アニメ「テガミバチ」優しさを運ぶハートフルな物語をHuluで観る!

テガミバチ』は「月刊少年ジャンプ」2006年10月号より連載されていた、浅田弘幸氏の漫画を原作としたアニメおよび、関連するメディアミックス作品です。
※月刊少年ジャンプの休刊に伴い、週刊少年ジャンプでの掲載後、ジャンプスクエアにて連載を再開している

原作漫画は全20巻が発売されており、2011年3月の時点で累計発行部数は400万部を超えるほどの人気作。

他にもヴォイスコミック「VOMIC」の配信や、PSP専用ソフト『テガミバチ こころ紡ぐ者へ』も発売。さらには小説版の刊行などの多岐に渡るメディア展開も行われており、多くの人気を獲得した作品といえるでしょう。

アニメは2009年10月より、テレビ東京系列ほかの放送局にて全25話の構成で放送が行われました。

その後、翌年10月から第2期『テガミバチ REVERSE』として全25話の構成で放送。あわせて全50話となっています。

第1期は原作第5巻までに沿った内容が放送され、第2期は途中からオリジナルストーリーとして展開されていきます。
※そのため、一部のキャラクター設定が原作と異なる部分がある

Huluでも『テガミバチ』は全25話が配信、視聴が可能となっています。同様に『テガミバチ REVERSE』も全25話が配信されていますので、どちらも合わせて視聴するのもおすすめです。

それでは『テガミバチ』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『テガミバチ』あらすじ

小さな少年“ラグ・シーイング”。彼はある日、自らの母を攫われてしまう。
さらに自らも「郵便物(テガミ)」として運ばれ、母の行方が分からなくなるラグ。
しかし、彼を身を挺して守りきったテガミバチの青年“ゴーシュ・スエード”の姿を見て、自身もテガミバチを志すようになるのだが……。

第1話「テガミとテガミバチ」 あらすじ

母を何者かの手によって攫われた少年“ラグ”はテガミバチ“ゴーシュ・スエード”によって「郵便物(テガミ)」として運ばれてしまう。
母の元から引き離されてしまったラグは心を閉ざしてしまい、仕事を最優先とするゴーシュへ反発してしまうが……。

「テガミバチ」をHuluで動画視聴

第1話から早速、見入ってしまいました。『テガミバチ』の名前は以前から知っていたのですが、自分の中で視聴する「決め手」に欠けていたのですが、今では「なんでもっと早く見なかったのか」と軽い後悔を覚えました。

原作の漫画は読んでいませんし、物語の軸なども特に理解する前からアニメを私は視聴しています。ですが、その独特の世界観にこうも自然に引き込まれたのは久々の感覚だと思います。

第1話では、主人公のラグをゴーシュが発見し、彼を目的地まで届ける道中が描かれています。テガミバチとして淡々と仕事をこなそうとするゴーシュですが、不器用な彼の優しさがところどころに感じられ、ラグとゴーシュの関係にホッとしますね。

コードギアス』の主人公“ルルーシュ・ランペルージ”でおなじみの声優・福山潤さんがゴーシュ役を担当されているのですが、彼の優しい演技がとても伝わってきます。

ラグ役の声優・沢城みゆきさんも子供のラグの雰囲気に非常に合っているのではないでしょうか。作中の敵として描かれる「鎧虫」との戦いもみどころですが、バトル要素に関しては個人的には「二の次」といった感じがします。

この世界観に触れながら、それぞれの抱える想いを感じ取っていくという見方が個人的には良いかなと思いましたね。もちろん、テガミバチとして「鎧虫」との戦いは多々描かれるのでファンタジーバトルとしての側面もあります!

ラグ自身はまだ第1話の時点でテガミバチにはなっていないので、何故テガミバチを目指すのか? という部分も気になります。

他にもゴーシュの持つ「心弾銃」というテガミバチ専用の銃器を持った際、ラグの心に反応したのか弾丸が装填され、暴走を引き起こしてしまいます。

ですがゴーシュ曰く、「アンバーグラウンドにはまだ未発見の琥珀精霊石が眠っていて、このあたりの地中に鉱山脈があって、共鳴してしまったのかも知れませんね」と述べています。

と言っても、そんな簡単な理由では片付きそうにないことと、その前にラグが精霊琥珀についてゴーシュに質問をしていたりします。その質問にも気になる点が存在したりと、ラグの存在はちょっと不思議です。

どんどん気になるポイントは増えてくるので、ますます目が離せなくなってしまい、気付けばどんどん視聴を続けてしまっている私です(笑)

オリジナルストーリーの展開となるようで、原作を見ていない私にとっては違いが分からないのですが充分にその作品の面白さは伝わります。原作の漫画も見てみたい気持ちになりますし、まずは一度アニメを見ていただくのもオススメです。

現状、見ていて難しいと感じる部分もないので気軽に楽しめる作品かと。是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • ラグ・シーイング(Lag Seeing)

ラグ・シーイング/CV:沢城 みゆき

本作における主人公で、最高のテガミバチ「ヘッド・ビー」を目指す少年。
左目には赤い精霊琥珀の義眼が埋め込まれ、基本的には前髪で隠れている。
生真面目な性格で、優しい心を持つ。非常に泣き虫な面もある。

  • ニッチ(Niche)

ニッチ/CV:藤村 歩

本作におけるヒロインで、ある時を境にラグの相棒となった少女。
パンツを履く習慣がなく、ラグのデカパンのみ履くようになる。
ラグ以外にはあまり懐かず、世間の常識にも疎い部分がある。
ニッチは「狭い場所・大切な場所」を意味する名前。

  • ステーキ(Steak)

ステーキ/CV:永澤 菜教

ニッチに懐いている、非常食のペット。
初対面の人には良くかぶりつき、コナーは度々かぶりつかれている。
名前の由来は「焼かないとまずそう」というニッチの言葉から。

  • ゴーシュ・スエード

ゴーシュ・スエード/CV:福山 潤

ラグをサブリナ・メリーへ届けた張本人で、テガミバチの青年。
冷静且つ落ち着いた口調だが、口下手で会話が苦手。
妹であるシルベットの足を治すため、「ヘッド・ビー」を目指している。

  • シルベット・スエード

シルベット・スエード/CV:水樹 奈々

ゴーシュの妹で、兄同様の味覚音痴な少女。
普段は車椅子生活を余儀なくされており、生まれつき両足が不自由。
性格は表面上は気の強さを装っているが、本来はラグ同様に泣き虫。

  • ザジ・ウィンタース

ザジ・ウィンタース/CV:岸尾 だいすけ

ラグの審査監視員を務めることになったテガミバチ。
短気で手が早いタイプの少年だが、本来は心優しい性格。
小さい頃に両親を鎧虫に奪われたという暗い過去を持っている。

  • コナー・クルフ

コナー・クルフ/CV:菅沼 久義

のんびり屋で、大食らいのテガミバチ。
ラグをBEEの面接試験に送った人物でもある。
人柄が良いため、周囲からも慕われている。

  • ジギー・ペッパー

ジギー・ペッパー/CV:中井 和哉

速達を専用とするテガミバチの男性。
さまざまなテガミバチの憧れの的でもあり、ザジは「男の中の男」と評している。
普段は「こころ」を燃料とした鉄の馬(バイク)を駆っている。

  • アリア・リンク

アリア・リンク/CV:小清水 亜美

ラグたちテガミバチが、拠点として身を置く郵便館「ハチノス」の副館長。
ゴーシュの幼馴染でもあり、クールさと知性を併せ持つ美女。
キャリアウーマンだが、運動能力は微塵もない。自身の美貌に無自覚。

  • ラルゴ・ロイド

ラルゴ・ロイド/CV:小西 克幸

郵便館「ハチノス」の館長で、飄々とした男性。
いい加減そうに見えるが、その実かなりのやり手。
持ち歩いている杖は「心弾銃」でもある。タバコは基本的に咥えているだけ。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください