Huluおすすめアニメ「曇天に笑う」明治の琵琶湖で犯罪者を橋渡し!

曇天に笑う』は月刊コミックアヴァルスより連載された、唐々煙氏による漫画『曇天に笑う』を原作とした同名のアニメ、および関連作品です。

単行本は全6巻が刊行されており、累計120万部を誇る大ヒット作品としても話題を読んでいます。

また原作の300年前を描いた前日譚『煉獄に笑う』も全6巻が刊行『曇天に笑う <外伝>』も『WEBコミック Beat’s』にて配信

MAGCOMI(マグコミ):http://comic.mag-garden.co.jp/dontenex/

他にも2015年2月・2016年5月には実写舞台化も行われ、メディア展開も実施。

アニメは2014年10月より、日本テレビ・AT-X・びわ湖放送他の放送局にて全12話の構成で放送されました。

更に2017年冬には『曇天に笑う <外伝>』が劇場版アニメとして公開が予定されています。

Huluでも『曇天に笑う』は全12話が配信、視聴が可能となっていますので一気にご視聴されるのもオススメです!

実写映画(主演:福士蒼汰)も2018年に公開予定ということで、人気再燃の予感がヒシヒシと伝わってきますね。

それでは『曇天に笑う』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

アニメ公式サイト:http://www.vap.co.jp/dontenniwarau/

実写映画公式サイト:http://donten-movie.jp/

『曇天に笑う』あらすじ

舞台は明治十一年の日本――。
欧米化が急速に進み、政府に対して不平不満が募ったことにより、監獄では投獄と脱獄が後を絶たない状態だった。
そんな中、政府は滋賀県琵琶湖に重犯罪者専用の檻である『獄門処』を設けた。
この日本最大にして脱出不可能な監獄へ“曇家”の三兄弟が橋渡し人を請け負うのだが……。

第1話「三兄弟、曇天に立つ」 あらすじ

重犯罪者のために作られた専用監獄『獄門処』の橋渡しを担う曇三兄弟。
ある日、護送中の犯罪者が脱走し、曇家の現当主“曇天火”は脱走犯を追跡する。
そんな中、目が覚めた次男の“空丸”は弟の“宙太郎”と共に天火の後を追うのだが……。

感想

まず最初に思ったことは「この作品、琵琶湖が舞台なのか!」ということでした(笑)

というのも私の出身がそちらになりますので、非常に親近感が沸いたという安直な理由なのですが……(苦笑)

更に調べてみると作中の舞台が私の住んでいた所在にとても縁があり、驚きの連続。

さてさて、前置きから脱線しましたがそんなこともあり、作品に対する興味は非常に強くなりましたね(笑)

ただ正直なところ視聴する前まで「どんな作品なのか?」ということが全くイメージ出来なかった作品でした。

タイトル自体は知っていたのですが、そのタイトルから何も想像が付かず、期待しながら視聴を開始した訳です。

第1話は「天火の兄バカ具合」が印象深く残っており、弟想いな彼の人柄が良く表れていました。

特に三男の宙太郎の様子を伺うため、小学校に女装して向かうシーンは面白さも感じつつ、この兄弟仲の良さにも惹き付けられましたね。

本作は「曇三兄弟」が主人公という位置付けなのですが、個人的には次男である“空丸”が「主人公っぽい」という印象。

天火はキャラクターとしては良い味を出しているのですが、作中でも相当強く描かれているので、どちらかと言うと空丸に感情移入がし易いかも知れません。

天火に比べ、空丸や宙太郎の実力はどうしても劣ってしまうのですが、そこからの成長がやはり見所ではないでしょうか。

文明開化の時代・明治を舞台にした作品ですが、冒頭にも出てくる日本最大の監獄『獄門処』。

島自体が監獄になっていて「この時代にこんな監獄あったら確かに脱走とか不可能だ……」と思えるくらい、その存在感に圧倒。

犯罪者たちも「獄門処だけは」と嘆くあたり、よほどの場所なのでしょう。

と、ここまでお伝えしましたが本作は何気に「戦闘要素」の強い作品です(笑)

曇家の三人と重犯罪者たちの戦いを描いたシーンも多く、前述の天火は言うまでもなく比類なき強さを発揮します。

空丸は第1話で戦い抜きましたが、小学生である宙太郎はどんな風に関わっていくのでしょう。

まだまだ登場人物は増えていくので、どのような関係を構築していくのかも気になるところ。

ちょっと余談を挟みますが、曇三兄弟の顔がどうしても同じに見えるのですが私だけでしょうか(笑)

宙太郎は服装が異なるので解るのですが、アップになった天火と空丸の違いが……(苦笑)

ここからどんな展開を見せるのか、予想できないのが個人的には非常に好感があり、続きが気になって仕方がありません!

2017年の冬には劇場版アニメ『曇天に笑う <外伝>』の公開も予定しており、私にとってはちょうどタイムリーなので是非見てみたいと感じております。

更に2018年には実写映画も公開予定とのことで、ますます期待度が高まります。

原作もテレビアニメ版も気軽に見れる尺なので、この機に是非ご視聴してみては如何でしょうか!

登場人物/キャスト

  • 曇 天火(くもう てんか)

曇 天火/CV:中村 悠一、小澤 亜李(幼少期)
舞台版:玉城 裕規
映画版:福士 蒼汰

本作における主人公の一人で、曇家の親代わり。
その性格は破天荒かつ天真爛漫。
非常に身のこなしが軽やかで、鉄扇で数十人の囚人を瞬く間に倒すほどの実力者。
現在は雲家の14代目当主を務めている。

  • 曇 空丸(くもう そらまる)

曇 空丸/CV:梶 裕貴
舞台版:佐野 岳、植田 圭輔
映画版:中山 優馬

本作における主人公の一人で、雲家三兄弟の次男。
自由な兄弟とは打って変わって真面目で努力家。
学校には通わず独学で勉強し、家事の全てを担っている。

  • 曇 宙太郎(くもう ちゅうたろう)

曇 宙太郎/CV:代永 翼
舞台版:百瀬 朔
映画版:若山 曜人

本作における主人公の一人で、雲家三兄弟の三男。
天火が大好きで、彼の言葉に対しては絶対の信頼を寄せている。
脚力も高く、非常に足が早い。

  • 金城 白子(きんじょう しらす)

金城 白子/CV:櫻井 孝宏
舞台版:平間 壮一、松田 凌
映画版:桐山 漣

過去に大怪我を負い、天火に救われた男性。
その経緯から普段は雲家の面倒を見ている。
「金城白子」という名は本名ではなく、天火が命名した。

  • 牡丹(ぼたん)

牡丹/CV:佐藤 利奈

宙太郎が通う学校の教師を務める女性。
曇家とも交流があり、大蛇の器を探す天火に協力を申し出る。

  • 錦(にしき)

錦/CV:能登 麻美子
舞台版:仁藤 萌乃

獄門処の看守で、風魔一族の末裔。
白髪と紫の目をした左半身、黒髪と黒目の右半身が特徴。
普段はカツラで覆い隠しながら勤務している。

  • 嘉神 直人(かがみ なおと)

嘉神 直人/CV:三木 眞一郎

過激な尊皇攘夷論を唱える男性。
元は長州藩の士族で、新政府に対する狂気を剥き出しにしている。
非常に過激な思想の持ち主である殺人狂。

  • 安倍 蒼世(あべの そうせい)

安倍 蒼世/CV:鳥海 浩輔、空見 ゆき(幼少期)
舞台版:細貝 圭
映画版:古川 雄輝

「犲(やまいぬ)」と呼ばれる右大臣直属の部隊隊長。
頑固な性格をしており、一度決めたら絶対に曲げない。
天火とは顔見知りで、冷淡な態度を取っている。

  • 武田 楽鳥(たけだ らくちょう)

武田 楽鳥/CV:下野 紘
舞台版:山本 涼介、蒼山 真人
映画版:市川 知宏

「犲」に所属する青年。
過去に「犲」に救われており、その憧れから入隊を志す。
部隊の中でもかなりの若手隊員。

  • 佐々木 妃子(ささき きーこ)

佐々木 妃子/CV:大原 さやか
舞台版:高畑 こと美、入江 栞里

「犲」に所属する女性隊員。
部隊の中では紅一点の存在で、天火や蒼世とも顔なじみ。
二挺の回転式拳銃を得物として使用している。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください