超重神グラヴィオン』は、2002年10月より株式会社ゴンゾGONZO)によって制作されたオリジナルロボットアニメです。

ロボットアニメとしては一風変わった作品で、美少女キャラクターが多く登場することや作画の雰囲気も相まって、一見すると「萌えアニメ」と捉えがちな本作。

しかし本作は『超獣機神ダンクーガノヴァ』や『スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-』などを手掛けた、大張正己氏が監督を務めていることもあり、蓋を開いてみると実は「燃えアニメ」ということを実感して頂ける作品ではないでしょうか。

アニメは2002年10月より、フジテレビ系列にて全13話の構成で放送が行われました。
※2年後の2004年1月からは続編『超重神グラヴィオンZwei(ツヴァイ)』が全12話の構成で放送

本作はノベライズも行われた他、パチスロとしてもリリース。そして人気ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズへの参戦も行われるなど、メディア展開も大きく行われた作品でもあります。

Huluでも『超重神グラヴィオン』は全13話が配信、視聴が可能となっており、第2期『超重神グラヴィオンZwei』も全12話が配信されていますので、併せてご視聴されるのもおすすめです!

第1期・第2期ともに主題歌は「JAM Project」が歌唱を担当し、その見た目の雰囲気とは裏腹にロボットアニメとして王道なアツさを見せてくれる作品として、非常に見応えがある作品だと個人的には感じています。

私も例に漏れず、この作品の熱さの虜になった一人として『超重神グラヴィオン』の個人的な感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『超重神グラヴィオン』あらすじ

西暦2041年――地球。
突如として、太陽系にその姿を現した謎の敵「ゼラバイア」。
地球への侵攻が開始され、地球は滅亡の危機に直面する。
しかし、地球侵攻を予想していた謎の大富豪“クライン・サンドマン”は自らの手で「アースガルツ」と呼ばれる対ゼラバイア組織を立ち上げる。
そんな中、消息不明の姉を探す少年“エイジ”がサンドマンの住む城へ潜入するのだが……。

第1話「巨神の棲む城」 あらすじ

行方知れずの姉を探す少年“エイジ”は、「サンドマン」と呼ばれる謎の大富豪が住む城に潜入をしていた。
姉の手掛かりを捜索する内に、城の奥で巨大な人型兵器と一人の少年と遭遇するエイジ。
そんな中、地球を侵攻する正体不明の敵「ゼラバイア」が地球へと降下してくるのだが……。

感想

久々に視聴したのですが、やはりロボットといえば「合体」シーンですね!このシーンだけは何度見ても鳥肌必至の場面です。

本作では「合体」ではなく「合身」なのですが、JAM Projectの挿入歌と共に合身が行われるので、まさに「胸熱展開!」となっています。もちろん、王道な内容なので非常に「お約束」的に読めるのですが、解っていても熱くなってしまいます(笑)

そして、第1話ではオープニング曲が終盤に流れ、そのまま第2話へ「抜群の引き」として持ってくるので、「こんな良いところで!」とまんまと次の話が気になってしまったのが私です……(苦笑)

という何度も視聴しているはずの私は、それだけ本作に強い思い入れを抱いていたようで、非常におすすめしたい一作ですね。

少し余談ですが、私は「スーパーロボット大戦」シリーズをプレイしていて、もちろん本作が参戦する作品もプレイしているのですが、「ロボットアニメとJAM Project」のコンボという破壊力はそれはもう凄まじい……。

本作はそのコンボが最大限まで繰り出されるので、余計に「胸熱ポイント」が至る所に置かれているので、第1話からどんどん楽しんで頂けるのではないでしょうか。

そんなこのアニメは「ダブル主人公・ヒロイン」という登場人物の構成なのですが、中でも主人公のエイジ・斗牙はちょっと作中でも変わった立ち位置。

斗牙はグランカイザーもといグラヴィオンのメインパイロットということもあり、戦闘パートは斗牙を中心とした視点で描かれます。

反面、それ以外のパートではエイジ視点が多いので、初見だと「あれ?エイジ、戦闘で出番あんまりない……?」と思ってしまう方も少なくないのでは。

言い換えれば戦闘以外だと斗牙は控えめな性格なので、あんまり表立って行動がありません。なので、この二人がどんな風に描かれていくのかを見ていくのも一つポイントだと思います。

ロボットアニメとして熱い内容が多い中、グラヴィオンに搭乗する女性パイロットは「メイド」という特殊な設定もあり、従来のロボットアニメにはない斬新な試みとして受け取れる部分も多く見受けられ、1話1話を楽しめます。

ですが、個人的には「燃え」と「萌え」が混在するバランスの良いロボットアニメと感じていて、真面目な内容とギャグの内容も程よくバランスが取れている作品ですね。

同じく2002年に放送された『ラーゼフォン』や『OVERMANキングゲイナー』、『フルメタル・パニック!』などと異なり、ちょっと癖の強い部分がある作品かも知れませんが、話数も第1期・第2期と併せて全25話分なので、それなりのボリュームで気軽に楽しめるので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 天空侍 斗牙(てんくうじ とうが)

天空侍 斗牙/CV:福山 潤、千葉 紗子(少年期)

本作の主人公で、対ゼラバイア用人型兵器「グランカイザー」のパイロット。
孤児院で育ち、サンドマンによって引き取られパイロットとして訓練していた。
様々な常識に欠けているが、操縦技術は卓越しており、二重人格めいた面がある。

  • 紅 エイジ(しぐれ エイジ)

紅 エイジ/CV:鈴村 健一

本作におけるもう一人の主人公。
行方知れずの姉“アヤカ”を探している。
グラバイア襲撃の際、成り行きで戦いに加わる。
極度の負けず嫌いで斗牙へ対抗心を持っている。

  • 城 琉菜(ぐすく るな)

城 琉菜/CV:池澤 春菜

本作におけるヒロインで、サンドマンの元に呼ばれた少女。
性格は活発で、エイジとしばしば衝突している。
「ドリル女」とエイジには揶揄される。
エイジに対し、想いを寄せている。

  • ミヅキ・立花(ミヅキ・たちばな)

ミヅキ・立花/CV:浅川 悠

メンバーの中では最年長の艷やかな女性。
兵器の操縦のみならず、白兵戦の実力も高い。
エイジの姉であるアヤカとは親友同士で、酒癖が非常に悪い。

  • エィナ

エィナ/CV:中原 麻衣

サンドマンの居城「サンジェルマン城」のメイド長。
斗牙の母親役も担っており、彼から信頼を寄せられている。
おっちょこちょいな部分があり、ドジな面も多いが努力家。

  • リィル

リィル/CV:桑島 法子

本作におけるもう一人のヒロイン。
断片的な記憶を除き、以前の記憶がない。
サンドマンを慕っており、周囲に対しては非常に臆病な性格。

  • クライン・サンドマン

クライン・サンドマン/CV:速水 奨

年齢不詳の大富豪で、対ゼラバイア組織「アースガルツ」の司令官。
独特な美学を持っており、キザな口調が目立つ。
気さくな性格で、お茶目でノリの良さも併せ持ち、司令官としての能力も高い。

  • レイヴン

レイヴン/CV:緑川 光

サンドマンの右腕的存在で、エイジたちの訓練を監督する男。
冷静沈着な性格だが、ひときわエイジに対して厳しい態度を取っている。
その反面、さまざまな場面で変わった一面を覗かせる謎の人物。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ