり、本や映画を残すのだろうと考えるようになります。そして、いかに「戦争」事実を語り継ぐことで、悲劇を繰り返さないで欲しいというメッセージを伝えているのだと解ってきました。

ですから、この作品の題名独立記念日ロンの誕生日以外にも、「戦争」思い出す日としても重要な意味を果たすのではないでしょうか。

ポップな楽曲としんみりな曲調

「シンドラーのリスト/Schindler’s List(1993)」「プライベート・ライアン/Saving Private Ryan(1998)」ジョン・ウィリアムズ/John Williamsがこの作品の音楽も担当しました。

戦争悲しさ痛みを感じさせる静かな曲調ですが、なぜか耳に残ります

しかし、一気に暗いシーンから明るいシーンになると、当時のポップな音楽心を晴らしてくれます。個人的に、お気に入りはヴァン・モリソン/Van Morrisonブロウイング・ユア・マインド/Browing Your Mind(1967)に収録されているブラウン・アイド・ガール/Brown Eyed Girlです。

リアルタイムで聞いていない方でも、知っている曲がありますのでチェックしてみてはいかがですか。

「7月4日に生まれて」登場人物/キャスト

メインキャスト

  • 役:ロン・コーヴィック/Ron Kovic
    演:トム・クルーズ/Tom Cruise

  • 役:ロン・コーヴィック/Ron Kovic(少年)
    演:ブライアン・ラーキン/Bryan Larkin

  • 役:チャーリー/Charlie
    演:ウィリアム・デフォー/William Dafoe

  • 役:ロンの父/Mr. Kovic
    演:レイモンド・J・バリー/Raymond J. Barry

  • 役:ロンの母/Mrs. Kovic
    演:キャロライン・カヴァ/Caroline Kava

  • 役:ドナ/Donna
    演:キーナ・セジウィック/Kyra Sedgwick

  • 役:ティミー/Timmy
    演:フランク・ホエーリー/Frank Whaley

  • 役:スティーブ・ボイエル/Steve Boyer
    演:ジェリー・レヴィン/Jerry Levine

脇役だけど注目俳優

  • 役:ヘイズ軍曹/Sergent Hayes
    演:トム・ベレンジャー/Tom Berenger
    「プラトーン」にも出演。
  • 役:ビリー・ヴォルソヴィッチ/Billy Vorsovich
    演:スティーブン・ボールドウィン/Stephen Baldwin
    ボールドウィン兄弟の末っ子。
  • 役:退役軍人(名前なし)
    演:ダニエル・ボールドウィン/Daniel Baldwin
    ボールドウィン兄弟の2番目。
  • 役:退役軍人(名前なし)
    演:トム・サイズモア/Tom Sizemore
    戦争映画の常連。
  • 役:歩兵大佐(名前なし)
    演:デイル・ダイ/Dale Dye
    元軍人で映画の軍事顧問としてアドバイスしたり、出演もする。
  • 役:兵士(名前なし)
    演:ウィリアム・ボールドウィン/William Baldwin
    ボールドウィン兄弟の3番目。
  • 役:ニュースレポーター(名前なし)
    演:オリバー・ストーン/Oliver Stone
    監督本人。
  • 役:パレードの退役軍人(名前なし)
    演:ロン・コヴィック/Ron Kovich
    本の著者で脚本も担当。
  • 役:ジミー・コヴィック/Jimmy Kovich(少年)
    演:ショーン・ストーン/Sean Stone
    オリバー・ストーンの息子。

Hulu配信状況

  • 字幕のみ
  • 2時間20分
  • 1989年
  • Huluにて配信中!

「7月4日に生まれて」について

ロン・コーヴィック自伝本の映画化

1976年に出版された「Born on the Fourth of July(原題)」の作者、ロン・コーヴィック自伝本となるこの映画。

コーヴィック自身もオリバー・ストーンと共に脚本に加わり、パレードの退役軍人としても参加しています。

コーヴィックカメオ出演している場面は、冒頭のパレードでクラッカーの音で驚いている退役軍人の役です。

オリバー・ストーン監督自身も体験

監督自身1976年ベトナム戦争を経験し、翌年に除隊したがメキシコでヘロイン所持逮捕された経歴もあります。

その後も1999年2005年にもマリファナ所持飲酒運転での逮捕歴があり、ベトナム戦争与えた影響を描いたこの作品の実体験者でもあるのです。

1986年に公開された「プラトーン/Platoon」への賞賛が大きかった為か、「7月4日に生まれて」への評価は賛否両論あります。

アメリカにとって7月4日とは

1977年7月4日アメリカ独立宣言/United States Declaration of Independenceが公布された、アメリカ合衆国にとって重要な意味持つ独立記念日/Independence Dayです。

当時はイギリス(グレートブリテン王国)により、アメリカ東部海岸、13の植民地が統治されていました。これは、アメリカ独立戦争/American War of Independence、又はアメリカ独立革命/American Revolutionによってもたらされた勝利です。

ロン・コーヴィックは、アメリカ国民にとって意味の深い日に生まれたのでした。ですから、コーヴィックの母親過大な期待ロンに向けたのではないでしょうか。

「7月4日に生まれて」トリビア

マサピークア出身者多数出演

少年時代のロンに抜擢されたブライアン・ラーキンは、ロンの故郷ロングアイランドのマサピークア出身です。ロングアイランドはその名の通り、クイーンズ群、キングス群(ブルックリン区含む)、ナッソー群、サフォーク群の4自治体で構成されたニューヨーク州にあるの事です。

その他にも、4人兄弟の内3人、スティーブンダニエルウィリアムが今作品に出演しているボールドウィン家。彼らもまた、マサピークア出身なのです。

しかし、撮影のほとんどはテキサス州で行われました。

トム・クルーズの誕生日が・・・

7月4日と言いたいところですが、トム・クルーズ7月3日生まれです。何かのなのか、出演したトム自身も作品への思い入れは強くなったのではないでしょうか。

ちなみに、ウィレム・デフォー7月22日生まれです。

同じシーンには登場しませんが、ウィレム・デフォーと共にトム・ベレンジャーも出演しています。この2人を見ると、「プラトーン」といった印象が強いですよね。

トム・クルーズのブロンズスター勲章

下半身麻痺となったロンを演じる為に、トム・クルーズ車椅子で1年間過ごしました。確かに、作品内でトム・クルーズ車椅子ウィリーして走らせたりと、機敏な動きが目に留まります。

そんなトム・クルーズ努力と演技力を称え、ロン・コーヴィック自身が授与したブロンズスターメダル(勲章)トムに授けたのです。

コーヴィックにとっても、意味深い1作だからではないでしょうか。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください