アニメ「けものフレンズ」Hulu配信開始。話題作を今すぐ見よう!

けものフレンズ』は、2014年頃より発足されていた「けものフレンズプロジェクト」をベースにしたスマートフォン用アプリ『けものフレンズ』および、アニメなどの関連するメディアミックス作品です。

「けものフレンズ」公式サイト:http://kemono-friends.jp/

プロジェクトは『ケロロ軍曹』でおなじみの吉崎観音氏をデザイナーとして迎え、株式会社KADOKAWA梶井斉氏が中心となって展開されました。

スマートフォン用アプリは2015年3月より、株式会社ネクソンから配信され翌年12月にはサービスが終了。現在は株式会社ブシロードが「プロジェクトG」と称した完全新作のゲームが2017年夏に配信予定となっています。

アニメは2017年1月より、テレビ東京ほかの放送局にて全12話の構成で放送されました。

キャラクターは3DCGで背景は手書きという内容になっており、監督・シリーズ構成などを務めた“たつき”氏はアニメ放送終了後に自主制作短編アニメである第12.1話「ばすてき」がYouTube・ニコニコ動画にて配信されました。

Huluでも『けものフレンズ』は全12話が配信、視聴が可能となっていますので一気に視聴されるのもオススメです!

他にも漫画版や舞台版など幅広いメディア展開が行われ、新作映像の制作決定や新プロジェクトの企画が決定するなど今後も見逃せないコンテンツに期待が持てそうです!

それでは『けものフレンズ』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『けものフレンズ』あらすじ

世界のどこかにある「ジャパリパーク」と呼ばれる超巨大総合動物園。
ここには未知の物質「サンドスター」によって動物がヒトの姿になった「アニマルガール」へと変身を遂げていた。
そんなある日、「ジャパリパーク」に迷子の姿を見つけます。迷子は帰り道を探そうと始めるのですが……。

第1話「さばんなちほー」 あらすじ

ジャパリパーク内の「さばんなちほー」に暮らすフレンズ・サーバルは、迷子を発見する。記憶がない迷子に“かばん”という名前を付けた彼女は、「図書館にいけば何かが分かるかも知れない」と提案する。
サーバルは“かばん”の道案内を申し出ながら、隣の地区「じゃんぐるちほー」を目指すことになるが……。

感想

あっさり第1話が終わって、気付けば全話一気に見通してたのですが純粋に楽しめる作品だなと感じます。

第1話では、主人公・かばんとサーバルの出会いと旅立ちが描かれているのですが、全体的にゆるーい雰囲気が続くので見ている側も和やかに視聴することができます。

“かばん”が一体どんなフレンズなのか、その正体を知るために「図書館」へと向かうのですが、身体能力も低いし、戦えるわけでもない、飛べるわけでもないので“かばん”自身も落ち込んでしまいます。

そんな彼女を底なしのポジティブで励ますサーバルの存在はほっこりさせてくれますね! また、ゲーム版はRPGだったこともあり、アニメでも謎の存在・セルリアンと戦うシーンが描写されます。

大型のセルリアンとの戦いが第1話では見ることが出来るのですが、ここで他のフレンズにはない“かばん”の能力の一端を見ることが出来ます。

明らかに耳も尻尾もない彼女は「人間」だろう、と誰しもが予想を立てられるのですが、順当に人間なのかそれとも……とさまざまな推測が出来、こういった側面を考えるのも楽しいですね。

インターネット上でもさまざまな考察が飛び交い、『けものフレンズ』という作品に対する考え方も多種多様で、奥深さを感じさせてくれます。

またアニメの途中にフレンズの実際の生態などを紹介するコーナーもあり、動物に対する理解を深めてくれる一面もあるのでアニメだけではない魅力もあるのではないでしょうか。

他にも動物の特徴を落とし込んである部分も見られたりと、一見すると変に思えるかもしれない箇所もそういった側面があり見ていて面白いですね。

例えば第1話の冒頭ではサーバルが“かばん”ちゃんを「狩りごっこ」と称して追いかけっこをするのですが、サーバルは俊足にも関わらずなかなか“かばん”を捕まえることが出来ません。

これはサーバルの直線運動がポイントになっていて、すんでのところで彼女は“かばん”ちゃんに避けられてしまっています。

俊足な分、小回りが効きにくいなどの特徴を細かい部分で描いていたりと面白いなと思いました。「直線運動」と気付かなければ、この光景は「サーバルはドジっ子」という風にも取れるのでそれはそれで面白いなと感じます(笑)

多くのフレンズが登場する作品なので、動物が好きな方もあまり動物と触れ合う機会がない方も一貫して楽しめる作品なのではないでしょうか。

余談ですが、監督のたつき氏が運営するアニメーション自主制作集団「irodori」では、オリジナルアニメーションなどの公開もされており、非常にクオリティの高いアニメを楽しむことが出来ます。

一見の価値ありなので、是非こちらもご覧になってみてください。

●irodori公式サイト
http://iro-dori.jp/

新プロジェクトや新作映像の決定など、期待が膨らむ話題が増えて、ますます楽しみになっています!

是非この機会にご視聴されたことがない方も、ご視聴してみるのは如何でしょうか。きっとフレンズたちに魅了されること間違い無しです!

登場人物/キャスト

  • かばん

かばん/CV:内田 彩

アニメ版における主人公で、迷子の女の子。
自分がなんのフレンズか覚えておらず、自分を知るために旅をする。
身体能力は周囲と比べ低いが、機転が利き知識が豊富。

  • サーバル(Serval Cat)

サーバル/CV:尾崎 由香

非常にポジティブで明るい性格をしたフレンズ。
かばんと最初に出会ったフレンズで、高い能力をもつがおっちょこちょい。
頑丈な身体を持っており、大抵のことでは無傷。

  • ラッキービースト

ラッキービースト/CV:ミライ

フレンズたちから「ボス」と呼ばれる、パークガイドロボット。
電子音で会話し、かばんとのみ対話する。
複数体の個体の存在がある様子。

  • フェネック(Fennec)

フェネック/CV:本宮 佳奈

アライグマと行動をともにする、冷静でマイペースなフレンズ。
突っ走るアライグマのお陰か、方角を把握できるようになった。
気が抜けているようで、いろいろと周りを見ている。

  • アライグマ(Common raccoon)

アライグマ/CV:小野 早稀

フェネックと行動をともにするフレンズ。
せっかちな性格で、周囲のいうこともあまり聞かない。
フレンズの中でも特に「天然」で、暴走することもしばしば。

  • カバ(Hippopotamus)

カバ/CV:照井 春佳

水場で良く水を浴びているフレンズ。
おっとりとした口調で、潜ることが出来ても泳ぐことが出来ない。
さらに極端な世話焼きで、心配性だがとてつもない怪力。

  • コツメカワウソ(Small-clawed otter)

コツメカワウソ/CV:近藤 玲奈

手先が器用なフレンズで、好奇心旺盛。
非常にプラス思考で、楽しいことが大好き。
お手玉が得意で、能天気な一面も持っている。

  • ジャガー(Jaguar)

ジャガー/CV:津田 美波

泳ぐことが出来るネコ科のフレンズ。
普段は船渡しをしており、かばんたちを助ける。
堂々とした態度で、クールな姉御肌。

  • トキ(Japanese crested ibis)

トキ/CV:金田 朋子

歌が好きで「怪音波」と称されるフレンズ。
鼻声っぽいと指摘されたりするが、本人は自覚をしている様子。
翼を活かして、輸送などを担当する。

  • ツチノコ(Tsuchinoko)

ツチノコ/CV:小林 ゆう

珍しい物好きで、人見知りの未確認生物。
ジャパリパークの事情を他のフレンズたちよりも知っている。
また洞察力にも優れており、鼻が利く。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください