Huluおすすめアニメ「TRICKSTER」近未来の少年探偵団!

TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』は、推理作家・江戸川乱歩氏の推理小説『少年探偵団』をもとに制作されたアニメ作品です。

本作はアニメの他にさまざまなメディア展開が行われており、コミカライズ・実写舞台なども含んだ総称を『TRICKSTERプロジェクト』としています。

漫画は「マガジンSPECIAL(現在休刊)」2016年第7号より連載され、その後の連載は『別冊マガジン』2017年4月号に読み切りという形で掲載がされました。
※単行本は2017年4月の時点で第2巻まで発売されている

実写舞台は『TRICKSTER~the STAGE~』として、2017年4月にZeppブルーシアター六本木で上映

2016年10月にはアニメが放送され、TOKYO MX・読売テレビほかの放送局にて全24話の構成で放送されました。

Huluでも『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』は全24話が配信、視聴が可能となっていますので一気に視聴されるのもオススメです!

それでは『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

TVアニメ公式サイト:http://trickster-project.com/anime/

『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』あらすじ

時は2030年代――。
明智小五郎”という名の探偵に集った少年たちは「少年探偵団」として数々の事件を解決に導いていた。
そんな中、リーダー“花崎健介”は「死ねない身体」を持つ少年“小林芳雄”と出会う。
自身の死を望む彼を花崎は「少年探偵団」へと誘うのだが……。

第1話「D坂蜃気楼」 あらすじ

2030年代の日本――。
警備ロボットが暴走するという事件が渋谷で発生した。
現場へ急行した公安総務課に属する刑事“中村奈緒”は探偵“明智小五郎”に事件協力の連絡を入れる。
だが彼は既に助手である“井上了”を連れ、警備ロボットの製造元「ひのもと重工」へ向かっていたのだが……。

感想

さすがは推理小説をもとにした作品というべきか、第1話から多くの謎を残してくれました(笑)

特に最大の謎は「死ねない身体」を持つ“小林”の存在ですね。彼が何故「死ねない」のか、ハッキリとした理由が分からないので非常に気になるところ!

「死ねない身体」というよりはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に存在する「ATフィールド」のように常に周囲を見えないバリアが覆ってる感じです。

無機物・有機物を問わず、自身に危害を加えようとする対象を反射したり衝撃を与えたりと色々性質が変わるのでしょうか。まだ1話だけなので、徐々に解明されていくことを期待しましょう。

もう一人の主人公“花崎”はポジティブで、ステータスが高いという点以外、個人的には特に感じる部分はなかったかなと。

勿論、重要なポジションなのですが、それ以外のキャラクターの個性が強いので若干「霞んでるかも……?」と言った印象です。

特にナビゲートポジションである少女“野呂誠”が紅一点ということもあり可愛いのですが、こちらもハイスペック過ぎて驚きです(笑)

あと割と良いなと思ったのがGACKTさんの演技ですね!怪人二十面相を担当しているのですが、主題歌を歌っている時とは違い斬新でした!

GACKTさんが声優として携わった作品は実は初めて視聴するので、余計にですね。イメージ的に物凄く低音で喋ると思ってたのですが、意外なことに割と爽やかでした!

他にも実力派の声優さんが演じているので、そちらも見応え充分となっているので是非。小野大輔さん演じる明智小五郎も良い雰囲気を出しています!

それとこれは余談ですが、第1話のサブタイトルでもある「D坂蜃気楼」。この「『D坂』ってなんだろう?」と非常に気になりまして。

実はこれ、江戸川乱歩さんの作品『D坂の殺人事件』という探偵小説の舞台が「D坂」でした。

乱歩さんは大正8年に東京市(現東京都)文京区本郷駒込林町にある「団子坂」で弟2人と「三人書房」という古本屋をされていたそうです。

なので実際にある地名が舞台だったということで、作品に対する興味が大きくなりましたね。作品の裏側にある事柄を知っていくと、楽しくなってきます。

と、過去の名作を近未来風にアレンジされたアニメですが、このように話を進めていくともっと面白い発見がありそうです!

江戸川乱歩」「少年探偵団」「明智小五郎」などのワードはアニメ『名探偵コナン』でも割と印象深かったりしますが、江戸川乱歩さんの作品を題材にしたアニメは意外とあるようで驚きました。

本作は江戸川乱歩さんの推理小説をもとにしてはいますが、原作の小説を知らなくても問題なく世界観に没入できるので、楽しんで見て頂けると思います!

逆に推理小説や活字が苦手な方にも、気軽にミステリーを楽しめる内容になっていますので是非この機会にご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 小林 芳雄(こばやし よしお)

小林 芳雄/CV:山下 大輝、小澤 亜李(幼少期)
舞台版:鳥越 裕貴

本作における主人公で、少年探偵団のメンバー。
「謎の靄(もや)」よって「死ねない」身体を持つ。
ホームレス同然の生活が影響し、食い意地が張っている。

  • 花崎 健介(はなさき けんすけ)

花崎 健介/CV:逢坂 良太、千本木 彩花(幼少期)
舞台版:赤澤 燈

本作におけるもう一人の主人公。
少年探偵団のリーダーで、小林を探偵団に誘った張本人。
元々は施設育ちで、兄的存在の晴彦を探している。

  • 井上 了(いのうえ りょう)

井上 了/CV:梅原 裕一郎
舞台版:赤澤 遼太郎

少年探偵団の元リーダーで、明智の助手。
頭脳明晰で探偵団の指揮を執り、車の運転もこなす。
ある怪我の影響から車椅子での生活を強いられる。

  • 野呂 誠(のろ まこと)

野呂 誠/CV:木戸 衣吹
舞台版:木戸 衣吹(声のみ)

少年探偵団のメンバーで紅一点の少女。
普段は高級マンションの自室に引き篭もっている。
天才的な頭脳を持ち、大学を飛び級している。

  • 勝田 雅治(かつた まさはる)

勝田 雅治/CV:増元 拓也

少年探偵団の元メンバー。
現在は様々な部活動を兼任していて、実家の生花店を手伝う。
素直で真っ直ぐな性格をしていて、気持ちの良い青年。

  • 大友 久(おおとも ひさし)

大友 久/CV:古川 慎

花崎たちが通う「瑠璃野学園」の科学実験部部員。
少年探偵団の「七つ道具」を開発している。
飄々としており、女子にモテる。

  • 山根 たすく(やまね たすく)

山根 たすく/CV:山谷 祥生
舞台版:今川 碧海

大友の後輩で科学実験部の部員。
非常に気弱な性格をしており、大友によくいじられる。
基本的には誰とでも敬語で接している。

  • 明智 小五郎(あけち こごろう)

明智 小五郎/CV:小野 大輔
舞台版:鯨井 康介

元傭兵の「明智探偵事務所」の主。
探偵としても能力は抜群だが、無精な性格ゆえに仕事を殆どしない。
また放任主義で少年探偵団の活動にも口出しをしない人。

  • 中村 奈緒(なかむら なお)

中村 奈緒/CV:田所 あずさ

警視庁公安総務課の刑事で、明智探偵事務所に出入りする。
実は彼氏持ちで、非番の時は度々デートに勤しんでいる。

  • 怪人二十面相(かいじんにじゅうめんそう)

怪人二十面相/CV:GACKT

国籍・性別・年齢といった経歴不明の人物。
変装にも長けており、素顔を知る者も少ない。
明智に対して挑発的な言動が多く、過去に彼と因縁がある。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください