アニメ「棺姫のチャイカ」片言の魔法少女をHuluで見る!

棺姫のチャイカ』は2010年10月より富士見ファンタジア文庫にて連載された、榊一郎氏のライトノベルが原作のテレビアニメ、およびコミカライズ作品です。

富士見書房公式サイト:http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201012hitugime/

原作ライトノベルは全12巻で完結し、漫画版も月刊少年エースの2011年12月号より連載され、全5巻の単行本が発売されています。

その他にも、エイジプレミアム4コマnanoエースにて「学園チャイカ!」「棺姫のチャイカっか」とそれぞれ連載。
※どちらも2014年の時点で、第1巻まで発売されている

アニメは2014年4月よりTOKYO MX・サンテレビ他の放送局にて全12話の構成で放送されました。

その後、同年10月からは第2期が全10話の構成で放送が行われています。

原作に沿った内容になっていますが、第8話・第9話はオリジナルエピソードとなっており、第2期も終盤から構成が異なり、エピローグなども異なった内容になっています。
※2015年3月に発売された原作の第12巻・特装版にテレビシリーズ未放送のOVAが同梱

Huluでも『棺姫のチャイカ』は全12話が配信、視聴が可能となっていますので一気に視聴をしたい場合などもオススメです!

第2期「棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE」も全10話が配信されていますので、こちらも併せて視聴すると更に楽しめます!

それでは『棺姫のチャイカ』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『棺姫のチャイカ』あらすじ

「禁断皇帝」「魔王」「狂戦王」と畏怖された皇帝“アルトゥール・ガズ”が治める魔法帝国「ガズ帝国」が滅亡してから長い年月が経った。
平和な時代を過ごす青年“トール・アキュラ”は戦時中、重宝されていた特殊な兵種「サバター」だったが、必要とされずに職・生きる目的も失い、自堕落な生活が続いていた。
ある日、妹である“アカリ・アキュラ”に叱咤され、山に出掛けたトールは不思議な少女“チャイカ・トラバント”と出会うのだが……。

第1話「棺かつぐ少女」 あらすじ

平和な時代に向かいつつある中、生きる目的を失い自堕落に過ごす元サバターの青年“トール・アキュラ”。
山菜を摂りに森に来たトールは、木陰から棺をかついだ不思議な少女が現れる。
どうやら道に迷った少女に道案内を提案するトールだったが……。

感想

やはり「ダメな主人公は強い」ということを改めて教わる作品でした(笑)
2017年春アニメの「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の主人公もなかなかのダメっぷりを発揮してくれていますが、本来持っている力は相当な人物というのが多い設定でもあります。

ただ本作の主人公“トール”が少し違うところは「サバターとして力を発揮できる場を求めている」という点でしょうか。つまり戦う意味を求めているので、所謂「普通の仕事」には気力が出ないんでしょうね。

なので第1話でユニコーンと戦う場面があるのですが、トールの強さは相当なものです。ただ時代が彼を求めていなかった、というのが残念な結果に繋がったのでしょう。

またこの作品には「魔法」が存在するのですが、呪文を詠唱するのは従来の魔法の設定通りなのですが、最大の特徴は何と言っても「狙撃銃」を模した媒体というのが斬新!

なのでチャイカがユニコーンに向けて魔法を放つ際、スナイパーのように機杖(ガントと言って魔法を撃つ際に使う道具)を固定し、対象を定めて放つのですが魔法と言いつつ、その動きはまさに狙撃兵です(笑)

ですが、その威力は半端じゃないほど強力で、苦戦を強いられていたユニコーンを圧倒。

また、そのヒロインであるチャイカの口調が片言なので、とても可愛くて和みます(笑)

第1話でもトールと出会った際、彼が迷ったチャイカに「お前、金持ってるか?」と聞くのですが、「泥棒! 貧乏人! 追い剥ぎ!」とまくし立てた時は思わず笑いましたね!
(トールは道案内を名乗り出るために聞いたセリフだったのですが……)

このアニメを視聴して思ったのですが、片言美少女は割とアリだな!と感じましたね(笑)

妹であるアカリも良いキャラクターをしていて、一見クールビューティーな美人なのですが色々とズレていて、特にトールに対する言動は例え敬愛していても「本当か……?」とツッコみたくなるほど。

そういった意味では自堕落な生活をしていても、トールは割と良識がありツッコミ役になる方が多い気がします。

少々、流血表現などが多い部分もありますが、一気に視聴するくらいには楽しめたので良い感じに世界観に引き込まれました。機杖(ガント)や棄獣(フェイラ)など、本作ならではの雰囲気もあるので、オススメです。

戦闘シーンはテンポ良く挿入され、普段の掛け合いも見応えがあるので飽きずに一枠を楽しめるのは間違いない作品

気軽にテンポの良い作品として楽しめると思いますので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • トール・アキュラ

トール・アキュラ/CV:間島 淳司

本作における主人公で、特殊な兵種『乱破師(サバター)』と呼ばれる一人。
自堕落な生活を送る中、チャイカとの出会いにより再び生きる意味を見つける。
戦闘能力は高いが、感情に左右されやすく表に出やすい。

  • アカリ・アキュラ

アカリ・アキュラ/CV:原 優子

トールの妹で、同じくサバターの一人。
兄とは違って仕事をしており、トールを敬愛している。
しかし、少々変わった愛情を抱いており、時に歪んでいることも。
基本的にはしっかり者でクールな少女。

  • チャイカ・トラバント

チャイカ・トラバント/CV:安済 知佳

本作におけるヒロインで、片言で話す少女。
魔法師(ウィザード)であり、棺の中にある機杖(ガンド)で魔法を使う。
無邪気な性格だが、ウィザードとしての能力や資質は非常に高い。

  • フレドリカ

フレドリカ/CV:斎藤 千和

知能が高く魔法が使える獣『棄獣(フェイラ)』の一種『装鎧竜(ドラグーン)』。
無邪気且つ大雑把で、好戦的な性格をしている。
八英雄の一人“ドミニカ・スコダ”の姿を借り、暮らしていた。

  • アルベリック・ジレット

アルベリック・ジレット/CV:細谷 佳正

ヴィーマック王国の騎士で、戦後復興推進機関に所属する青年。
上層部の命令に従い行動するが、徐々に「チャイカ」の正体・目的に疑問を抱く。
聡明且つ部下思いで慕われており、剣技も長けている。

  • ニコライ・アフトトル

ニコライ・アフトトル/CV:佐藤 健輔

ジレット隊の副官を務める、元傭兵の男性。
忠誠心に厚く、その剣技にも秀でている実力者。
隊内でも良識人で、面倒見も良い。

  • ヴィヴィ・ホロパイネン

ヴィヴィ・ホロパイネン/CV:野水 伊織

ジレットの従者である少女で、彼を敬愛している。
元は孤児で、針を用いた戦いを得意とする暗殺者。
サバターを快く思っておらず、その理由からトールを毛嫌いしている。

  • チャイカ・ボフダーン

チャイカ・ボフダーン/CV:藏合 紗恵子

旅の途中で出会う、もう一人のチャイカ。
紅い服装から「紅のチャイカ」と区別される。
強気な性格をしており、剣士としても能力が高い。

  • ダヴィード

ダヴィード/CV:勝沼 紀義

「紅のチャイカ」の仲間で、槍使いの男性。
楽観的な性格をしており、また飄々とした掴みどころのない人物。
槍使いとしての腕は確かで、トールも認めるほど。

セルマ・ケンワース

セルマ・ケンワース/CV:ブリドカットセーラ 恵美

「紅のチャイカ」の仲間で、魔法師である傭兵の女性。
勝ち気な性格をしているが、洞察力に優れ的確に魔法を放つ。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください