スニッファー ウクライナの私立探偵【阿部寛主演ドラマの原作もHuluで】

ウクライナ発ミステリー探偵ドラマ「スニッファー ウクライナの私立探偵」ロシア視聴率No.1テレビドラマです。

阿部寛主演「スニッファー 嗅覚捜査官」原作となっています。

日本版スニッファー観た方も、そうでない方楽しめるシリーズです。

鋭い嗅覚を存分に生かした明解捜査で、頭も鼻もスッキリさせよう!

日本版嗅覚捜査官に適任の阿部寛

原作版リメイク版格差があり落胆する事が多いのではないでしょうか。この作品においては、どちらの主演作品を観ても「魅力が生かされている」そんなな1作品です。

この機会をお見逃しなく

「スニッファー ウクライナの私立探偵」あらすじ

常に透明「鼻ブロック」装着していないと、アレルギー性鼻炎を発症してしまうスニッファー(キリル・カロ)。しかし、彼には特殊な才能があったのです。

それは、人並み外れた嗅覚を持っている事でした。その才能を生かし、私立探偵を営んでいましたが、神経質怒りっぽく非社交的スニッファー。そんな彼は、元妻や息子との関係にも問題を抱えていました。

そんなスニッファーが、警察官であり親友ビクトル(イワン・オガネシアン)と共に、その「精巧な鼻」数々の事件解決に導いていきます。

「スニッファー ウクライナの私立探偵」1話目感想

謎①:私立探偵業は儲かる?

ビル1つを所有するスニッファーは、私立探偵をしています。何の匂いも嗅ぎ分けてしまう高性能の鼻を持つ反面、アレルギー性鼻炎に悩まされているスニッファー。そんな彼のビルは、エレベーターは勿論、空調は最新式の物でした。

ビルの駐車場には高級車を持ち、パリッとしたスーツを着こなしているスニッファー日本の私立探偵というと「儲からない」イメージですが、彼は性能の良い鼻を持ち、事件を確実に解決していくので高額報酬「儲けて」います。

そんなお金持ちの私立探偵謎だらけの私生活、今後のエピソードで解明したいという気持ちになることでしょう。

謎②:持ち歩く鞄の中身

スニッファー特徴は、黒いスーツに長身を包まれ、無愛想な髭面、そして特徴的な黒い筒状ボストンバック

残念ながら、どこのメーカーかは探せませんでした。鞄自体も高級そうですが、中身が気になりますよね。一体、何を持ち歩いているのでしょうか。

このスニッファーの愛車ほどではないですが、チラチラと出てきます。今後のエピソード内で、この謎が解けるのか期待したいところです。

Hulu配信状況

  • 字幕のみ
  • シーズン1、全8話
  • シーズン2、全8話
  • 1話あたり、48分~55分(S2の8話目のみ1時間3分)
  • 2013年
  • Huluにて配信中!

登場人物/キャスト

  • 役:スニッファー/The Sniffer
    演:キリル・カロ/Kirill Karo

  • 役:ヴィクトル/Viktor
    演:イワン・オガネシアン/Ivan Oganesyan

  • 役:ユーリャ/Yulia
    演:マリヤ・アニカノヴァ/Mariya Anikanova

  • 役:タティアナ・ボスクレセンスケーヤ/Tatyana Voskreskenskaya
    演:ニーナ・ゴギャエバー/Nina Gogaeva

「スニッファー ウクライナの私立探偵」について

ウクライナ産まれのドラマ

フィルム・UA/Film UAというウクライナの制作会社のテレビドラマで、ウクライナ、カザフスタン、イスラエル、ロシアなど放送された大人気ドラマです。

ウクライナは、旧ソ連圏でした。そんな背景から、現在のウクライナの母国語はウクライナ語と定められていますが、ロシア語も使われています。

ロシアでの視聴率No.1

シーズン1は、2013年に放送開始されてから、ロシアでは過去5年で最高の視聴率を叩き出しました。

ウクライナでもシーズン1は、2013年での最高評価を得ています。

各賞受賞

  • シカゴ国際映画祭(2015)
    金賞受賞(ミニシリーズ部門)。
  • US国際フィルム&ビデオ祭(2015)
    クリエイティブ・エクセレンス賞受賞(テレビジョン部門)。
  • ワールドフェス・ヒューストン(2015)
    プラチナ・レミ・アワード受賞(TVミニシリーズ部門)。
  • テリトライアムフ/Teletoriumph(ウクライナの賞・2015)
    4部門で受賞
  • テリトライアムフ/Teletoriumph(ウクライナの賞・2016)
    脚本賞受賞

作品の見どころ

無愛想?な主人公がクール

私立探偵という職種というのもあるのかもしれませんが、あまり笑顔を見せないスニッファー

初めて見る俳優さんですし、そんな無愛想な主人公好感がもてるか心配でした。しかし、どちらかというと神経質非社交的スニッファーに、興味が沸くでしょう。

ロシア語は分かりませんが、低音で話す声と話し方や、皮肉っぽいユーモア日本人俳優の誰かを思い起こさせます。

阿部寛主演ドラマの原作

そういえば、NHKで2016年に「スニッファー 嗅覚捜査官」放送されました。その原作が、まさしく「スニッファー ウクライナの私立探偵」なのです。

そして、スニッファーを演じたのが個性派俳優阿部寛です。スニッファー長身もそうですが、話し方物腰阿部寛イメージにピッタリではないですか。

正直、日本版スニッファーは観ていないのですが、興味をそそる始まりでテンポよくストーリーが展開していくので楽しく観れる事、間違いなしです。

「スニッファー 嗅覚捜査官」観た方も、原作との違い・類似点を見つける楽しみが出来るでしょう。

<日本版スニッファーの登場人物>

  • スニッファー = 華岡信一郎(阿部寛)
  • ビクトル = 小向達郎(香川照之)
  • ユーリャ(スニッファーの元妻) = 片山恵美(板谷由夏)
  • タティアナ(耳鼻科女医) = 末永由紀(井川遥)

車好きも釘付け

スニッファー愛車は、ダッジのチャレンジャーSRT/Dodge Challenger SRTです。

オレンジ色に黒太と白細ラインが特徴の彼の車は、あらゆる角度から何度も美しく登場します。車ファンにはたまらない作品かもしれません。

ドッジがスポンサーなのでしょうか。

ドッジのチャレンジャーと言えば、ワイルドスピード」シリーズ。もっとを観たい方は、こちらもHuluにて4作品配信中です(2017年6月3日現在)。

2話目以降をもっと楽しむために

SBIとは

SBI/Special Bureau of Investigationとは、アメリカのFBI(Federal Bureau of Investigation)のような特別調査機関の事を指します。ただし、SBIドラマ内の架空の機関です。

シーズン1の4話目以降から、このSBIの存在が登場してきます。どのように関係してくるかは、観てのお楽しみです。

ラブロマンスは?

兄弟のような関係ビクトルが紹介してくれた、美しい耳鼻科医タティアナ・ボスクレセンスケーヤ。1話目でスニッファーは、彼のアレルギー性鼻炎を診てもらう為、会っています。

そこで、私立病院の批判をしていたスニッファーでしたが、彼女の耳鼻科医としての技術は勿論、科学と物理の知識の高さに一目置くほどでした。一方、タティアナは、スニッファーの人並み外れた嗅覚研究対象としての興味を抱くようになったのです。

それでも、スローペースですが、期待できるような展開が待っているかもしれません。

しかし、シーズン2では、そんなどっちつかずの関係の2人をさらに遠ざけるような女性が現れる予感も・・・。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください