魔王崇拝型お色気アニメ「sin 七つの大罪」はHuluがオススメ!

sin 七つの大罪』はホビージャパンにより「七つの大罪」におけるそれぞれの罪を司った魔王を女性キャラクター化したメディアミックス作品で、それらをモチーフとしたアニメです。

魔王崇拝型コンテンツ」と称されており、2011年から開設された公式サイトでは「邪神像」と呼ばれるフィギュアを始め、様々なコンテンツが掲載されています。

2016年8月からはコミックファイア、月刊コミックアライブの2017年2月号からはそれぞれ漫画の連載も開始されており、それぞれ2017年4月時点で第1巻まで単行本が刊行されています。

その他にも公式サイトではイラスト付きの短編ノベルが掲載されたり、1/3サイズのドールが出ていたりと、非常に充実したコンテンツとなっています。

アニメは2017年4月より、TOKYO MX・BS11・AT-Xの放送局にて、現在4.5話(総集編)まで放送が行われ、継続中です。

アニメ公式サイトではショートアニメ「懺悔録」も配信されており、本編とはまた違った登場人物の魅力を知ることが出来ます。

Huluでも『sin 七つの大罪』は現在、第4話まで配信、視聴が可能となっていますので、放送を見逃した方も、これから視聴を考えている方もオススメです!

かなり露出度が高く、際どい内容も多く含んだ作品となっていますので、苦手な方は予めご注意下さい。

それでは『sin 七つの大罪』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『sin 七つの大罪』あらすじ

大天使“ルシファー”は神に背く行為を咎められ、『傲慢』の罪を背負う。
その結果、地獄に堕ちたルシファーは“堕天使”なる存在へと化した。
地獄で待ち受けていたのは、地獄を統べる魔王たちだった――。
そこで嫉妬の魔王“レヴィアタン”と出会い、共に「七つの大罪」に挑むのだが……。

第1話「sin 七つの大罪」 あらすじ

神々に愚痴を吐きながら地獄へ堕ちていく大天使“ルシファー”はその途中、聖蹟女学院の聖堂へ落ち、そこの生徒である少女“十束真莉亜”と出会う。
何故かルシファーは自身を視認できる彼女に「アンタに天使の命を預ける」と言い残し、再び地獄へと落下していくのだが……。

感想

タイトルを見た時は、鈴木央氏の「七つの大罪」が浮かびましたが、全くの別物で同じ様に「おっ」と思った方も居るのではないでしょうか(苦笑)

さて、「七つの大罪」とはカトリック教会では良く用いられる用語で、神話や悪魔などといったものから、オカルト的なものにも興味を持っていたので本作は非常に気になっていました。

恐らく私同様に鈴木央氏の作品を読まれた方は先入観が出来ていると思いますが、本作は全く異なるアプローチをしています!

簡潔に述べると「それぞれの罪を司る魔王と、堕天したルシファーの争い」という感じなのですが、それ以上に特徴的なのはやはりその作中のサービスシーン(サービスどころの話ではありませんが)の過激さでしょうか。

第1話では、堕天したルシファーレヴィアタンが冒頭で出会うのですが、「いきなり!?」というツッコミを入れる間もなく、レヴィアタンに服を溶かされ、突然の過激シーンへ。

目のやり場に困りつつも、しっかりと不思議な光に隠され、真面目なシーンにも関わらず「一体どこへ向かうのか……」とソワソワしていましたが、しっかりと物語は進んでいました(苦笑)

なかなかレヴィアタンの妄想というか、思考がぶっ飛んでいるので「エロさ」よりも「面白さ」が際立ってましたね。

それと個人的な話になりますが、本作が気に入っているポイントは何と言っても「キャラクターデザイン」ですね。

原案が元『株式会社ニトロプラス』の社員で、メカニックデザインやキャラクターデザインをされていたNiθ氏が携わっており、本作のような艷やかで肉感を全面に押し出した作品には非常にハマる作画をされるので、作中のキャラクターの妖艶さが際立っていました。

何度「ベリアル」が『監獄学園プリズンスクール)』に登場する“白木芽衣子”副会長様に見えたことか……(苦笑)
(中の人が同じ伊藤静さんだったので余計にかも知れません)

と、本作の魅力は「女性キャラクター」だけに留まらず、バトルもしっかりとした描写がされていて、見応えがあります。

第1話では「七つの大罪」の各魔王が早速登場するのですが、前述にも述べた“ベリアル”、そして“サタン”との戦いは非常にスピード感があり、目が自然と追っていきます!

勿論、サービス描写があるから、という訳ではないです(苦笑)

魔王へと変貌したルシファーがこれから他の魔王たちとどんな戦いを繰り広げるのか、レヴィアタン以外にも仲間は出てくるのかなど、色々と気になる要素があるのですが、物語自体はそんなに難解なものではないので、気軽に楽しめると思います。

サービス満載なので、色々な視点から楽しむのも良いかも知れませんね!

エンディングは、かの“デーモン閣下”が作詞・作曲を手掛けていることと、エンディングに書き下ろされた作画も必見です!

決して単なるお色気アニメには終わらず、「七つの大罪」や「天使」「魔王」などの要素も盛り込まれたバトルアニメとなっていますので、まずは一度気軽にご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 十束 真莉亜(とつか まりあ)

十束 真莉亜/CV:戸田 めぐみ

穏やかな心と、他者を思いやる優しさを持った少女。
堕天したルシファーと学校内にある聖堂で出会い、「七つの大罪」の座を巡る旅へと同行することとなる。

  • ルシファー

ルシファー/CV:喜多村 英梨

「傲慢」の罪を司る、元天使の魔王。
とにかく尊大な態度で、人を人とも思わない対応をしている。
その実、曲がったことが嫌いで熱血漢で、黙っていれば美しいお嬢様タイプ。

  • レヴィアタン

レヴィアタン/CV:藤田 茜

「嫉妬」の罪を司る魔王で、甘えん坊。
脳内ではルシファーに対し、「姉妹同然の絆を持つ幼馴染」という設定を付けている。
未熟な魔王だが、水を操ることが得意で、料理も得意。

  • サタン

サタン/CV:櫻庭 有紗

「憤怒」の罪を司る魔王で、好戦的な性格。
大雑把に思われがちだが、几帳面で潔癖。
その豪快さとは裏腹に小さく、可愛いものを愛でるのが好き。

  • ベルフェゴール

ベルフェゴール/CV:加隈 亜衣

「怠惰」の罪を司る魔王で、引きこもり。
興味のあるゲームやアニメには努力を惜しまず、マメな面も。
ネットを介し、信者は世界中に存在している。

マモン

マモン/CV:日笠 陽子

「強欲」の罪を司る魔王で、お金に貪欲。
夫の残した負債と数多の子供を養うために怪しいビジネスを展開している。
不幸体質だが、めげることのない母性あるシングルマザー。

  • ベルゼバブ

ベルゼバブ/CV:小倉 唯

「暴食」の罪を司り、「暴食女王」として人間界で崇められる。
非常に無口で引っ込み思案で、様々な面において未知数。
食べ物を粗末にする輩に対してはまったく容赦がない。

  • アスモデウス

アスモデウス/CV:たかはし 智秋

「色欲」を司る魔王で、男女問わずに誘惑をする。
極限まで焦らして放置することが大好き。
エロ担当だが、その反面、魔王中最も常識人だったりもする。

  • ベリアル

ベリアル/CV:伊藤 静

「虚飾」の罪を司る魔王で、「七つの大罪」首座。
高い自尊心を持ち、実力以上の大風呂敷を広げている。
ポジティブな性格だが、他の魔王たちからの信頼は薄い。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください