Huluおすすめアニメ「ピカイア!!」遥か古代の生物が地球を救う!?

ピカイア!!』は2015年4月より、NHK Eテレにて放送されたオリジナルアニメです。

本シリーズは開始前の2014年3月にパイロット版が放送され、その翌年にNHK放送90周年記念としてNHKスペシャル『生命大躍進』の連動番組として、シリーズとして制作されたのが経緯です。

制作にはプロダクション・アイジーを始め、オー・エル・エムNHKNHKエデュケーショナルの4社が携わっており、アニメを通じて科学の解説を目指した作品となっているのが特徴。

教育の一環として、生命の不思議を取り上げている本作専門的な内容ながらも子供から大人まで幅広く楽しめる内容となっています。

アニメ第1期は2015年4月より、NHK Eテレの放送局にて全13話の構成で放送されました。第2期は2017年2月より放送が開始、現在は第11話まで放送され、継続されています。

Huluでも『ピカイア!!』は第11話まで配信、視聴が可能となっていますので、視聴を見逃した方もこれから視聴を考えている方にもオススメです!
※第1期『ピカイア!』も全13話まで視聴が可能となっています

それでは『ピカイア!!』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『ピカイア!』あらすじ

地球に生命が住むことが出来なくなった遠い未来――。
人類はスペースコロニーを拠点とし、恒星間移民をスタートさせていた。
『カンブリア・プロジェクト』と呼ばれるプロジェクトがパーカー博士によって提唱され、その調査員として行動する“ヴィンス”と“ハナ”。
彼らは地球再生の鍵となる『ロスト・コード』を求め、カンブリア紀の地球へと向かうのだが……。

『ピカイア!!』あらすじ

次元調査も進み、“ヴィンス”と“ハナ”は古生代後期の調査が開始され、プロジェクトの指揮官として昇格した“モーリス博士”の下につくこととなった。
更には以前は敵対していた“ウェンディ”も調査員として加わり、新たな時代の調査が始まることとなるのだが……。

第1話「太古の海へ、再び!!」 あらすじ

地球再生プロジェクト『カンブリア・プロジェクト』が成功し、次のステップへと移った『次元調査プロジェクト』がスタート。
調査員の“ヴィン”と“ハナ”は長官となったパーカー博士と挨拶を交わし、ウェンディも加わり、新たな調査先『古生代』へと次元ダイブで向かった三人だったが……。

感想

「生物」に対して興味は元々持っていたこともあり、『ピカイア!!』は自然と引き込まれる様に視聴が出来、その想像よりも楽しく観れたので良かったですね。

NHK発のアニメということで、過去に「こんな感じのアニメなかったかな?」と記憶を辿っていたのですが、ずっと以前に『天才てれびくん』内で放送していた実写とアニメを織り交ぜた作品『ジーンダイバー』という作品を視聴したことがあり、それが浮かびました。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、コンセプトとしては過去の生物の遺伝子を摂ってくる、的な感じだったと思います。

その作品を観ていたこともあり、本作はそういった懐かしさも感じつつ、やはり古代生物といえば「ロマン」を感じずにはいられません。

普段から目にしたりすることがないからこそ、こういった作品を通じて古代の生物を知ることは、とても魅力的で作中でも解説がされるのでとても分かり易いため、観ていてスッと入ってきますね。

NHKのアニメというのは、教育的観点は勿論ですが印象に残りやすい丁寧な演出や制作をしているものが多いと個人的には感じていて、本作も例に漏れずにできているように感じました。

さて、少し逸れてしまいましたが本作はそういった様々な生物を知ることも一つのポイントですが、SF要素やロボット要素や、若干ではありますがバトル要素的なものもあり、しっかりとしたストーリー展開も存在するので、徐々に続きが気になり、一気に視聴してしまいましたね(笑)

子供向けに作られていることもあり、難解な構成はしておらず、専門的な用語が出ても補足があったり噛み砕いた内容に作られていて、第2期から視聴をし始めた私でも簡単に話に乗っかることが出来ました。

作画も非常に綺麗で、見やすさは抜群と言ったところ。声優陣も割と有名な方々が出ていたりと、安定した演技の中で視聴を楽しめました。

また、本編とは関係ないのですが後編には『教えてモーリス!!』というデフォルメされたモーリス博士や、オープニング曲を担当する『elfin’』のメンバーが登場し、作中に登場する生物たちの解説をしてくれるというコーナー。これがまた個人的にはとても面白い。

実写の映像と作中の映像を使い分けながら、モーリス博士がわかり易く解説してくれるのですが、このモーリス博士が本編とはまた違ったキャラを出し、ゆるさが目立ったコーナーとなっていて思わず笑いも誘ってくるので何気に本編と同じくらい楽しみにしていたり(笑)

本編と合わせて「15分」という少し短めの構成ですが、それを感じさせないくらい密度の濃い内容になっているので非常にオススメですね!

私もHuluで初めて知ることになった本作ですが、冒頭でもお伝えしたとおり、大人・子供問わずどんな人でも楽しめるに違いない作品だと思いますので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • ヴィンセント・ライト

ヴィンセント・ライト/CV:田谷 隼人

“ヴィンス”の愛称で親しまれる好奇心旺盛な少年。
ハナやウェンディと共に次元ダイバーとして、調査を行っている。
明朗快活な性格で、勇敢さも持ち合わせ、それに見合った行動力も伴っている。

  • ハンナ・アニング

ハンナ・アニング/CV:諏訪 彩花

大のスイーツ好きの少女で、ヴィンスと同じく次元ダイバー。
“ハナ”の愛称で呼ばれており、優等生気質な性格。
愚痴っぽい面もあるが、その熱意は本物。

  • ウェンディ・オーウェン

ウェンディ・オーウェン/CV:田中 あいみ

ヴィンスたち次元ダイバーの中では、最年長の少女。
頭が切れ、特に戦略や戦術面に長けている。
普段は生真面目に振る舞っているが、ハナ同様スイーツには目がなく、年相応の表情を見せる。

  • ピカイア

ピカイア/CV:水橋 かおり

パーカー博士(現長官)に作られたテスター・ピカイア。
「ピカイア」というカンブリア紀に実在した脊索動物をモデルにしており、人語を解するレベルの知能を有している。
次元調査には欠かせない存在になっていて、ヴィンスたちに同行する。

  • パーカー長官

パーカー長官/CV:大川 透

『カンブリア・プロジェクト』を提唱している科学者。
元はヴィンスやハナをレクチャーし、指揮をしていたが、長官に昇格し現在は次元調査の指揮から退いている。
非常におおらかな性格で、周囲にも慕われている。

  • モーリス博士

モーリス博士/CV:野島 裕史

元パーカー博士の助手だったオペレーターの男性。
現在は指揮官に昇格し、博士となってサポートをしている。
機材関連はパーカー長官よりも詳しく、冷静沈着だが生物の話になると夢中になってしまう面も。

  • イルマ大統領

イルマ大統領/CV:木下 紗華

人類が生活を営む『コロニー評議会』の最高責任者を務める女性。
冷静な判断力で、常に人類の未来を第一に考えている。
その経緯から『カンブリア・プロジェクト』の支援も行っている。

  • キャプテン・フレイザー

キャプテン・フレイザー/CV:稲田 徹

元・副大統領で、現在は恒星間移民船団を率いるキャプテンに就く男性。
以前は陰険な部分が目立っていたが、豪快な性格へと変化している。
様々な問題に奔走するパーカー長官に快く協力している。

  • エドワルド・エドワーズ

エドワルド・エドワーズ/CV:檜山 修之

木星にある第二衛星『エウロパ・コロニー』にて生命の可能性を探る男性。
過去、パーカーやイルマ、フレイザーらとも研究仲間だった。
プロジェクトに地球再生の希望を見出したことから、支援を行っている。

  • ハリー

ハリー/CV:高橋 渉

モーリス博士の助手を務める少年。
活発そうな見た目とは裏腹に、繊細な性格をしている。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください