アニメ「シティハンター」Huluで蘇る名作ハードボイルドシリーズ!

シティハンター』は「週刊少年ジャンプ」1985年13号より連載された、北条司氏の漫画を原作としたアニメ、およびメディアミックス作品です。

単行本はジャンプコミックス版が全35巻で、完全版や文庫版などを含めると100冊にも及び、累計5000万部を記録する超ヒット作。

漫画やアニメは勿論、有名な曲である「Get Wild」なども親しまれていて今なお根強い人気を誇っています。

アニメは1987年4月より、日本テレビ系列にて全51話の構成で放送されました。

その後の翌年4月には『シティハンター2』、更に1989年10月からは『シティハンター3』、1991年4月に『シティーハンター’91』がそれぞれ放送。

『2』は全63話となっていて『3』と『’91』はそれぞれ全13話となっています。

更にテレビスペシャルアニメ劇場版全3作ずつが放送・公開

この他にも『エンジェル・ハート』という同作のパラレルワールドを描いた作品もあります。

そちらについてはこちらの記事でも紹介していますので、是非合わせて読むのもオススメです!

Huluでも『シティハンター』は全51話が配信、視聴が可能となっており、『2』『3』『’91』そして『エンジェル・ハート』全話視聴が可能なので一気に視聴するのも良いでしょう。
※テレビスペシャル・劇場版は配信されていません

さまざまな世代の方に愛された名作アニメの一つとして、視聴したことがない方もどこかで聞いたことはあるかも知れませんね。

それでは『シティハンター』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『シティハンター』あらすじ

「シティハンター」と呼ばれる凄腕のスイーパー(始末屋)“冴羽リョウ”は相棒の“槇村秀幸”と共に日々、さまざまな依頼を受け過ごしていた。
そんなある日、槇村のもとへ麻薬組織「赤いペガサス」から仕事の依頼が届くが槇村はその依頼を断ってしまう。
しかし、依頼を断ってしまったことから槇村は組織に狙われてしまうのだが……。

第1話「粋なスイーパーXYZは危険なカクテル」 あらすじ

ある日、シティハンター“冴羽リョウ”のもとへ“菜摘”という女性から依頼が舞い込んでくる。
「通り魔に妹の命を奪われた」という彼女の依頼に対し、打ち合わせ場所をトップレスバーに指定するリョウ。
打ち合わせ場所に抵抗を感じながらも菜摘は打ち合わせに応じるのだが……。

感想

私自身も本作をしっかり視聴するのは実は今回が初めてということもあり、期待しながら見させて頂きました。

率直な感想ですが、アニメが放送されてから何十年と経った今でも、やはり「名作」というのはいつまでも褪せることなく楽しめるものだなと感じましたね。

最近のアニメに目が慣れてしまっている方も少なくないため、さすがに作画や演出面では見劣りしがちかも知れませんが、それ以上の魅力が込められています。

ハードボイルドな作品ではあるのですが、主人公“冴羽リョウ”の声を担当する神谷明さんの演技にはやはり引き込まれますね!

今や国民的アニメの一つとも言える「名探偵コナン」では初代“毛利小五郎”役を務めた名声優でもありますね。

ご本人が「一番好きなキャラクター」と明言され、自身の事務所名を「冴羽商事」とするくらいですから、その思い入れは強いのではないでしょうか。

作中でも「本当に冴羽リョウが大好きなんだな」と演技から伝わってきて、「楽しんで演じている」というのが良く分かります。

そのせいか、「二枚目だけど三枚目」という魅力が良く伝わりますし、観ている私自身もキャラクターをとても好きになれましたね。

この「二枚目の顔」と「三枚目の顔」があるからこそ、普段の時とスイーパーとしての仕事の時のギャップがきっちり伝わり、その結果として「カッコいい!」と思わせてくれます。

このギャップを見せ付けてくれたのは、第1話の依頼人“菜摘”がリョウに依頼をした時も「こんな人に依頼をして大丈夫なのだろうか?」という不安を抱くシーン。

そんな中、ナイフで女性を人質に取る男をリョウは撃退します。

実はこの時、大口径の銃が貫通して外の人に被害が及ばないよう、自身の手の平を貫通させ、威力を緩和させて撃ちます。

平然とそんなことを実行するリョウの「プロ」としての姿勢を垣間見る場面ですね。普通なら仮に分かっていても一瞬で判断は難しいというか……私なら出来ません(苦笑)

勿論、その後に「やっぱり三枚目」と思わせるオチが待っているのですが、まさにリョウと彼を演じる神谷明さんの演技があるからこそ完成した魅力ではないでしょうか。

少し余談になりますが、実は『シティハンター』はジャッキー・チェン主演で実写映画化されており、韓国ドラマ『シティーハンター in Seoul』という実写ドラマも存在します。

ただ本作を原作とした映画・ドラマというだけで、その中身や設定はだいぶ異なっているようです。好奇心で気にはなりますが(苦笑)

これは凄く個人的で月並みな感想なのですが、個人的には本作を視聴出来て本当によかったな、と思いました。

「シティハンター」シリーズは子供の頃、夏休みの朝に断片的に放送されていた記憶があり、当時は「流れていたから観ていた」くらいだったのですが、大人になってからこうやって第1話からじっくり視聴してみると違った見え方がするので感慨深いですね!

食べ物と同じで、子供の時にはそんなに好きじゃなかったものが大人になって美味しく感じる、という感じでしょうか(苦笑)

最近のアニメも勿論好きですが、懐かしのアニメをふとした時にご視聴されるのもオススメですね!色々と思い返す時間になったりするかも知れません。

私もこのままじっくり視聴を続けて、続編「エンジェル・ハート」も一気に見ようと思います!

原作を知らなくとも充分にアニメを通じて作品の魅力に触れることが出来ますので、是非この機にご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 冴羽 リョウ(さえば りょう)

冴羽 リョウ/CV:神谷 明

本作における主人公で、凄腕のスイーパー(始末屋)の男性。
裏世界でもナンバーワンと称される無類の女性好き。
その一方で、様々な面に謎を秘めている。

  • 槇村 香(まきむら かおり)

槇村 香/CV:伊倉 一恵

本作におけるヒロインで、リョウの相棒“槇村秀幸”の妹。
ある経緯から秀幸に代わり、リョウの相棒になる。
作中ではリョウに天誅を下す役どころでもある。

  • 槇村 秀幸(まきむら ひでゆき)

槇村 秀幸/CV:田中 秀幸

リョウの親友で、相棒を務めた男性。
元刑事だったが、ある事件を機に辞めている。
冴子とは刑事時代のパートナーだった。

  • 伊集院 隼人(いじゅういん はやと)

伊集院 隼人/CV:玄田 哲章

「海坊主」の名で呼ばれるリョウの同業者。
後に「喫茶キャッツアイ」の店主となる。
獠とは互角の強さを持ち、並の攻撃は通用しない。

  • 麻生 かすみ(あそう かすみ)

麻生 かすみ/CV:冨永 みーな

代々泥棒請負業という麻生家に生まれた女性。
自身も怪盗で、警察に追われる身。
あることをリョウに依頼することから接点を持つ。

  • 野上 冴子(のがみ さえこ)

野上 冴子/CV:麻上 洋子

警視庁の刑事で、警視総監の娘である女性。
秀幸とは同僚、リョウとも付き合いが長い。
また非常に実力も高く、運転技術も相当なもの。

  • 野上 麗香(のがみ れいか)

野上 麗香/CV:鷹森 淑乃

 

元刑事で探偵を営む、冴子の妹。
自分なりの主義・主張が強いが芯の強い面もある。
冴子同様、抜群のプロポーションを持つ。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください