欅坂46のメンバーが監禁され、監視される「残酷な観客達」Huluで配信中!

残酷な観客達は、日本テレビ系で放送された欅坂46主演のドラマです。放送局は違いますが、彼女たちにとって2度目となる主演であり、秋元康氏が原案を務める作品でもあります。

ドラマ「残酷な観客達」公式サイト:http://www.ntv.co.jp/kankyakutachi/

欅坂のドラマ第2弾

残酷な観客達
デビュー前から飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続ける欅坂46。けやき坂46(ひらがなけやき)の新メンバーたちも増え、ますます活動の幅が広がりつつある彼女たちが、新たに主役として抜擢されたドラマが、この残酷な観客達です。

ただし、残酷な観客達というタイトルとは裏腹に、観客の姿はほぼ出て来ず、21人のメンバーたちの人間模様が中心となっています。時代背景は近未来の学校ということで、かつて彼女たちが主演を努めた「徳山大五郎を誰が殺したか?」同様に、大人メンバーを含む全員が制服姿で撮影に挑んでいます。

同じ学園モノの作品、そして原則彼女たちしか出てこないという共通点がありながらも、背景のストーリーは大きく変わっており、殺人事件の犯人を突き止めるという話から、自分たちに迫る命の危機から逃げ出すという、ある意味180度変化したものになっています。

承認欲求とYouTuber

残酷な観客達
一時期、ネット上のニュースサイトなどでは「友達からのいいね!が来ない時の対処法」「みんなから嫌われるFacebookでの投稿」といった記事が散見されました。しばしばワールドワイドな目線で引っ込み思案だと指摘されがちな日本人でも、周りの人たちから良いように見られたいという承認欲求はあるわけです。

今作はそんな三大欲求とは別に存在する願望をテーマの1つとして取り扱い、虫かごで育てられたカブトムシのように隅々まで見られる彼女たちの様子を、赤裸々に描いています。似たようなストーリーのドラマなどはこれまでもいくつか発表されてきましたが、今作は今っぽさをより色濃く反映している気もします。

それをより実感できるのが、YouTuberの存在です。残酷な観客達は実際にYouTubeで活動しているYouTuberたちがキャストとして出演し、実質本人役として登場しています。近未来という設定との整合性が取れなくなる気もしますが、YouTuberが出てくるというのは、ある意味承認欲求というテーマにピッタリのような気もしました。

あらすじ

残酷な観客達
近未来のとある学校。そこでは、個人情報保護の観点から、生徒たちは番号でお互いを呼び合うという、少し変わった規則が当たり前のように存在していた。

ある日のこと。いつものように下校しようとする生徒たち。だが、扉には鍵がかけられ、教室から出られなくなっていることに気づく。教壇の近くに置かれているタブレットには自分たちの姿が映し出され、下部には出席番号と0と書かれた数字が並ぶ。

どこの誰かもわからない視聴者たちが自分たちの姿を画面越しに監視する。部屋から出る条件はただ一つ、その誰かの気を引いて「いいね」を貰い、規定の数値に到達すること。

彼女たちは必死になる。そして必死になった末に行うのは、普通の高校生がさほど真剣にやらないような変顔やモノマネ。時に罵倒され、時に賞賛されながらも、彼女たちは順調に「いいね」を増やしていく。

なぜ彼女たちは閉じ込められたのか、なぜこのような企画に巻き込まれてしまったのか。様々な疑問や思惑が交錯しつつ、見ず知らずの人達からのいいねを欲し、彼女たちはタブレットのカメラに向けてアピール合戦を続ける。

Huluでの配信

地上波放送後に次週放送分を先行配信中!

出演者/キャスト

残酷な観客達
生徒たち…教室に閉じ込められ、その様子をネット配信されている。主人公格は17番と14番の2人。

石野紗英(1番)
演:石森虹花

岩本エレナ(2番)
演:今泉佑唯

内村渚(3番)
演:上村莉菜

岡本優希(4番)
演:尾関梨香

温田遥(5番)
演:織田奈那

古賀奈緒(6番)
演:小池美波

小柳郁美(7番)
演:小林由依

坂本はな(8番)
演:齋藤冬優花

佐野静香(9番)
演:佐藤詩織

椎名ケイト(10番)
演:志田愛佳

杉崎凛(11番)
演:菅井友香

須原美空(12番)
演:鈴本美愉

長野楓花(13番)
演:長沢菜々香

永嶺みこ(14番)
演:長濱ねる

橋本るな(15番)
演:土生瑞穂

浜野楓(16番)
演:原田葵

葉山ゆずき(17番)
演:平手友梨奈

望月琴(18番)
演:守屋茜

吉村梓(19番)
演:米谷奈々未

若本杏奈(20番)
演:渡辺梨加

和久綾乃(21番)
演:渡邉理佐

残酷な観客達
ヒカルラファエルくまみこふくれな…配信の視聴者。時には辛辣なコメントや応援のコメントなどを投稿する。
演:本人

感想

「徳山大五郎より」レベル

残酷な観客達
かつて徳山大五郎を視聴したときにも思いましたが、演技レッスンという名目で自分たちしか出てこない舞台などを行った乃木坂46と比較すると、やはり演技力の差を実感してしまいます。

徐々に人気が上昇していったお姉さんたちと違って、彼女たちはデビュー前からトップスター級の扱い。結果、自分たちがまずすべきことは歌とダンスを完璧に仕上げることであり、演技力に磨きをかけることは二の次ぐらいに優先度が下がります。

確かに、あの頃よりは演技がマシになったメンバーは何人かいます。特定の方の名前を挙げてしまうと棘のある文章になってしまうのでここでは伏せますが、おそらく普段の会話以上に棒読みだったあるメンバーも、ある程度自然な演技が出来るようになっているような気がしました。

とは言っても、結局は演技を本格的に勉強してきたわけではないので、俳優を本業としている人達からすれば恐らくほぼ全員が落第レベル。このあたりは、様々な番組出演などで演技力が必要とされる企画を繰り返し行うことで、少しずつスキルのブラッシュアップをいただきたいものです。

欅って、書けない?の面影

残酷な観客達
Twitterを見ながら第1話を視聴していて、やはり目にとまることの多かった感想が、彼女たちの冠番組である「欅って、書けない?」の固有名詞でした。同じ局で放送されていたKEYABINGO!ではなく、彼女たちにとってのホームグラウンドであるけやかけが取り上げられたのには、それなりの理由があるのです。

第1話は、笑わないアイドルと形容されがちな彼女たちの笑える一面が見られるシーンが多々あります。ですが、そのうちの半分ぐらいが、けやかけから輸入されたアイデアなのです。かつて放送されたモノマネを芸人から学ぶという企画で、YOUやローラなどのマネにメンバーたちが挑戦したのですが、その時にチャレンジしたお題を、そのままドラマで再演しています。

ある意味、日テレがテレ東の番組に便乗したとも捉えられるようなこの現象ですが、別に彼女たちを傷つけるつもりでの演出ではないので、このシーン自体は概ね受け入れられているようです。実際、このモノマネシーンなどがあるからこそ、彼女たちがしなければいけない目的などが明確にわかったような気もします。

Huluで見れる欅坂46

  • KEYABINGO!
    シーズン1,2共に全24話配信中(各22分)詳しくはこちらの記事へ
  • KEYA ROOM
    Huluオリジナルコンテンツ。テレビ未放送部分を含む完全版です! !
    全24話配信中(各13〜15分)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください